地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

若い人たちの就業支援で、シカやイノシシから地域を守ろう

      2014/06/24

「ふるさと環境交流会in但馬」でのパネルディスカッションでは、会場からも深い意見が出るなど活発な討論が行われました。その中で、今、早急に但馬で取り組まなければいけない、シカやイノシシなどの獣害からどう地域を守っていくか、という具体的な施策の話が出てきました。

ふるさと環境交流会1

1)豊岡市の猟師対策の取り組み(豊岡市)に注目

「ノアの箱舟」プロジェクト(森林再生)とセットで行い、年間6500頭のシカを処分することと、それを担う猟師を育成する。一昨日のブログをご覧ください。

2)但馬の自然の現状把握をし、発信していくことが急務

鹿やイノシシに希少植物が食い荒らさせると同時に、山が崩壊しているところが奥の方から進んでいることを広く知らせること。足を使った調査が必要なので、猟師に協力頂きながら調査を進めていく案も出ていました。

3)生きた動物を使ったツーリズムの展開

山に人が入らなくなったことが、山に住む生き物たちを里へ下りさせることにつながっている。まずは、山に人が入り、森を闊歩する動物を生で見てもらうツアーを開催すると、ツアー関係者や地域雇用を生み出すことになるのでは、という話が出ました。安全にガイドするのが難しい山の中ですが、安全なルートづくりなど、すでに活動が豊岡市で始まっているようです。雪のシーズンにスノーシューを履いて、雪の中にいる鹿や動物たちを観察するほうが比較的安全なので、そういうツアーを積極的にしていきたいと、猟師の岡居さんはおっしゃっていました。

4)地域の若手の人材を育成する

最近但馬で増えているのは、一世代を超えて帰ってくる若い人たち。お爺ちゃんの苦労を目の当たりにしてきた父母でなく、お爺ちゃんと一緒に夏休みを過ごした但馬のいい思い出を持つ若い人たち。。。また、但馬に生まれ、大学や就職で外へ一回出た若い人たちは、但馬のポテンシャルの高さに気づいています。しかし、帰ってきても就職先がなく、あっても臨時職員などが多いのが現状で、結局人口減少が加速度的に進んでしまいます。人が住まない地域が獣害に見舞われるのは当たり前。だから、若い地元出身者や一世代超えて帰って来てくれる若い人たちへの支援が必要です。

 

「田舎に帰り、夢のある何かがあれば、若い人たちはその地に根付いていく」とは、NPOコウノトリ市民研究所の上田先生がおっしゃっておられました。その夢を提示するのは、今但馬に住む私たち大人です。現在、若い人たちに対しての起業サポートは但馬地域の自治体は手厚いとは言えません(豊岡市も香美町もIターンで来る中企業以上の人の起業を想定したものになっている) 大~中企業が誘致できないのであれば、若い人たちに今ならではの仕事を但馬で起業してもらうほかありません。起業することを視野に入れて高校時代から大学時代を過ごして、都会で就職して手に職や技をつけて、但馬に戻り起業する、という具合に「都会を職業訓練の場」という考え方でいけば、都会へ出ることはネガティブではありません。むしろ、外へ出ることで但馬の素材に注目することができて一石二鳥。あとは、但馬の各自治体や県が起業サポートを金銭面や営業面から行えば、今までにないアイデアと洗練されたデザインで新しい但馬を創り出せるのではないかと思います。

但馬を再生するには若人たちの力がぜひとも必要です。地域で、自治体で帰ってくる若い人たちをサポートして、私たちアラフォー世代が盛り上げて、夢の見える&実現できる但馬にしていきましょう!

 

illust3786
中小企業、個人事業主の方、プレゼンの個人指導は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 地域活性化, 講演・セミナー活動

コメントを残す

  関連記事

人口減少の中、交流人口を増やしたほうがいい理由

先週3日と4日に行われたじゃらんリサーチセンター主催の観光セミナーに参加して、計 …

本日は山陰海岸ジオパークビジネスセミナーの司会進行を担当します!

今日は久しぶりに企業フォーラムの司会進行をすることになっています。今日はそのフォ …

ブランドガニの人気ランキングでは衝撃の結果が! じゃらん香美町GAP調査速報より

昨日のブログの続き、観光商品作りワークショップに参加した話の続きです。香美町GA …

参加動機を聞いて中身の方向性を微調整する~セミナーにおける自己紹介の必要性(2/2)

昨日の続きです。講師側からの自己紹介のメリットは4つあるうち、昨日は3つお話しま …

地域づくりシンポジウムの聴講者を増やすための5つの秘策

先日、某市でジオパークシンポジウムを開催するかどうかの会議があり、私と主人にお声 …

真の「宿のおもてなし」を感じた旅館・宝生亭<3・終>仲居のめぐみさんの巻

昨日からご紹介している、主人のお友達の旅館、石川県山代温泉「宝生亭」の驚異のリピ …

9/1 ビジネスTwitter活用講座@ヘルメター氏 開催報告 

昨夜、コムサポ販促塾でTwitterの活用講座を開催しましたので、今日はその報告 …

タイのパワーブロガーに出石で気づかされたこと☆インバウンド集客

タイのパワーブロガー、タノンさんにお越し頂くときの第一目的は香住ガニがタイ人やそ …

商工会女性部の研修にて地域資源活用セミナー開催しました

先週24日、山口県商工会連合会からのご依頼で、地域経済活動の担い手となる女性経営 …

イカ、カツオ、ノドグロなど相次ぐ「不漁」・・・魚介類の町おこしはそろそろ限界に? 

GWに入り、全国各地ではイベント開催のニュースが流れています。そんな中、気になる …