地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

お客様向けセミナーの開催の4つのコツ

   

自分のお店のお客様に対して、技術指導や商品の体験会などを行ってコミュニケーションを図る「お客様セミナー」を開催するお店が増えてきました。商店街の活性化のために、複数の店舗さんで共同開催する「まちゼミ」という形をとるところも多くなりました。その一つが、豊岡市商工会が行っている「とくまるゼミナール」で、この8月中旬からの開催で5回目を迎えます。

私も今回は夫婦で『売り上げが2倍になるPOP講座』を開催するのですが、今回の話はそちらではありません。同じ「とくまるゼミナール」で8/25にセミナーをされるおおきた石材さんに、お客様セミナーを開催するためのノウハウをお伝えする「専門家サポート」を昨日させて頂きました。

とくまるゼミナール

今回させて頂いたアドバイスの中から4つ挙げます。

専門用語は極力避けて、言い換えるクセをつける

一般向けに行うお客様セミナーで専門用語を使うと、お客様にとってみれば「そんな難しいこと私にはわからないし、付いていけない・・・」とマイナス評価になり、それがクチコミで伝わると来店率も下がります。そこで、セミナー指導の際には、専門用語の使用は極力避けるか、言い換えるようにお願いしています。手作り体験などで、手順を書いた紙を用意するのであれば、専門用語を分りやすく言い換えた用語集も紙のどこかに書いておくとよいでしょう。

スライドは文字を減らす

お客様セミナーを開催する方の中には、スライドを使うとき、Microsoft社のPowerPoint等を使う方が多いです。発表に慣れていない人は、スライド中に文章をたくさん書きがちです。私の指導では文字を極力少なくし、写真のみにしていきます。スライドに文章を書くと、お客様は読む方に集中し、自分の話を聞いてくれないからです。スライドはあくまでも「副」、脇役です。主人公は話す店主です。店主の話をサポートする写真を見せて、お客様が頭の中で情景を浮かばせるための手伝いをスライド写真で行うという風に使います。配布資料をどうしても渡したいときは、配布用を別に作ったほうが丁寧です。

ワークの時間を作る

小学生がマイクなしで話を聞くのは最初の15分くらいです。それを過ぎると話を途端に聞かなくなり、ざわついたりよそ見をします。聞くには集中力、チカラが必要だからです。それは子供だけではなく大人も同じです。大人の場合は20分が限界です。そのため、できれば15分から20分で一つの話をして、2つ目の間は何か区切りの活動や写真などを入れて、区切りをはっきりとさせます。手作り体験の場合も、最初の話は15分程度で作ってもらって、途中まで進んだところでまた話をする、という風にメリハリを付けます。そうすると、お客様は話にも作業にも集中することができます。

練習では本番のように大きな声で時間を測る

スライドを使う場合、写真によっては説明が長くなるものもあります。一つの話に何分かかるのかをしっかりと計測し、必要な話、削るスライドを決めていきます。その際、小声でなく、会場で話すくらい大きな声で測定することです。むにゃむにゃだと時間が正確にわからず、当日その場になって「時間がなくて端折ってしまった」ということになります。私も講演会の前は必ず2時間近くかかりますが、その練習と時間測定を行い、詰まるところや話が飛びまくるところは削除するようにしています。

 

以上、長くなりましたが、このようにアドバイスをして、セミナー資料を整えていきます。おおきた石材さんのセミナーは8月26日(火)13時からワークピア日高で開催です。お墓セミナー後は、会場隣にある墓地で見学会も行います。話を聞いた後では、ずいぶん見方がかわりますよ。ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい。

 

illust3786
中小企業、個人事業主の方、
販促支援、プレゼン、キャッチコピー指導は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - お客様セミナー開催指導, 伝える力200%UP

コメントを残す

  関連記事

プレゼンの導入はターゲットに合わせて

町役場の職員を4年弱やって、その間に130回以上、のべ5200名の方に講演会を行 …

ジオパークフィールドノート、兵庫県を代表し全国大会へ出場決定!

今日は地元の教諭チームと一緒に、西脇市立西脇南中学校で開催された、兵庫県の教職員 …

コミュニケーション能力1級セミナーを受講してきました<1>

先月末、大阪で一般社団法人日本コミュニケーショントレーナー協会主催の「コミュニケ …

道路沿いの看板で何を伝えるか、考えてみましょう

毎日、香住-豊岡間を車で通勤していると178号線沿いで看板を見かけます。先日ビッ …

4つの「伝わるプレゼンテーション」極意 まとめ

昨日まで4回に渡って、過去130回の講演会で得たプレゼンのコツをお話してきました …

話の軸とスライドの文字の修正~プレゼン個人指導初日

3月末に役場を退職してから個人事務所の開業準備を進めていますが、ようやく今月、中 …

今は動画と写真のみで情報共有する時代

今や、スマートフォンやタブレットが全盛の時代。それらを活用したコミュニケーション …

ジオガイドこそ、ジオパークの楽しさを発信しよう

全国各地のジオパークへ講演会に行っています。今日は、高知県で2番目のジオパークに …

お客様向けセミナー開催で、最初に決める5つのこと(後半)

お客様向けセミナーを開催する際に最初に決めることについて、残り3つをお伝えします …

プレゼンで頭が真っ白になってしまうケースを想定しよう

久しぶりにプレゼンテーションスキルのお話です。先日、友人が商工会青年部全国大会の …