地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ジオパークはサラダボウル?!

   

25日の山陰海岸ジオパーク国際学術会議で国内招待講演として、首都大学東京の菊池先生が登壇されました。菊池俊夫先生は人文地理学がご専門で、観光やまちづくりについてのお話をされていました。山陰海岸ジオパークでいうと、鳥取環境大学の新名先生や神戸夙川学院大学の河本先生とご専門が同じ領域です。

湯村会議2014

先生の講演を聞いてなるほどと思ったことをブログでお話します。

1.非経済的な価値

地域振興は1990年代までは「経済的な価値=地域にお金が落ちること」が主流となっていたが、90年代ごろからは「非経済的な価値=プライスレスな価値」も重要視されるようになったそうです。コミュニティがまとまり、住民のネットワークで団結力が生まれ、それがあれば利潤は生まれ、それがさらに団結力をさらに強めるいい循環が起こる、と。

2.モノチャネル型とマルチチャネル型

観光まちづくりにはモノチャネル型とマルチチャネル型の2つの型がある。モノチャネル型というのは狭いエリアに限定して観光開発をするもので、例えば、一大リゾートを作り、観光デベロッパーがリゾートマンションを建てるものなど。目に見えて効果がすぐに出る即効性があるが、その関係機関のどこか一社が抜けると計画が崩れるなど持続性が無い(特にバブル崩壊後の廃墟となったリゾートマンションがその例。)それに対し、マルチチャネル型とは、一つの資源を大学、起業、自治体、そして地元住民で活用しながらまちづくりを行う。ネットワークで結びつく「マルチ」な関係、つまりみんなで支えるもの。意見集約などにもどかしいほどの時間がかかるが、活動は持続性があり、また、一人が抜けても続けていける。ジオパークはマルチチャネル型であるので、時間はどうしてもかかる。

3.るつぼ型とサラダボール型

文化の多様性を考えたときには「るつぼ型」と「サラダボウル型」の2つがある。るつぼ型とは合金を作るように、すべてを溶かし込んで新しいものを作る。一方、サラダボウル型。野菜サラダを思い出してみると、レタスや玉ねぎ、キュウリ、トマト、ニンジンなどが混在し、その野菜一つ一つに色や味わいがある。

湯村会議2014

それぞれの個性を生かして全体を形作るもの。それこそが多様性であり、ジオパークは、ウリとなるコンテンツをそれぞれに活かすことのできる「サラダボール型」を目指すべき。わざわざ一つのものに無理にまとめる必要が無く、時間はかかるけど、Face to Faceでまとめていくと集団としていい「サラダボール」が作れる。
参考:多様性(ダイバーシティ)を理解する 森田ゆりさんのブログ

以上、菊池先生のお話の中でキーワードとなった言葉とその話でした。

 

illust3786
ジオパークの推進協議会の皆様
中小企業、個人事業主を含む
ジオパークの民間事業者支援は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ジオパークとは?, ジオパーク大会など, ジオパーク講演会

コメントを残す

  関連記事

講演前に感じていた疑問が全て解決できた、中央アルプスジオパーク構想での講演会

今日のブログは中央アルプス・駒ヶ根市と箕輪町でのジオパーク講演前に思っていた疑問 …

ジオパークフィールドノート、兵庫県を代表し全国大会へ出場決定!

今日は地元の教諭チームと一緒に、西脇市立西脇南中学校で開催された、兵庫県の教職員 …

私が自腹でジオパーク全国大会に参加する3つの理由

明日からジオパーク全国大会のため、秋田へ行く予定でしたが、乗る飛行機が台風21号 …

城崎温泉と香美町小代のコラボ・但馬牛見学ツアーの意義

昨日とおとついのブログで、城崎オンパクで行く、但馬牛見学ツアーin香美町小代のお …

須佐は一年中「活イカ」を提供しているスゴイ地域だった!

先日、ジオパーク講演会に行った山口県萩市の須佐(すさ)地区は海に面した集落で、イ …

ジオパークを直接的に使おうとしてもうまくいかない

「今井さんが指導されている事業者さんは、どんなジオパーク商品を開発されているので …

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(1)

先日から、宿泊施設への販促アドバイザーのお仕事で京丹後市に通っています。同じ日本 …

プレゼンの導入はターゲットに合わせて

町役場の職員を4年弱やって、その間に130回以上、のべ5200名の方に講演会を行 …

ジオパークのポスター発表2本もしちゃった!

無謀にも「二つ出したいです!」と募集当時の余裕と勢いに乗って言ってしまったら、ま …

一枚の写真から見えてくる地元の今昔物語

昨日のブログで、児童の夏休みの宿題の話をさせて頂きました。子供たちにジオパークの …