地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

環境教育は生活教育と捉えよう

      2014/06/23

先日の「ふるさと環境交流会in但馬」では、環境教育という言葉は漠然としたものと捉えられがちなので、「生活教育」という言葉で表現しようという話になりました。もともと環境教育は「環境問題」を解決していくためのもの。そもそも「環境問題」というのは、自然に対することだけが考えられがちなのですが、それだけでなく、ヒトの周りに影響を及ぼすものすべてを「環境」としてとらえ、それを解決して心豊かな生活を送れるように学び活用するのが環境教育です。ヒトの周りに影響を及ぼすもの。例えば、戦争もそうですし、人種差別、いじめなど同僚との不仲なども環境問題なんです。もちろん住む場所の生活環境の問題、鹿やイノシシによる畑荒しも環境問題です。

「生活教育」とは、今住む地域で心豊かに暮らしていくために必要な知識や術を学ぶということ、とコーディネーターの江崎先生は定義づけました。生活に結び付けて考えること、生活と関連付けて考えさせる教育をしなければ、自分事と捉えてもらえません。教育はどの段階で進めるかという話も出ましたが、NPOコウノトリ市民研究所の上田先生は「小学生は遊びの中での自然体験につなげ、高校生は自然体験を通じて知識を学ばせる、という風に考えている。」と仰っていました。確かに環境学習の授業は小学校3年生と5年生でありますが、知識を学び、自分のお腹にストンと落ちるには若すぎますね。

今住む但馬の中山間地域で起こっている「山の崩壊」の原因は、グローバル経済が引き起こしたといえると江崎先生がおっしゃていました。

江崎先生

先生の話によると、森林は豊かになっているのではなく、実は半世紀前のツケに過ぎず、拡大造林では大量に植えたスギ・ヒノキ苗木が成長しても収穫されないまま「生ごみ」として山に貯まったままです。それを、同じく収穫されなくなった鹿たちがむさぼり食うことになり、下草や若木を鹿が食べ尽くして、地面が禿げて土砂崩壊を起こし、鹿やイノシシのウンコやシッコなどが川に流れることにより河川の富栄養化につながるのです。(川の富栄養化で海辺の環境も当然変わってきます)両者とも適度に「食・住」で利活用されるか、駆除や間伐など掃除する必要があるとのことでした。

調べてみると、日本の森林の約4割が人工林。しかし自給率は全体の3割弱。ただでさえ飽和状態なのに、外から輸入してたら、そりゃ過剰になるでしょう・・・

木材供給量と自給率
森林・林業学習館HP 我が国の木材供給量と自給率 より転載

50年前の戦後の復興とともに山に木を植えて、高度成長期に田舎から人がどんどん都会へ流出し、その流出が止まらないまま、山へ入っていた方々の高齢化で誰も山に入らなくなって、ここ10年で急速に山が崩壊し、鹿や猪、熊が里へ下りてきた、ということを但馬に暮らす住民みなさんが自分事として知っておく必要があると思います。

 

illust2712

香美町まち歩きガイド「香美がたり」
香住、今子浦、佐津エリア受付中!
山陰海岸ジオパーク公認ガイドが
深堀りしたまちの魅力をわかりやすくお伝えします!
お問い合わせ・申込はこちらをクリック!

10291825_455700764565169_5111936446927707570_n

illust2712

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 地域活性化, 講演・セミナー活動

コメントを残す

  関連記事

「人が仕方なく住む町に未来は無い!」〜藻谷浩介氏の講演から【てしかが観光塾2017備忘録】

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

ターゲットの設定は具体的に人物像を描こう。 〜POP講座からの気づき

先週、POPセミナーを開催しました。前回は20名以上居られたのですが、今回は10 …

20代〜30代が最も使っているSNSはLineに次いで『Twitter』という事実。

明日夜にTwitter活用講座をするのですが、テーマは「ビジネス」です。 ビジネ …

今日はコムサポ販促塾第2弾!「成功する集客の極意とは?」

5月に入って久しいのに、今日は雨模様で少し寒いですね。私の主宰するNPOたじま海 …

イベントを開催する際、本当にお客様を呼びたい時に考えてほしいこと

先日、私の住む香美町香住の訓谷集落ではオープンガーデンフェスタが開催されました。 …

南紀熊野観光塾 第6期 〜観光振興の本質と広域連携を学ぶ〜【1】塾長講演から

昨年に引き続き、観光カリスマ山田桂一郎先生が塾長を務める「南紀熊野観光塾」に参加 …

9/1 ビジネスTwitter活用講座@ヘルメター氏 開催報告 

昨夜、コムサポ販促塾でTwitterの活用講座を開催しましたので、今日はその報告 …

ローカル鉄道にこそマーケティングが必要! 〜若桜鉄道・山田和昭社長の講演から

1/23(月)の山陰海岸ジオパークビジネスフォーラムでは、地域振興の事例報告とし …

山陰海岸ジオパーク国際学術会議(湯村会議)の講演内容

本日は山陰海岸ジオパーク国際学術会議2014「湯村会議」です。今回の国際学術会議 …

ジオパークが急激に広がった5つの理由(2/2)

昨日のブログの続きです。東北環境教育フォーラムで登壇した時に頂いた質問で、ジオパ …