地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

【開催報告】プランづくりに悩む宿泊施設オーナー様向けに「宿泊プランづくりセミナー」を4/25、26に開催!

      2018/04/30

先日、宿泊施設の方を対象に、宿泊プランづくりセミナーを豊岡市小田井のコムサポ事務所で開催。どんなことを行っているのか、ブログで報告します。

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

宿の予約はプランタイトル=キャッチコピーが命!

商品を陳列しているだけでは売れませんが、的確なキャッチコピーを付けると売れていきます。宿泊施設の場合は、宿泊プランのタイトルがいわば「商品のキャッチコピー」なので、的確だと予約が進みます。

しかし、但馬の宿泊施設の多くが「ノドグロの舟盛りも付く松葉ガニ2杯プラン」などのように、キャッチコピーでなく、商品規格(スペック)の羅列に留まっているケースが多いです。

これでは、単純に他の宿と値段比較されてしまうだけですので、価格競争に陥りやすいのも事実。

他の宿には無い、宿毎のオリジナリティーや強みを表現できるキャッチコピー=宿泊プランタイトルを作るミニセミナーを閑散期に毎月、コムサポでは行っています。

(毎回いろんな形態の施設が参加!)

実際に、私がコンサルティングした30室ほどの旅館では、食事内容はそのままで、宿泊プランタイトルだけを替えて、人気の無いプランを削除して、お客様に選びやすく整えただけで1,000万円の売上増がありました。

予約を増やすには、お客様が納得できるような、読むだけでイメージが湧き、誰に使って欲しいのかが明確なプランタイトルが決め手になってきています。

グループコンサルの利点=他人のアドバイスが参考になる

宿泊施設向けのミニセミナーの多くはグループコンサルティング方式をとっており、特に宿泊プランタイトルの書き方講座は3施設までとしています。

コムサポートオフィスのセミナーは10室以下の民宿、旅館、ペンション、ゲストハウスの経営者や予約担当者がよく利用されています。

プランタイトルの書き方講座としていますが、実際は、プランを作る上での悩みを解決しながら作っていきますから、むしろ「宿泊施設のお悩み相談室」かなー。

今回のお悩みも

*プランはそれなりに作っているけど、クチコミが悪いのが悩み
*サイクリストのためのプランを作ってみたい(けど、サイクリストに出会わない)
*夏休みの週末も少なくて、平日はほとんど予約が入らないので新しいプランを作りたい
*日中開催のイベントに合わせた宿泊プランを作りたいけど、過去に予約が入ったことが無い
*ガイドツアー付きプランを作りたいけど、どんなタイトルにしたら予約が入るのか分からない

自分の宿や地域に置き換えても、「うちも同じ悩みを持ってる!」となって、自分事と思って一緒にアイデアを出していくことが可能なのが、グループコンサルの強みです。

(毎回書いて頂くワークシート)

意見を出し合っていくうちに「あぁ!これもやってみよう」「切り口を変えてみよう!」といくつかアイデアが育ってきます。自分の宿に合うものから順番にやっていけばいいだけです。

特に今からの悩みは、夏休みのお客様が減っているということ。レジャーの多様化と海水浴人気の低下に追い打ちをかけた「酷暑」に、外へ出かけること自体が減っています。海水浴場が近くでも全く同じ傾向です。

そのためには「海水浴」なり「夏休み」というキーワードでなく、予約する人に「それ、ええやん!」と訴求できるようなキーワードをプランタイトルに付ける必要があります。それを今回はグループセッションで見つけていきました。

実際に参加している施設様の中には

「ここで作ったプランで正直、全然来なかったのもありますけど、めっちゃ予約があったプランなんて、冬の平日、ずっとお客さん(対応)していました(笑)」

3回以上参加している宿泊施設の方は売上が伸びているので、それなりの効果が出ています♪

『宿泊施設向け宿泊プランの書き方セミナー』は5月以降月1−2回開催予定

このセミナーは3施設までのグループセッションです。日程は参加したい方のと講師の私&今井学の予定で決めていきます。

プランづくりに悩んでいる施設様に対して、1回のセッションで1つのプランのみ、タイトルを変えていきます。プラン内容については、書くポイントを時間内にお伝えします。

来月はすでに2施設が参加予定です。日程等、お問い合わせは下記コムサポートオフィスまでお問い合わせ下さい。

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

メールマガジン始めました

ブログには書けない濃いぃ内容を書いています。
2−3日に1通のペースでただ今発信中!
 
 

★SNSもお楽しみ下さい★

【今井ひろこ】

Facebook
https://www.facebook.com/hiroko.imai.matsumoto

Twitter
https://twitter.com/Imai_Hiroko

Instagram
https://www.instagram.com/imaihiroko/

【コムサポートオフィス】

【Facebookページ】セミナー案内等
https://www.facebook.com/コムサポートオフィス-298717267148682/

【Instagram】仕事風景、支援先でのひとコマなど
https://www.instagram.com/com_support_office/

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

 

コムサポメルマガの登録アドレス
https://www.com-support-co.jp/mailmag/acc.cgi?id=152152803350740
The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - その他

コメントを残す

  関連記事

観光ガイドを有償化すべき3つの理由(1/3) ガイドはボランティアでするもの?

表題の講演を昨年から今年にかけて、偶然にも3回ご依頼頂きました。講演スライドの修 …

「少子高齢化は行き着くところまで行くと、子供の数は増えてくる?!」地方にとって希望に満ちた法則になるかも!

昨日ブログに書いた、和歌山大学で行われた藻谷浩介先生の講演の続きです。一度聴いた …

観光ガイドを有償化すべき3つの理由(3/3) 産業としての「観光」に各自治体が本腰を入れ始めた

何度も申し上げていますが、私が観光ガイドガイドを有償化したいという思いの先にはガ …

Twitterが乗っ取られました(涙)#Patternator に要注意!(対策付き)

昨夜、大変なことが。 私の主人から 「君のTwitter、乗っ取られているよ。ア …

チャレンジ!個人事業主の私、夫の扶養から外れました

主人から先日、「キミ、僕の扶養に入っているよね?協会けんぽさんから『扶養継続する …

地方が生き残るには?〜「人口減少時代の地方大学の地域の発展と連携」(於:和歌山大学)を聴いて

昨日は「里山資本主義」「デフレの正体」を執筆された藻谷浩介先生が登壇されるという …

4/12(木) 新入社員対象のプレゼンテーション研修【開催報告】

週末にセミナー開催して、平日も何かとミーティング続きだったため、ブログを書く時間 …

クレジットカードを導入しているだけで選ばれる宿になる!

週末は暑いくらいの天気でしたね。昨日はかすみ松葉がにまつり(旧名:かすみカニ場ま …

お客様が2回目も訪れて下さるよう、店は真剣に考えよう!〜とよおかまちバルから〜

今夜はコムサポ販促塾最終講です。『エクスマの基本と販促を教えます! 〜飲食店及び …

海の中は一期一会★生き物との出会いがサイコー!★佐津ビーチでダイビング

昨日、体験ダイビングのお手伝いに入りました。この夏は2回入っています。そのうち、 …