地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ジオパークを活用して宿のコンサルティング!

   

今日はコンサルティング業をスタートしてから、初の「ジオパークを活用した」宿のプランについての専門家支援を行ってきました。

今日支援させて頂いたお宿さんは、うちの旦那の宿と同じくジオパークエリアの中にあって、ジオパーク活動に精力的。ジオパークでの地域活性化を一生懸命考えておられて、いろんな体験プランをなさっておられます。

ところが実際に聞いてみると「宿泊数が思ったほどに伸びないんです・・・」とお悩みでした。

どれだけ地域活性化を行い、地域を巻き込んで頑張っておられても、まずは自分の宿の収入を安定させないと、地域活性化も力が入りません。安定的に収入を得て、はじめて、地域活性化に真剣に取り組むことができるのです。

ま、ただ、今年の夏はほとんどと言っていいほど雨と台風に祟られて、ダイビングやカヤック、海水浴などのサマーアクティビティの類はお客様が入りませんでした。今年は仕方ない・・・その分を秋冬で挽回しなきゃ!と、宿屋の内情(?!)とジオパークを共に理解している私に白羽の矢が!

本日は宿のプラン名とその内容の書き方について指導しました。実はプラン名の付け方はPOPで使うキャッチコピーの作り方と同じコツなのです。特に、

お客様像(ターゲット)を明確にする

お客様の声をそのまま使う

さらに、

プランからその情景がお客様の頭の中に想像できるようにする

という文章力も必要です。

大事なことは、

売り手目線でなく、買い手目線でプランを考える

ということ。売り手目線の言葉は「押し売り」ですが、買い手目線は押し売りになりません。(うちの旦那は、この目線を変えるのに、何と2年かかりました)

実際、うちの旦那の宿「民宿美味し宿かどや」は2年連続、楽天トラベルのキャッチコピー賞をもらっていますし、お客様のご予約が増えました。

プランタイトル

例えば今年(2014年)の場合、

「お父さん、海の中ってすごい!」忘れられない親子の思い出づくり☆ドキドキ体験ダイビングプラン

というキャッチコピーで、体験ダイビングプランの名前を作りました。主人も私もダイビングのインストラクターですし、ダイビング屋もやっているからです。

「お父さん、海の中ってすごい!」というセリフは実際に父娘で体験ダイビングをされた娘さん(小6)がダイビングが終わって水面に上がってきたときに発した言葉でした。それをそのまま使っています。

親子ダイビングプラン

夏休みはファミリーで旅行する方が多いです。それは旅行が目的ではなく、掘り下げると、旅をして「家族との楽しい思い出」を作りたいのです。だから、家族との楽しい思い出を作る一つのツールに、うちの宿は、たまたま、ダイビングを持ってきただけなのです。

このプラン名を見るだけで、親子で何か体験ものをやってみたいと思った方は、ポチっとプランについての説明ページをご覧になります。ともすると、親子だけしか見ないんでは?と思いますよね。ところが蓋を開けてみると、カップルも夫婦さんも予約がどんどん入ってきました。子供の体験ダイビングができるのであれば、大人も絶対できるよね、という判断をお客様がして下さいます。ターゲットを絞ったプラン名にしていても、お客様が判断して予約を入れて下さることもあるんです。シンプルにターゲットを絞っても大丈夫!

親子ダイビング

この他にも宿のプランの中身の書き方について、優先順位やウンチクの部分について、ジオパーク活動の中で得た地元のこだわりなどを料理に入れ込んでいる場合に、それを前に出していくなどのアドバイスをさせて頂きました。言いたいことを詰め込み過ぎて、肝心なことが伝わっていないということが、実はよくあるんです。

・・・うちの旦那の宿もそうでした。「その宿の最大のウリ&独自ポイント」は、お宿さんや従業員は当たり前すぎて気づけないんです。ここは専門家に頼んだり、友達に聞いたり、お客様の声などからしか、分らないんです。そこに気づき、プラン名や宿のHPに反映させることができれば、それこそジオパークの効能と同様、じわじわとボディーブローのように効いてきて、平日でもお客様がお越しになる宿になります。

今回は中小企業庁ミラサポ制度を使って、お宿側の費用負担はゼロ円でコンサルティングさせて頂きました。アベノミクスによる景気刺激策の一環で、ミラサポ制度を使って年3回まで依頼側の費用負担ゼロ円でコンサルティングできるほか、商工会会員であれば、全国商工会連合会の同様の制度も年3回まで活用でき、とてもお得です。なので、次回のコンサルティングもミラサポでご用命頂きました。ありがとうございました!
illust3786
小規模民宿、旅館の方、
予約数・転換率が上がる宿のHP指導は、
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料・講師交通費ゼロ円で可能です。
お近くの商工会・商工会議所へご連絡下さい。

詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, ジオパーク, ジオパークビジネス, ミラサポ

コメントを残す

  関連記事

11月開催のジオパーク講演会のご案内

2015年度も後半にさしかかってくると、増えてくるのがジオパーク講演会です。今年 …

コンサルティング回数が今年100件の大台に!☆今年の振り返り

昨年の2014年11月に豊岡に事務所を構えて、集客&販売促進の専門家(コンサルタ …

白山手取川GP観光業者向け講演☆ジオパークという言葉は使うな?!後編

昨日のブログの続きです。例としては、私の地元・香住をテーマにジオツアーを作ったと …

風土がFoodを生みだす白神山地(1)白神こだま酵母

12日から秋田県八峰町に来ています。一昨日行った基調講演の記事が地元紙・北羽新報 …

日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて(5・終)

10月12日に放送されたNHKラジオ第1放送「私も一言!夕方ニュース」の中ので「 …

経営の各種専門家を派遣して頂くミラサポの使い方

私はいま、経済産業省中小企業庁が行う未来サポート(ミラサポと略)事業に関わり、中 …

忙しい時ほど「対応は丁寧」を心がけよう☆宿のクチコミUP大作戦

今月中旬から書き始めている宿のクチコミシリーズは、400〜600アクセス以上有り …

誇張した自社サイトが原因でクチコミ点数が低い宿の対応策3つ

昨日のブログで、自社サイトを盛りすぎて高級旅館と見せてしまっているために、実際と …

第5回日本ジオパーク全国大会が南アルプスジオパークで行われた意義

9月27日(土)からの3日間、日本ジオパーク南アルプス大会へ参加し、29日夜23 …

寒中鍋パにジオパークどん?!☆2/13ジオパークセッション下北ジオパーク<4>

2/13(土)に青森県下北半島のむつ市で行われたジオパークフォーラムですが、その …