地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

なぜジオパーク看板が必要なのか?

   

日本ジオパーク南アルプス大会の分科会D「見せ方、ソフト(ガイドなど)、ハード(看板)の使い方」では、看板についての事例報告などが行われました。

日本ジオパーク南アルプス大会

担当は島原半島ジオパークの大野さん(写真左)と桜島錦江湾ジオパークの福島さん(写真右)という、九州のジオパークを代表するイケメン地質専門家です。

日本ジオパーク南アルプス大会

ジオパークの看板というと、各ジオパーク推進協議会や専門家の先生、自治体職員などが中心となって制作するもので、ガイドの意見はあまり聞かないものと思っていましたので、ガイド専業の方には関係ない話かなぁと思っていましたが、決してそうではなく、看板の仕組みをきちんと学ぶことができました。こんな説明、山陰海岸ジオパークできっちりやっていないなぁ・・・

ジオパークを活用した地域振興の実際は、もともと既存の情報に地球科学的価値の情報を加えることで、価値の向上や新たな魅力の発見という、まさに私がいつも申している「温故地新」(古きをたずねて新しきジオを知る)そのものです。既存の情報に地球科学的価値の情報を入れ込んだものの一つが「ジオパーク看板」と言えますが、

  • 「ジオパーク」へ遊びに来たのに、どこからがジオパークかわからないと不安になる。(不安を取り除く情報発信)
  • 「ジオパーク」を訪れる人は土地勘が無いので「ジオサイト」までなかなかたどり着けない。
  • ガイド無しでもジオサイトの見どころを楽しませなければならない。

などの不平不満を解決するために、少なくとも4種類の看板を計画的に設置する必要があるのだそうです。その4種類とは

  1. 歓迎看板

    主に玄関口となる駅や道路沿い、高速のインターチェンジなどに置かれる看板。「ようこそ○○ジオパークへ」という看板です。
    ジオパーク看板(香住駅前)

  2. 総合案内板

    ジオパーク全体の地図を示し、主なジオサイト(ジオの見どころ)などが記載されている看板。現在地も書いているので、自分がジオパークのどこに居るのかが分かりますね。島原半島ジオパークでは主な見どころにはMAPコード(地図上の位置を簡単に特定できるコードナンバー)を入れているので、数字をスマホのマップアプリやカーナビに入力するだけで道案内をしてもらえます。
    ジオパーク看板(糸魚川GP)

  3. ジオサイト標識

    ジオサイトの入り口の道路標識などとともに設置される看板。但し、上り線下り線とそれぞれに作る必要あり。
    ジオパーク看板(香住海岸)

  4. 多国語解説版

    ジオポイント(一つ一つのジオ見どころ)に建てられている解説版で、最低でも英語、あれば中国語、韓国語などでも表記されている看板。ガイドさんにも解説時に使ってもらえるようなものを作る事が理想。
    ジオパーク看板(伊豆半島GP:浮島海岸)

各地のジオパーク看板をまとめたNaverまとめ「色んなジオパークの看板」というサイトがあったので、そこをご覧ください。(まぁ、なんて便利!)

このように、漫然と作っているようで、実はかなり階層を考えて看板は作られていたのです!次回は悲喜こもごも、看板にまつわるお話など、看板作りの戦略的な話など、当日会場で話しておられたことを中心にブログに買いていきます。

 

illust3786
ジオパークの推進協議会の皆様
中小企業、個人事業主を含む
ジオパークの民間事業者支援は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ジオパークの販促物&教材, ジオパーク大会など

コメントを残す

  関連記事

住民にジオパークを広げたいなら

今年に入って、天草ジオパーク、白山手取川ジオパークへ行き、ジオパーク講演会で登壇 …

「ジオパーク」名称使用に思う

先月、新聞の但馬欄で「ジオパーク」の名称使用についての記事が掲載されていました。 …

日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて(5・終)

10月12日に放送されたNHKラジオ第1放送「私も一言!夕方ニュース」の中ので「 …

ジオパーク全国大会のガイド分科会の様子(4)ガイドと専門家がつながっていない

日本ジオパーク霧島大会・ガイド分科会の続きです。180名余が参加する全体会の会場 …

ジオガイドは必携!『ジオパークへ行こう! 火山や恐竜にあえる旅』(林 信太郎 著:小峰書店)

ここ1,2年で、専門家の先生方によるジオパーク関連書が出版されています。地質を詳 …

日本ジオパーク全国大会<霧島>で行われるジオガイド分科会は?

10月27日から霧島で開催されるジオパーク全国大会。ガイド分科会では「ジオガイド …

福島正伸先生の人材育成術をガイドの仕事に応用したら大成功!

18日にジオパーク国際大会(APGN)のツアーガイドを行いましたが、今夏から通っ …

「どんなネタがお客様にウケるか?」マリンガイド有志が集まって勉強会開催!

一昨日書いたブログ《「質の低いボランティアガイドはストーカーと一緒」〜『観光立国 …

ビーチクリーンイベントに参加。高校生がんばってます!

先週土曜日、兵庫県の日本海側、豊岡市竹野町にある猫崎半島の付け根、誕生の浜のビー …

「月刊兵庫教育」7月号にジオパークについて寄稿<2/4>

昨日のブログから4回に渡ってお伝えを予定している、月刊兵庫教育7月号に寄稿したジ …