地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

兵庫県の環境審議会委員として、鳥獣部会に参加してきました!

   

昨日は但馬から神戸に出向いて、兵庫県環境審議会・鳥獣部会の会議に参加してきました。この会議は、県内に増え続けるニホンジカ、ツキノワグマ、イノシシ、ニホンザルなどの管理や保護の計画を立てる、獣害の多い地域にとって大切な会議です。

IMG_6343鳥獣

知ってましたか?兵庫県内には900頭ほどのクマさんが生息していること。鹿を今年は45000頭を目標に狩っていることを。

ようこそ!兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

人間と野生動物の共存ってムツカシイ。。。

昨日の会議は来月(4月)からの平成29年度の野生動物の管理計画を決めるものでした。その中で、私が暮らす但馬(兵庫県北部)に関わることも話し合われました。

IMG_6341鳥獣

ニホンジカは但馬で順調に増えている、かも。

但馬地方は今、ニホンジカがすごく増えています。特に、豊岡市がこの数年多かったのですが、餌が無くなってきたのか、西へ移動し、自宅のある香美町、湯村温泉で有名な新温泉町で数多く見られるようになりました。

夜、通勤帰りに白い♡マークのお尻を相当数見るようになりました。10頭くらいの群れで動く事もあるし、道路に飛び出して根性試しする輩も。。。

今後も捕獲を続け、里へ下りて農作物や里山を荒らす鹿を間引いていくことで、頭数調整を行うことになっています。

IMG_6353

一番右端の数字が29年度捕獲目標の頭数です。但馬はダントツに多いんです。ただ、鹿肉を獲ったとしても処理場が少なく、殆どが埋設処理しているのが現状です。

獲るだけでなく、利用ももっと図っていきたいので、県は29年度、鹿肉の利活用について施策を考えておられるようです。お肉、美味しいですもんね♪

ツキノワグマも順調に増えてます。

ツキノワグマは目撃情報も増えてきており、里に降りてきては、住民に恐怖を与えています。

最近はたわわに実った好物の柿をスルーして集落を徘徊するクマも出はじめて、食の好みが変わってるのかという話にもなっています。一説には、埋設処理した鹿肉を掘って食べていたり、イノシシ&鹿よけの柵に引っかかったものを食べているということも猟師さんから伺います。

クマが標高の高いエリアにのみ生息し、里山に降りてこないようにしないと、ね。

ニホンザルさん、小代の群れは消滅の危機?!

クマさんや鹿は増える一方ですが、ニホンザルの群れのうち、香美町小代にいる2つの群れは絶滅の恐れが。

但馬には豊岡市の城崎と香美町小代に群れが全部で3つあるのですが、小代の2つの群れは数奇な運命をたどっています。

最初は保護しなきゃということで守ってきたサルでしたが、あれよという間に60頭位の群れに急拡大し、山から里に降りてきて被害をもたらすように。

そこで、追い払い部隊を結成して山に追い払うことをしているうちに、群が小さくなり、今では数頭しかいなくなりました。

今いるサルの群れは美味しい柿の木や畑の野菜がある里で暮らすことを覚えてしまい、山に戻っても餌の取り方がわからなくなっているので山に帰らないのだとか。。。

ちなみに、群れで行動するサルには、全ての群れの何頭かに発信器が付けられていて、それを県はモニタリングしています。

学びをガイドや自然学校の環境授業でフィードバック

私が鳥獣部会の委員になって2年ですが、この1年は中期管理計画を立てたり、クマの狩猟が20年ぶりに認められるなど、激動の部会でした。

委員になって調べてみて、初めて、こんなに共存するのがムツカシイ地域になってきているんだって思いましたモン。人口減少の中、森や里山の環境整備、耕作放棄地の扱い・・・問題は山積してます。

IMG_6342

この1年、会議の中で学び知った知識は、ガイドや自然学校など何かしら伝えるときに還元していけたらと思っています。

地域住民の皆様も、ただ怖がってる、ただ腹を立てるだけでなく、自分たちの環境がどうなってるかをしっかり把握するということも大切なことだと思います。

但馬地域では年に何度か鳥獣保護管理についてのシンポジウムも行われていますので、機会があれば是非参加して下さいね。

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, 環境・教育, NPOたじま海の学校, ジオパークの恵み

コメントを残す

  関連記事

観光に携わる人ほど旅に出て、観光客視点で見てみよう

この秋は長野県伊那市や沖縄本島へ出かけました。日頃は観光客を迎える側ですが、仕事 …

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(1)

先日から、宿泊施設への販促アドバイザーのお仕事で京丹後市に通っています。同じ日本 …

4年に一度の再審査にむけ、進化したガイドシステムとは?

今日は昨日のジオパーク話に続いて、ジオパークのガイド養成に対する私の考えについて …

日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて(1)

10月12日に放送されたNHKラジオ第1放送「私も一言!夕方ニュース」という番組 …

手軽に活イカを食べる贅沢ランチとは?☆山口県萩市須佐

昨日は、山口県萩市須佐地区の旅館で出して頂いた、須佐の海の幸会席を賞味致しまして …

ジオガイドの質の維持と向上に必要なこととは?(2/2・終)〜ジオパーク全国大会2017分科会⑤「ジオガイドの人材育成と団体運用について」報告

2017年10月25日〜に行われたジオパーク全国大会の中で、ワタクシは今年もガイ …

2017年の日本ジオパーク再審査結果を見て、私なりに想うこと。 

まずは今朝の日本海新聞。(但馬欄です) 年末企画でジオパークのイエローカードにつ …

【開催報告】12/9(土)環境学習コーディネーター養成講座で講師として登壇しました!

今回のブログは、兵庫県と(公財)ひょうご環境創造協会が主催し、NPO 法人はりま …

「本質に目を向けて知る。その先に変化や繁栄が有る。」ことを学んだ温泉寺

先日、城崎温泉の足湯に浸かったら、足どりが軽くなって「温泉」の効能を感じたワタシ …

城崎オンパク・但馬牛見学ツアーの下見に行ってきました!(1)

どうですか?!めっちゃ可愛いでしょ?! 今年の5-6月に生まれた仔牛です。 この …