地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

民宿旅館向けInstagram活用講座を開催! 〜6/8(金)京丹後市観光協会からのご依頼にて〜

   

先日、Instagram講座を民宿や旅館などの宿泊施設様向けに開催させて頂きました。お話しした内容やご質問頂いた件などについて報告します。

(会場は近畿最大の道の駅・丹後王国の会議室)

こんにちは。兵庫県北部・豊岡市で小さな宿&店の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

ちなみに、現在の私のInstagram、チカラを入れている個人ページはこんな感じ。

もう少しでフォロワー3000人の大台へ行きそうになってきました。

今回の講演がきっかけで京都府観光連盟のアドバイザーとしても登録されましたので、デジタル販促等についてのご相談は京都府観光連盟を通してお問い合わせ下さい。

京丹後の宿泊施設様を対象に開催

今回は京丹後の宿泊施設様と観光協会、役場関係の方など20余名の方にご参加頂きました。

京丹後の旅館や民宿の方はとにかく勉強熱心!弊社主催のセミナーでも、半分以上が京丹後市の施設様です。過去に弊社Instagram講座を受講した方が5名も参加されていて、Instagramへの関心が高くなっています。

その一つの要因は「Facebookでの集客力が低下している」ことが挙げられます。

宿泊客から「Facebook見てますよ」という声より「Instagramを見てます!」という声の方が多いと宿業を営む主人も言っていました。

インサイト(アクセス解析)を見ても、肌感覚でも、Facebookの「いいね」は少なくなるし、フォロワー数も伸び悩んでいると感じます。

かといってTwitterは何度も投稿しないといけないし、「いいね」もなかなか付かないし、使い方がよくわからない。

Instagramは写真を載せるだけで、自分でも何となくできそうだし、他の施設もやっているので、うちもやっていかなきゃ集客に繋がらないと思っている施設様が多いようです。

コムサポが伝えるInstagram講座の内容は

Instagram投稿のテクニックは、Instagram自身も日々バージョンアップしていますので、私が話すよりはむしろ、Googleで検索するほうが、早いし丁寧に説明した記事が出てきます。

ですので、私が話すことはテクニックよりも、「SNSを何のためにビジネス活用するのか?」という、Instagramの前段階の話をしっかり伝えています。

SNSはお客様とのコミュニケーションツールとして使うのが一般的なので、会話や「いいね!」のキャッチボールを愉しんで欲しいです。

宿泊施設であればフォトライブラリーとして使えば、「いいね」など自身の承認欲求は満たさなくてもOKなので、気楽に続けられます。

以上のことを踏まえて、講座は

1)SNSは何のためにするのか?
2)Instagramの基礎知識
3)Instagramの活用方法

の3本立てで、ご準備頂いた時間でお伝えしています。今回は短めに「ハッシュタグの見つけ方」のワークも入れてみました。

今回のセミナーで頂いた質問と回答

覚えている範囲ですが、以下の質問を頂きましたので回答させて頂きます。

①Instagramのフォロワーで常連様のアカウントをリスト化して定期的に見て「いいね!」する方法はあるのか?

TwitterやFacebookのように標準仕様ではリスト化できませんので、連携アプリを使ってリスト化することが可能です。(但し、iPhoneのみ)

詳しくはA子ママさんがまとめて下さっている下記の記事をご覧下さい。

②投稿画面からWebサイトへリンクを貼ることは可能か?

投稿文にはURLを書いてもリンク機能が付きません。但し、プロフィール画面には1つだけURLを載せることができます。

どうしてもという場合には、Instagramの員フィード広告でリンクを貼ることができます。但し、有料なので、予約までの転換率と出費を天秤にかけて考えて下さいね。

③Instagramに余り時間がかけられないので、手間をかけずにフォロワーや「いいね!」を増やす方法はありませんか?

月1000円〜5000円ほどの有料システムを使うと可能です。詳しくは下記のサイトをご覧下さい。

手間をかけたくなかったらお金が必要です。お金がかけられないなら、手間暇をかけてフォローや「いいね!」をしていきましょう。

最後に

Instagramを含め、SNSの基本はコミュニケーションです。コミュニケーションは楽しいに越したことはありません。その人柄や楽しさが投稿文や写真に表れます。

何のためにSNSをしたいのか?

Instagramはタダだから?

Instagramはイマドキの流行だから?

仕事の為にとはいえ、楽しくないのであれば、その事業者はSNSに手を出さない方が良いです。

むしろ、常連様がファンとなってご新規のお友達を紹介してくれるようにするためにニュースレターを発行したり、顧客名簿の解析を行うなど、集客について真剣に向き合うほうが、SNSに時間と手間を割くより、よほど転換率を高めます。

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★SNSもお楽しみ下さい★

【今井ひろこ】

Facebook
https://www.facebook.com/hiroko.imai.matsumoto

Twitter
https://twitter.com/Imai_Hiroko

Instagram
https://www.instagram.com/imaihiroko/

【コムサポートオフィス】

【Facebookページ】セミナー案内等
https://www.facebook.com/コムサポートオフィス-298717267148682/

【Instagram】仕事風景、支援先でのひとコマなど
https://www.instagram.com/com_support_office/

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - その他

コメントを残す

  関連記事

我が集落に今夏は3軒もランチ店が!★選べる楽しさ増えた佐津海水浴場♪

朝晩が涼しいものの、日中の暑さがそろそろ夏本番に近づいてきた豊岡市から、今日もブ …

Instagram初心者向けセミナーで頂く質問ベスト3とは? 〜ハッシュタグを30コ以上付けるとどうなるの? 他〜

昨日、当事務所で初めて「お子様連れOK」のInstagramセミナーをシェアハウ …

「公式アカウントを従業員数人で共有できますか?」〜Instagram初心者講座で頂いた質問について

24日朝から始まった大雪。自宅前は40㎝の積雪。道路は雪で凸凹してて、除雪もすぐ …

キレがち、イライラしがちな方へ! 3/23 アンガーマネジメントセミナーを受講して【備忘録】

昨日、豊岡市商工会議所主催の「アンガーマネジメントセミナー」を聴講してきましたの …

ツバメのふん対策を100均の商品でやってみた!☆ハイツの階段

こんにちは!兵庫県北部の小さな宿と小売店の集客アドバイザー・今井ひろこです。わず …

アトム電器豊岡店さんのDMが今月特にハンパない!

ニューズレターやDMが大好きな私は、いろんな会社のものをコレクションしています。 …

1ヶ月でー2kg以上減量!朝食を変えた+ミネラル&塩を摂るだけ♪

今日から3日間、事務所はお休みして、所用で実家に帰っています。お仕事、メールチェ …

「少子高齢化は行き着くところまで行くと、子供の数は増えてくる?!」地方にとって希望に満ちた法則になるかも!

昨日ブログに書いた、和歌山大学で行われた藻谷浩介先生の講演の続きです。一度聴いた …

ジョハリの窓×ストレングスファインダーで知る「自分の活かし方」とは?

今週末、13日の金曜日(!!)夜と翌日14日(土)の午前中に開催予定のセミナー「 …

2/20−21 南紀熊野観光塾第5期に参加。地域ならではの商品の作り方(1)

2/20〜21の1泊2日で、南紀熊野観光塾第5期(塾生講習)に参加。昨年11月末 …