地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ジオパークが急激に広がった5つの理由(2/2)

   

昨日のブログの続きです。東北環境教育フォーラムで登壇した時に頂いた質問で、ジオパークが急激に広がった理由を教えてほしいということに対する答えです。

東北環境教育フォーラム

ちなみに私は5つ理由があると思っていて、

◆「地域のあるもの探し」をしやすいツールであること

◆ジオパークにすることで自治体の予算が確保しやすい

◆ジオパークが防災にも役立つ

と3つを昨日お話しました。その続きをこれからお話します。

地域横断的な活動がジオパークというくくりでできるようになった

山陰海岸ジオパークは京都府京丹後市から兵庫県豊岡市、香美町、新温泉町、鳥取県岩美町、鳥取市という、今までにない枠組みで活動をしています。鳥取県は鉄道や高速道路が発達し京阪神からの観光客が多いにも関わらず、TV放送は中国地方の枠組みになり、近畿では殆ど放送されません。京丹後市や兵庫県北部へ旅行に来られた方がそのままついでに鳥取市へ行くという導線がいままでできなかったのですが、ジオパークという活動をすることで、一つのエリアとして周遊ルートとして売り出すことができるようになりました。

地方が違う場合に特にこれは有効です。行政の境界線は訪れる人たちには何の関係もありません。むしろ、その境界線が再度訪れてもらうための折角のアピールチャンスを分断してしまっていることもあったのです。

ジオパークには4年に一度の再審査という見直しがある

ジオパークには世界遺産や国立公園には無い「定期審査」があります。その結果、前回指摘事項が解決されていない、あるいは悪くなった場合にはイエローカードで2年以内に改善する、あるいはレッドカードで脱退という厳しいルールがあります。自治体の計画は三ヶ年、五ヶ年、十ヶ年計画を作ります。そのやり方とほぼ同じですし、目指すところも「持続可能な地域づくり」「観光(ジオパーク)に来るお客様の環境整備」ですから、計画も立てやすいですし、モチベーションを保つことができます。

世界遺産は、なった年が観光客が最も多く、そこからほとんどは下落していき、モチベーションを保つことも難しいのです。その点、自治体も住民もレベルの維持向上を目指すこの仕組みが、日本人には適しているものと思います。

***********

最後に、このフォーラムに参加されていた、ジオパークという言葉に接するのが初めてという、東京にお住いの高野さんから、とても素晴らしい感想を頂きましたので、ここに転載させて頂きます。

ジオパークと言うと、何か難しい印象がありますが、僕なりに解釈すると、地元の自然とそれに深く繋がっている地元の暮らしの値打ちをみんなで一緒に楽しんで伝え、大事にしていくことだと思います。日本各地で高齢化や過疎化が進んでおり、地域経済の衰退が叫ばれていますが、このジオパークという考え方はひとつの起爆剤になるんじゃないかな?と思いました。勿論、東北の被災地でも復興するためのヒントになると思います!ネガティブな事を考えていても何も解決しないと思います‼

それよりも、地域の足元にある”宝物”をうまく利用して、多くの方々に地域のファンになってもらいジオパークを生かして持続可能な地域を作っていければ良いなあと思います。現に自分自身も今回のフォーラムを通じて、この八峰町を通過するための町から、目的の町へと意識の変化がありました。と同時にもっともっといろいろな町の自然や文化を知りたいなあと感じた今回のミーティングでもありました。(東京都 高野様)

 

ジオパークに初めて訪れた方がこのようにジオパークを理解して、そして今までは通過点だった地域が、魅力ある地域に生まれ変わる瞬間に立ち合えたことがとてもうれしかったです。他の参加者の中にも、このように「いろんな魅力がある場所だということを、今回のフォーラムに参加したから分かることができた!」と仰る方が居られました。新たな魅力を見つける素晴らしいメガネをジオパークが皆さんに与えたんですね。

 

illust3786
ジオパークの推進協議会の皆様
中小企業、個人事業主を含む
ジオパークの民間事業者支援は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ご挨拶・お知らせ, ジオパーク, ジオパークとは?, ジオパークの旅, 講演・セミナー活動

コメントを残す

  関連記事

2014年の今井ひろこブログでの検索ワード

いよいよ、平成26年も今日でおわり。実感がまだ沸かない私です。さて、私のブログは …

城崎温泉旅館視察ツアー「ときわ別館」編と、旅館編のまとめ~城崎オンパクでジオってみよう(6)

城崎オンパク最後のお宿訪問は、お宿ナビゲーター・原さんの旅館「ときわ別館」。温泉 …

5/30 簡単にオシャレなページが3時間で完成?! ランディングページ制作セミナー

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

本日9月3日で、コムサポ開業3周年を迎えました。皆様、応援ありがとうございます!

和歌山市からこんばんは! 明日から和歌山大学観光学部で行われる夏期集中講義に参加 …

住民に対しジオパークに興味を持たせる3つの仕掛け(2/2)

住民へジオパークへの興味の持たせ方や住民の巻き込み方とは?という講演後の質問に対 …

巨石群に感動!土佐清水のガイド講習会に参加しました。

11月17日の講演会当日、午前中は土佐清水市のボランティアガイドの皆様によるガイ …

環境教育は生活教育と捉えよう

先日の「ふるさと環境交流会in但馬」では、環境教育という言葉は漠然としたものと捉 …

「ジオパーク」を誰に何を伝えて、どう行動してもらいたいの?

今回、NPO桜島ミュージアムの福島さんのお話をお聞きして、ジオパークの活動を収益 …

なぜジオパーク看板が必要なのか?

日本ジオパーク南アルプス大会の分科会D「見せ方、ソフト(ガイドなど)、ハード(看 …

「ジオガイド活動を持続させるには」〜9/30茨城県北ジオパークガイドブラッシュアップ講座で登壇しました

おとついの夜から、水戸に滞在しています。 昨日、茨城県北ジオパークのガイド向けブ …