地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

海と大地が育むキャベツ-日本のジオパークへ行ってみよう!(日本海新聞連載)

      2014/07/28

一昨日、月一回掲載している日本海新聞但馬版「日本のジオパークへ行ってみよう!」。今月は銚子ジオパークです。

銚子ジオパーク

 

銚子へは今年3月に行き、ガイド向け講座を行いました。東京からJR又は高速バスで2時間半で到着します。もっとかかるかと思っていたら、意外と近く感じました。この記事の話以外にもたくさんの見どころがあったので、ご紹介します。

銚子電鉄、チョー楽しい!

銚子電鉄はローカル列車で、JR銚子駅のホームの東端から出ます。1時間に1本しか走っていないです。(そこは山陰本線と変わらず。)切符は列車の中で購入。車体に味があって、全国各地の古い車体を使っているそうです。写真を撮っていたら「鉄子」と地元の乗客から間違われましたが、決して鉄子ではありません。。。

銚子電鉄1

銚子電鉄2
切符は列車の中で車掌さんから買います

銚子電鉄の途中の駅の駅舎には美味しいたい焼きのお店が!銚子電鉄といえば醤油のぬれ煎餅が有名なのですが、ここのたい焼きも美味しかったですよ。私は3月に行ったので桜あんを。あぁ、美味しかった!

銚子電鉄

銚子電鉄たいやき
雨の中、続々と客が買い求める人気店は駅舎内

銚子電鉄には有名なガイド・坂野さんが居られまして、喋りが漫談のようにとても流暢。ほぼ毎日、下手したらダブル、トリプルヘッダーでガイドをされているんですって。銚子の観光ガイドとしては以前から歴史系があったそうで、ジオパークのガイドチームとは分けているのだそうです。しかし、両方に登録しているガイドもいるので、仲よく交流しておられます。すごいなぁ~。

銚子電鉄
銚子電鉄名物ガイドの坂野さん

ガイドの坂野さんが目的の駅に着く僅か15分くらいの間に、駅のトリビアを教えて下さったのですが、一番インパクトがあったのは、鞄の中から「いまがちょうど旬だから、ぜひ食べてみてね、キャベツ!」と新鮮なキャベツをひと玉出されたこと。そんな重たいものをわたしに見せるためだけに持って来て下さったとは!と感激しました。私も真似したいところですが、さすがにカニは生臭くってできません。

しょ、しょうゆソフト?!

銚子は醤油メーカーが多く、全国展開しているヤマサ醤油も実は銚子です。その工場では売店でしょうゆソフトが売っているんです。見た目はモカっぽい色。だけど、食べるとバニラの後にほんのりと醤油っぽい味・・・不味くないです。よくここまで整えはったと思いました。

ヤマサ醤油
ソフトクリームのラインナップを見ると、一番上は「しょうゆ」
ヤマサ醤油
ほんのり醤油色。

銚子の醤油の出身は和歌山

銚子の醤油は、もともと和歌山県の湯浅周辺の方が江戸時代に銚子へ行き、製法を伝えたものだそうです。南紀から江戸までは黒潮に乗って菱垣廻船、樽廻船と呼ばれる東回り航路で、江戸から銚子は大規模河川改修を行って現在の流路になっている利根川を経由して行ったのではないでしょうか? 北前船は大阪や北海道の日本海側を行き来する間に、文化や産業も行き来し、昆布だしの文化などを作りました。それと同じような海運流通が太平洋側にあったんですね。

ヤマサ醤油
市の資料館に展示されていた昭和30年代の資料パネル

屏風ケ浦は大迫力!

高さ30-60m、長さ10kmに渡って延びる断崖です。地層がバームクーヘンみたいでステキでした。潮干狩りに来られている方が居られて楽しそうでしたねー。その一方で「あ、崩れてる!先週は崩れてなかったのに」とガイドさんが教えて下さった場所もあって、こうやって、すこしずつ海岸線が後退していくんだそうです。遊歩道が付いてからは崩れるスピードが収まったらしいのですが、その反動は千葉県太平洋側の南側、九十九里浜にきているそうで、そこの浜は砂がどんどん無くなって、砂浜が消える恐れがでてきたとのこと。実は銚子の海岸線の砂は九十九里浜へ自然に供給されていたんですね。保護の仕方は難しいです。。。

屏風ケ浦
右手に「落ちたて」の茶色で2つにバックリ割れた岩が・・・ 

まだまだ書き足りないくらい、銚子は魅力あるジオパーク。魚やスイーツなど食べ物もおいしいので、ぜひ行ってみてください!

 

 
illust2712
香美町まち歩きガイド「香美がたり」
香住、今子浦、佐津エリア受付中!
山陰海岸ジオパーク公認ガイドが
深堀りしたまちの魅力をわかりやすくお伝えします!
お問い合わせ・申込はこちらをクリック!
10291825_455700764565169_5111936446927707570_n
illust2712

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパークの旅, 新聞コラム

コメントを残す

  関連記事

世界屈指のカルデラ-日本のジオパークへ行ってみよう(日本海新聞掲載コラム)

毎月第四土曜日に日本海新聞但馬欄に掲載される「日本のジオパークへ行ってみよう!」 …

城崎温泉旅館視察ツアー「三木屋」編~城崎オンパクでジオってみよう(5)

先週に書いていた、城崎オンパクで開催された『有名旅行社の新人研修でやっている 城 …

お客様に喜んでいただける情報をお伝えできていますか?

先日、ジオガイドをさせて頂いたお客様は女性3人組。前日に私の地元・香住に入り、翌 …

ジオパークのビジネス活用例・海上タクシー事業

山陰海岸ジオパークには元々遊覧船事業者が岩美町と香美町(どちらも通年運航)とあり …

雨の日のガイドが楽しい場所って・・・但馬牛ツアー報告(4) 

ツアーシリーズの続きです。向かったのは、久須部渓谷にある要の滝・三段滝。ここも地 …

白山手取川ジオパークで水の旅(1/3)千代女の里俳句館

先月、1/24-26までの2泊3日で白山手取川ジオパークへ行き、ガイド向けのセミ …

5/10竹野・海浜植物の観察会<ジオ編>

児童向けジオパーク教材の話は長くなりそうなので、児童書編が終わったところで、いっ …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・白山手取川ジオパーク

先月2月28日(土)の日本海新聞朝刊連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」 …

手軽に活イカを食べる贅沢ランチとは?☆山口県萩市須佐

昨日は、山口県萩市須佐地区の旅館で出して頂いた、須佐の海の幸会席を賞味致しまして …

ジオパーク国際大会ツアーでのバス添乗ガイド、無事終了しました!<上>

18日(金)に、ジオパーク国際大会でのツアーガイドを行ってきました。今日はその報 …