地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

山陰海岸ジオパークガイド養成講座、受講生募集中!

   

今日はコムサポートオフィスが企画運営するジオパークガイド養成講座の詳細についてご案内します。

養成講座

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

開催期間

2017年5月10日(水)〜9月27日(水)までの9回講座で、定員20名です。講座は夜と土曜日に開催しますので、サラリーマン、地域おこし協力隊などに向いています。

集落の会合、会議が延びたなど、欠席の場合などのフォローアップは充実しています。

(座学)
講座動画を見てレポート提出→合格点に達していたら受講済とします。
(フィールドワーク)
他の日程で参加、或いは、ジオパークエリア内の他市町開催の養成講座の当該内容の受講証明があれば受講済とします。

養成講座で取得できる資格など

*山陰海岸ジオパーク1種ガイド
*スクールインタープリター(環境省・文科省大臣認定講座)
*MFAケアプラス 

但し、山陰海岸ジオパーク1種ガイドになるためには、ガイド団体に所属すること、賠償責任保険に入ることが条件になっています。また、ケアプラスの認定証(2年間有効)発行希望者は登録費用を別途頂きます。

当ジオパークガイド養成講座の特徴

1)実践トレーニングが多い

山陰海岸ジオパークで規程されるガイド養成講座は現場トレーニングをしなくても取得できるようになっています。しかし、即戦力のガイドになるためには、現場トレーニングが欠かせません。

当講座では2回の現場実習の他、実際にお客様を前に話すモニターツアー2回と、最高で6回の観光バスツアーでのガイドを経験して頂くことができます。

2)インタープリテーショントレーニング

全国のジオパークで問題となっているのが「伝える技術」。スピーチではなく、お客様の気づきを促し、一緒に楽しむインタープリテーションの技術をガイド講座で取り入れているジオパークは殆どありません。

当講座では現場トレーニングの前にインタープリテーションスキルを一日で習得できるようにしています。

3)町外からも参加可能

ネイチャーガイドは多くが都会から週末にガイドをしに地方のガイドフィールドへ行きます。ジオパークだから地元の人だけしかガイドできないことはありません。ヨソ者だからこそ、フィールドの素晴らしさが見えてきます。

当講座では開催市町在住者に限られていた枠を取り払い、居住地は問いません。(ただし、交通費は自己負担)

講師紹介

講師は山陰海岸ジオパークの学術専門員や山岳ガイドの著名トレーナー、山陰海岸ジオパークのトップガイドなど、幅広く、実践型の人選をしております。

養成講座

(拡大してご覧下さい)

費用その他

講習は無料です。但し、MFAケアプラスの認定登録費、欠席の場合の講習動画&資料の送料、講習会場までの交通費、フィールドワークでの昼食代はご負担下さい。

講習修了後、一定のガイドレベルに達した希望者は、当事業で誘致したツアーでのガイドをすることができます。(謝金は支払います) その場合、1種ガイドへの登録が必要です。(団体登録についてはご相談に応じます。)

ガイド起業を考えている方は、コムサポートオフィスでフォローアップ致します!

申し込み状況ほか

定員20名に対し、4月7日現在、7名の申し込みを頂いて居ります。

最も遠い方は、会場から100キロ弱の鳥取県倉吉市から申し込みがあります。また、車で1時間以上かかる養父市などジオパークエリア外からの参加者も居られます。

年齢は30代〜60代後半の方まで幅広いですが、ノルディックウォークトレーニングが付いているため、30代の参加が多いのが特徴です。

5月8日まで受付しておりますので、ぜひご参加ください。

詳しい講座紹介は

http://sanin-geoguide-2017kami.strikingly.com

こちら↑↑をご覧下さい!

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, ジオパーク, ガイド, 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

ハッシュタグって何?〜ソーシャルメディアの質問から

今日はソーシャルメディアで活用されるハッシュタグ(#)についてお話しします。以前 …

ブナシメジの新食感!~ジオパークの楽しみは「郷土食」

旅にはやっぱり「食」も大事。日本ジオパーク南アルプス大会で訪れた長野県伊那市、そ …

忙しい時ほど「対応は丁寧」を心がけよう☆宿のクチコミUP大作戦

今月中旬から書き始めている宿のクチコミシリーズは、400〜600アクセス以上有り …

住民に対しジオパークに興味を持たせる3つの仕掛け(1/2)

先週登壇した東北環境教育フォーラムで頂いた質問のお答えシリーズ続きます! 地域を …

学生が考えた、城崎温泉宿泊翌日に回りたい「城崎らしい観光ルート」とは? 〜7/12観光概論の授業から〜

先週まで観光関係事業者は閑散期で、集客方法のてこ入れをしたい事業者様、商工会様か …

値引きプランを止めたら、クチコミが良くなった!☆とある旅館にて

昨日のブログで、宿泊プランの断捨離をしたら、じゃらんネットと楽天トラベルの売上が …

初岩手県訪問はOGALタウンと三陸DMOへ! 

昨日から岩手県に初上陸している私。今回、DMOの先進地・三陸や気仙沼の取り組みを …

私が提唱する、集客の出来るブログとFacebookの使い方

昨日の続きです。私が提唱する、集客に結びつくブログとFacebookの使い方を、 …

宿泊施設で採択された持続化補助金の内容とは?

先日、小規模事業者を対象とした、中小企業庁の持続化補助金の第一回目募集の採択結果 …

5月から山陰海岸ジオパークガイド養成講座を企画運営! 他講座とひと味違う5つのポイントとは?

今年、ジオパークガイド養成講座を3年ぶりに私がプロデュースすることになりました。 …