地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

小学校5年生の課外授業で海辺の漂着物調査を行いました♪

   

今日は主宰するNPOたじま海の学校のお仕事で、私のライフワークでもある「漂着物調査」を地元の児童と一緒に行いました♪

今年は例年に無くゴミがあって、調査にはもってこい!

 

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

5年生がわずか3人・・・だけど頑張りました!

この調査では10m×10mの区画を作り、児童5−10人で人工物を拾い、種類別に分けて個数を数え、重さも量ります。

今日は地元、香美町立佐津小学校の5年生3人で行いました。

3人って・・・!!

今まで7−8年やってますが、一番少ない人数。過疎化が急速に進んでます。

全学年合わせても30名を切っているそうです。

今日は細かいゴミまで拾って頂いて、3人で89個150gのゴミを回収しました♪

数を数えるよりも「なぜこの浜にあるの?」を考えさせる調査です

分類と重さを量るなどの調査をしますが、この作業、実は「なぜ、この浜にあるのかな?」を考えさせるための前振りです。

今回は、漁具や韓国製のヨーグルトドリンクの容器などが打ち上がってましたが、家の中にあるようなペットボトルの蓋やカップうどんのスープ粉末の入れ物も。

よく見ると、プラスチックの燃えかすもあります。

「なぜ、この浜にあるのかな?」

児童に聞いてみると

「キャンプやバーベキューで捨てていった!」

「漁師さんが落とした!」

「韓国の人が海にポイ捨てした!」

海だけ? プラスチックの燃えかすは、川の河川敷で違法にゴミを燃やしてそのままにしてたのね。

「・・・あ! 川に流されて、この浜にやってきたのかな?」

川に繋がっているものを考えると、用水路などもありますね。

自分たちの身近な生活圏と海は近いことを学んで頂きました。

子ども達が自然に触れる機会はウンと少なくなっている・・・事実。

 

特に印象に残ったのは、海まで100mのところに済む女子児童の感想。

「日頃、海に遊びに行くことがないし、佐津の浜はいつもきれいだと思っていたけど、10m×10mの狭い範囲にこれだけのゴミが落ちていたのには驚きました」

「海に遊びに行かない」というところに思わず反応した私でした。

海に近い児童は、漂着物の多さを認識しているものと思っていました。

でも、違ってました。

大人と一緒でないと海に行けないから、大人が無理して連れて行かないと、海辺の環境を感じたり知ったりすることもできなくなっている事実。

山間部の児童に漂着物調査をさせるのも必要だって思ってきましたが、地元の海にすら足を運ばなくなっている児童がいるのなら、海辺の児童にも漂着物調査は必要です。

改めて、身近な自然を感じる機会すら無くなっている、子ども達の置かれた環境について考えさせられた課外授業でした。

(調査の間には、浜辺に触れる時間も作ってます)

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 環境・教育, その他, NPOたじま海の学校, 海辺の漂着物

コメントを残す

  関連記事

南紀熊野観光塾のふりかえり② 〜山田桂一郎先生の講義・「理念と戦略」〜

1/15(月)から不定期に観光カリスマ・山田桂一郎先生が塾長を務める『南紀熊野観 …

ADSLからNTT光通信へ。Macだから悩んだ!猫でも分かる乗り換え法

あれは2ヶ月前のこと。NTT西日本から携帯に電話がかかってくるのですが、知らない …

白山手取川ジオパークで水の旅(3/3)荒忠さんのフグのへしこ

今回、フグのへしこを作って100年以上の荒忠さんの工場を見学させて頂きました。小 …

地方が生き残るには?〜「人口減少時代の地方大学の地域の発展と連携」(於:和歌山大学)を聴いて

昨日は「里山資本主義」「デフレの正体」を執筆された藻谷浩介先生が登壇されるという …

コミュニティーを『再耕築』〜府立北野高校99期同窓会に参加して

昨日は高校時代の同窓会に参加。コミュニティーがまた一つ増えました! こんにちは。 …

7/25(水)斐川町商工会でSNS活用セミナー「SNSをビジネスにどう活かす?」を開催【開催報告】

先週のことですが、7/25に斐川町商工会でSNS活用セミナーを開催しましたので、 …

7/20 海底ビーチクリーン開催しました♪ 〜海でつながるゴミ拾い in 佐津ビーチ〜

今年の夏はよく潜ってます。 今日は3本も潜りましたので、事務所の仕事はお休みにし …

セカンドキャリアを活かすこともジオパークの役割 〜(元)三姉妹船長のガイドに立ち会って〜

3月に入り、バスツアーが増えて、私が主宰するNPOたじま海の学校の観光ガイドチー …

イベントもプレゼンも仕事も一世一代の大事なことはすべて「準備8割」

明日いよいよ、豊岡市の竹野浜海水浴場で、市民やアングラー、ダイバーによるビーチク …

小学生による海辺の漂着物調査を行いました(前半)

昨日、佐津ビーチの漂着物調査を香美町立奥佐津小学校3,4年生12名と一緒に佐津ビ …