地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

世界ジオパーク審査で現地で伝えるべき4つのこと

      2014/06/22

世界ジオパークの審査時にどういうことを担当者やガイド、地域の方々に聞かれるのかとても興味がありますね。特に、私たちのガイドチームは8月の審査の際に先生方から質問を受けますから、8月の暑い時期の審査ですし、簡潔に答えなければなりません。

ジオ談会のときに日本ジオパーク委員会の渡辺さんから伺ったお話では、4点挙げておられました。それぞれについて私が思うことを合わせてお話します。

1)どんな人たちが、何のためにジオパークに関わっているのか

ガイドや協議会、自治体職員がジオパークを理解したうえで、なんでジオパークに関わっているのかをいつも考えて活動をする必要があると思いました。漠然とジオパークに関わっている方々も、一度立ち止まって考えることって大事だと思います。普通の仕事でもそうですよね。なんで今私はこの仕事をしているんだろうって。来月、ガイドチームで勉強会をするのですが、その時にガイドの皆さんで自分の言葉で伝えられるように準備したいと思います。

まちあるきガイド香美がたり

ガイド団体として審査対象になっっている「香美がたり」

2)その人たちが、普段誰を対象に何をしているのか

例えばガイドに対しては、どういう方々をガイドしているのかについてを聞きたいのだと思います。一般観光客なのか、行政などの視察対応なのか、それによって話をする内容も変わります。また、事務局の方はどのように地域と関わっているのかについて話が聞きたいんだと思います。

3)普段やっていることの様々な例

例として室戸の審査を挙げていました。とにかくいろんな方に合わせておられたそうです。お寺の住職さん、まちの休憩所におられるガイドさん・・・小学校の先生は、生徒にジオサイトで授業しているところを実査に見て頂いたそうです。山陰海岸ジオパークの場合は、土産屋さんや民宿業の方、漁業関係者もOKかと思います。私のガイド団体の場合は、ガイドしているところを見て頂くというより、先生方をいつも通りにご案内すればいいんだと思っています。

4)覚悟:気持ちと形で。

形とは自治体や協議会の中長期方針、予算と人の配置、実績を指します。協議会や自治体、NPOなどのジオパーク組織がきちんと存続できるような形になっているか、予算や出向人数、専属ガイド数なども確認するようです。特に広域連携の場合は、広域であることの意義がわかっているのかどうかを問われるようです。全体的に行うイベントが無く、各県や市町単位でフェスティバルやフォーラムを行っている今年からの現状は、きつく問われる予感がします。組織上、事務局長は兵庫県職員の出向で2年交代になっていますが、世界ジオパークの組織として事務局長が2年交代ってのはあり得ないことなのだそうです。そこをどう説明するのか、事務局長が変わっても組織の内容やレベルは一定に保たれるという担保を示すことができるかどうか、そこにかかっているかもしれません。

1人のガイドでも対応できるところもあれば、一市民では対応できない組織上のこともあるようです。8月の審査に向けて私にできることを頑張って準備していこうと思いました。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパークとは?

コメントを残す

  関連記事

【開催報告】12/9(土)環境学習コーディネーター養成講座で講師として登壇しました!

今回のブログは、兵庫県と(公財)ひょうご環境創造協会が主催し、NPO 法人はりま …

住民に対しジオパークに興味を持たせる3つの仕掛け(2/2)

住民へジオパークへの興味の持たせ方や住民の巻き込み方とは?という講演後の質問に対 …

「ジオパーク」名称使用に思う

先月、新聞の但馬欄で「ジオパーク」の名称使用についての記事が掲載されていました。 …

ジオパークは教育旅行に最適!

先日、県内の旅行関係のコンサルタントの先生とミーティングする機会がありました。但 …

ジオパーク全国大会のガイド分科会の様子(2)全体会

昨日のブログの続きです。翌28日のガイド分科会の全体会は何と180名ほどの方が参 …

ジオパーク全国大会のガイド分科会の様子(1)ワークショップ

27日、28日の2日間、ジオパーク全国大会(霧島)では8つある分科会の一つとして …

ジオパークをひと言で言うなら?(3)

ジオパークをひと言ふた言でどう表現しているか、私の場合と兵庫県立大学大学院地域資 …

「月刊兵庫教育」7月号にジオパークについて寄稿<3/4>

おとつい、昨日と、月刊兵庫教育7月号に寄稿したジオパーク活動についてお話をしてい …

2017年の日本ジオパーク再審査結果を見て、私なりに想うこと。 

まずは今朝の日本海新聞。(但馬欄です) 年末企画でジオパークのイエローカードにつ …

今年、日本ジオパークに3地域が認定!

2014年に日本ジオパーク加盟を目指す6地域(立山黒部、南紀熊野、天草、苗場山麓 …