地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

天草ジオパークで登壇「もう一度、話をしに来て欲しい!」

   

先月31日に熊本県の天草市へ参りまして、ジオパーク講演会を行ってきました。遅くなりましたが、今日はその報告です。

天草ジオパーク祭

この講演会は日本ジオパークに天草ジオパークが加盟認定されたのを記念して行われたフェスティバルの中で行われました。天草ジオパークの前身は旧御所浦町にあった「天草御所浦ジオパーク」。天草市と上天草市、苓北町の2市1町で新たに「天草ジオパーク」としてエリアが49倍大きくなって、新規登録し直したといういきさつがあります。天草御所浦GPでの活動が地元で高く評価されたのでしょうね。

会場の松島総合センターアロマでは、北海道地図さんによる巨大ジオパークマップの展示や3Dめがねで見るジオパーク地図の展示の他、伊豆半島・ジオガシ旅行団のジオ菓子販売も。そのほか、化石のレプリカをつくるコーナーや化石、写真展示のほか、各地のジオパークの展示ブースではパンフレットコーナーも多数ありました。

化石コーナー天草レプリカを作るコーナー。絶えず人が集まる集まる・・・

天草GP前日に撮影した北海道地図さんの巨大ジオマップ。
当日はたくさんの人がこの上に立ってはったので、あえてこれで。

さて、9時すぎにはすでに400名が会場周辺に集まっている状況で、ジオパーク人気もすごいなぁと思ったら、同時間に開催していたウォーキングイベントらしく、私の講演会では300名入る会場でしたが、ふたを開けてみれば聴講者は40名ほど。前週の白山GPと同じ感じでした。ま、題名と私の名前だけでは、どんな内容の講演会なのか、今井ひろこって知らんがな、と思ったら興味湧かないですしね。

天草GP大ホールで講演させて頂きました。

講演では、ジオパークエリアの住民を対象として、合併地や近隣市町村と組んでジオパークに取り組むことが、地域活性化の切り札となる、というお話をさせて頂きました。

天草GP天草在住のお友達・プロ水中カメラマンの中野さんに撮って頂きました。

ジオパークとは、という基本のお話から、ジオパークの5つの効能についてお話しました。5つの効能とは

1)ジオパークで学んだことをビジネスに活かすことができる
2)科学的な切り口で特産品を語ることができる
3)防災教育もジオのテーマ
4)自治体や各種団体がパンフレットやチラシ、看板を作る
5)ジオパークは地域をつなぐチカラになる

山陰海岸ジオパーク及び私のフィールドである香美町の事例をベースにお話をさせて頂いています。例を挙げることで、自分のところにもある!とネタを探して頂ければうれしいなぁと思います。

最後には、ジオパークはすぐに観光客が増えたり人口減少に歯止めがかかるものではなく、地域づくりそのものもロングスパンで考えましょう、というお話をして締めくくります。

今回のお話は、通常1時間半くらいかけて、地元で出前講座を行っていたときにはお話しするのですが、今回は1時間でお話ししたので、かなり駆け足になりました。だからでしょうか、質問というか意見なんだけど、と会場から声が上がり、

「あなたの話はテンポが速過ぎたんで、もう一度天草に来て、話をしてほしい。」

あちゃ、詰め込みすぎて、ついつい話が早くなってしまったかな?!と反省しておりましたら、後になって、その方が天草ジオパークのガイドグループのドンの方で「こんなに地域づくりに役に立つ話は、もっとたくさんの地域の人に聞いてもらわないと!」と、推進協議会にも改めてお願いをされたそう。担当者から「滅多にそんなことを仰る方でないので、よほど今井さんの話に感銘受けたんだと思います」と言って下さったのが嬉しかったです。また、上天草市、天草市両市長さんが最後まで私の講演を聞いて下さっていたということも伺いました。講演会が終わってから、天草市長が控え室にお見えになり、「素晴らしい講演でした。ぼくも趣味がスキューバダイビングでね、200本近くは天草に潜っているんだよ。」と話に花が咲きました。役場のジオパーク担当の方が「役場職員にこそ聞いて欲しい話です」と感想を言って下さったりと、とっても嬉しいお言葉の数々を頂戴しました。聴講して頂いた皆様、招聘して下さった関係者の皆様、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ジオパークの旅, ジオパーク講演会

コメントを残す

  関連記事

兵庫県の環境審議会委員として、鳥獣部会に参加してきました!

昨日は但馬から神戸に出向いて、兵庫県環境審議会・鳥獣部会の会議に参加してきました …

なぜジオパーク看板が必要なのか?

日本ジオパーク南アルプス大会の分科会D「見せ方、ソフト(ガイドなど)、ハード(看 …

「ジオパークをひと言で伝えると?」ジオパーク全国大会ガイド分科会ワークショップ<後半>

私のジオパーク全国大会は無事終了しました。昨夜、1週間ぶりに但馬に戻り、今日から …

今井ひろこが考える理想のジオガイド像とは?

先月27日からのジオパーク全国大会では「理想のジオガイド像2015」について全国 …

「お客様を喜ばせる」がゴール~桜島・錦江湾ジオパーク福島大輔さん

2人めの講師は桜島・錦江湾ジオパーク福島大輔さん。私自身は2度、桜島錦江湾ジオパ …

11/25(土)観光ガイドの現場トレーニング&KYTを行いました♪

観光ガイドは室内からは絶対生まれない。実際に現場で何度も声出してやってみないとね …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・天草ジオパーク

ブログへの掲載が遅れてすみません。3月28日(土)に掲載された、恒例の日本海新聞 …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・南紀熊野ジオパーク<下>

先月1月31日(土)、日本海新聞朝刊・但馬欄に、連載コラム「日本のジオパークへ行 …

ガイドトレーニングをサポート。APGNジオパーク大会に向けて頑張ってます♪

昨日、9時から13時まで、私のフィールド香美町の山間部・小代(おじろ)で、ジオパ …

ジオガイドは有償にと言いつつ養成講座は無料で行政が開催する矛盾

先日のブログでは、「ジオパークは民間でボトムアップすべき」とトップダウンで行政が …