地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

山陰海岸ジオパーク内の住民調査で9割強が認知!

      2014/04/08

先日、うれしいお知らせが飛び込んできました!山陰海岸ジオパーク内の住民アンケートで、実に95%の方がジオパークを「知っている」という結果でした。バンザーイ!\(^o^)/

日本海新聞記事_2014年4月6日
日本海新聞2014年4月6日記事より

記事によると、

調査は山陰海岸ジオパーク推進協議会が昨年5-10月、京都府京丹後市から鳥取市までの同ジオパークエリア内のショッピングセンター、公民館など77か所で行い、住民917人から回答を得た。
同ジオパークを「知っている」または「少し知っている」と答えた人の割合は全体の95%にのぼり、地域でジオパーク関連の情報やイベントを日常的に見聞きする機会の多さなどを伺わせた。
年代別では50代が99.4%と最も高く、次いで40代(97.1%)、60代(96.6%)と続いた。しかし若年層の認知度は中高年層と比べ低く、その割合は10歳未満と20代で9割を切った。

香美町ジオパーク推進員として活動していた時に、出前講座の聴講者で最も多かったのは40-60歳代の方々です。逆に学校現場の教諭からは「授業にどうやってジオパークを入れていけばよいのかわかりません」と苦労の声が聞かれました。前年度には授業で使える副読本を制作しましたが、まだまだ教材は足りません。これからの展開に大いに期待したいです。

アンケートは全体の数値しか出ていませんが、私は香美町での若年層認知度って意外と高いと思っています。というのも、香美町にはジオパークを推進するために作られたキャラクター「ジオンくん」や、SKS(干しキススティック)オジレンジャーGEOなど、ジオパークを児童に親しんでもらう仕組み作りを官民一体となって進めてきました。これでまだ低かったら、例えばすべての「飛び出し看板」をジオンくんにするとか、作戦を練らなければ。

香美町PRキャラクター ジオンくん
香美町PRキャラクター ジオンくん

それにしても・・・3年半前、私がジオパーク推進補助員として赴任したときは「ジオパークってどんな乗り物があるの?」(全但バスって素敵なバスがありますよ)とか「どこにジオパークという公園があるんですか?」(すでにジオパークの中に居られますよ)と聞かれたりしたものです。住民の方からも「カタカナやからわからへん」(ディスニーランドはご存知ですか?)とよく聞きました。それから3年半・・・こんなに認知されていたなんて、感無量です。(涙)

山陰海岸ジオパークでは、この3月に、若年層のジオパークの認知度を上げるために、子供向けのパンフレットを作成したそうです。おおむね小学校5年生からということですが、内容やフリガナの有無、ボリューム的にいうと高校生以上大人も楽しめる「漫画でわかる山陰海岸ジオパーク」になっています。ダウンロードして全編読めますので、是非読んでみてくださいね!

山陰海岸ジオパーク“マンガで見る”パンフレット
山陰海岸ジオパーク“マンガで見る”パンフレット

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

山陰海岸ジオパークが「条件付き再認定」になった日、ジオガイド養成講座が終了しました。

昨夜、5月から計9回に渡って企画運営させて頂いたジオパークガイド養成講座が無事終 …

兵庫県立大学の学生を今子浦へご案内しました

今日は兵庫県立大学の夏季特別講義「ジオパークと地域」の授業の一環で、ジオサイトの …

海辺の漂着物で夏の自由研究

8月は海や天気が安定しない日々が続いている但馬では、海水温度も台風が過ぎて一気に …

このジオサイトから審査員に何を伝えたいのか?

改めまして山陰海岸ジオパークの世界審査のお話をしていきたいと思います。広域ジオパ …

ビーチクリーンイベントに参加。高校生がんばってます!

先週土曜日、兵庫県の日本海側、豊岡市竹野町にある猫崎半島の付け根、誕生の浜のビー …

コウノトリが巣立ち間近~城崎オンパクツアー・コウノトリの郷公園ほか

昨日のブログの続きです。戸島湿地の人工巣塔のコウノトリの産卵が今年2回目だったの …

山陰海岸ジオパークガイド養成講座、受講生募集中!

今日はコムサポートオフィスが企画運営するジオパークガイド養成講座の詳細についてご …

世界ジオパーク再認定審査を受ける際にガイド側が準備したこと

今回、NPO法人たじま海の学校のガイドとして再認定審査の対象になり、審査に向けて …

福島正伸先生の人材育成術をガイドの仕事に応用したら大成功!

18日にジオパーク国際大会(APGN)のツアーガイドを行いましたが、今夏から通っ …

4年に一度の再審査にむけ、進化したガイドシステムとは?

今日は昨日のジオパーク話に続いて、ジオパークのガイド養成に対する私の考えについて …