地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

コウノトリが巣立ち間近~城崎オンパクツアー・戸島湿地

   

先週、城崎オンパクのツアー「この時期なら見れるかも!?幸せの鳥・コウノトリの子育て見学ツアー」に参加してきました。その前の週にコウノトリの郷公園にたまたま行き、コウノトリの人工巣塔にいる雛を500倍の望遠鏡で見せて頂いたのがきっかけです。ツアー参加時は巣立ちギリギリだったのですが、昨日、次々と巣立ちという記事が昨日の神戸新聞に載っていました。

10428507_639112412833171_6944544008885812911_n
6月3日神戸新聞朝刊但馬欄

今回のツアーはコウノトリの保護に取り組むNPOコウノトリ湿地ネット代表の佐竹節夫さんが解説をして下さいました。コウノトリの基本中の基本を学ぶチャンスです。今回のツアー、何がすごいかというと、人工巣塔を4つ回り、雛の成長状況を間近で見学できるんです。もちろんそれは佐竹さんというコウノトリ繁殖のプロが指導して下さるからこそで、それが無ければ近づくことはできません(人間が不用意に近づくと、自身の身を守るため、雛や卵を巣から落としてしまうそうです)。それだけに、今回のツアーは超貴重なツアーでした。

キャプチャ

城崎温泉駅前に集合。時間があったので、駅前の外湯「さとの湯」の足湯で時間つぶし。案外、いいお湯加減。

0006

ツアーは中型の全但バスに乗って、NPOコウノトリ湿地ネットの活動拠点「戸島湿地」へ。戸島湿地は、ハチゴロウという野生のコウノトリが数年いたところでも有名で、今では戸島湿地という人工湿地を設けて、そこでコウノトリや野鳥の観察ができるようにしています。この施設でコウノトリの基本説明を受けました。

0001

コウノトリは2月に交尾し3月に産卵します。産卵も一気にポンでなく、1日に1つしか産みません。その後1日おきに1つずつ産んでいき、3-4個の卵を産むそうです。3つ目くらいになって初めて1,2個目の卵も温めるそう。わずかな成長の違いも均等化しようとするコウノトリの知恵です。巣立ちは産卵から65-70日目だそうで、4月前に産卵したら、6月に巣立ち。まさに今が子育ての最終段階といったところでしょうか。

0008

コウノトリは雄のほうが大きいですが、性別は見た目にはほとんどわからないそうで、雛に足環をつけるときに採取する鳥の羽からとったDNAで判断し、遠くからの観察での性別の判断は、飼育&放鳥個体に付けた足環で区別するのだそうです。コウノトリは肉食。マハゼ、ドジョウなど一日に400-500g。ドジョウに換算して70-80尾を食べます。それが供給できる自然が必要なのですね。

0010

戸島湿地のコウノトリ巣塔では2羽孵化し、観察小屋に設置したカメラを使ってモニター表示されていますから、そばで見ているような鮮明さで雛の様子を見ることができます。もう、見ているだけでかわいい。綿毛いっぱいのぬいぐるみみたい。そばを親が離れずずっといます。「この雛たちの母鳥、実は今年産卵が2回目なんです。最初の産卵個体が全部死んだんです。・・・」この巣塔で何が起こったんでしょうか?! 続きは明日!

0009

参考ページ

<戸島湿地&NPOコウノトリ湿地ネット>

NPOコウノトリ湿地ネット HP
ハチゴロウの戸島湿地がオープンしました! 豊岡市HP
ありがとう、ハチゴロウ セブンイレブンみどりの基金広報誌

<場所>

豊岡市立ハチゴロウの戸島湿地
兵庫県豊岡市城崎町今津1362
(0796)20-8560
9:00-17:00 火休 無料(ワンコイン募金式)
JR城崎温泉駅から徒歩15分、車なら5分

 

【 コウノトリが巣立ち間近~城崎オンパクツアー 戸島湿地 | コウノトリの郷公園ほか 】

illust2712
香美町まち歩きガイド「香美がたり」
香住、今子浦、佐津エリア受付中!
山陰海岸ジオパーク公認ガイドが
深堀りしたまちの魅力をわかりやすくお伝えします!
お問い合わせ・申込はこちらをクリック!
10291825_455700764565169_5111936446927707570_n
illust2712

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コウノトリ, 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

ガイドさんの準備と練習のたまもの~但馬牛ツアー報告(1)

この日曜日、私の主宰するNPOたじま海の学校と山陰海岸ジオパーク小代ファンクラブ …

香美町香住区の桜は、まさに今が見頃!(前半)

但馬は今がちょうど桜の季節。昨日、大阪伊丹から但馬へ飛行機で戻るときに、機中から …

福島正伸先生の人材育成術をガイドの仕事に応用したら大成功!

18日にジオパーク国際大会(APGN)のツアーガイドを行いましたが、今夏から通っ …

但馬牛「田尻号」99.9%秘話~小代を愛した女性のお話

但馬の魅力を歌で紹介している遊月亭いく蔵さん。先日、私の住む香美町の「小代(おじ …

5月から山陰海岸ジオパークガイド養成講座を企画運営! 他講座とひと味違う5つのポイントとは?

今年、ジオパークガイド養成講座を3年ぶりに私がプロデュースすることになりました。 …

ジオパーク国際大会ツアーでのバス添乗ガイド、無事終了しました!<上>

18日(金)に、ジオパーク国際大会でのツアーガイドを行ってきました。今日はその報 …

山陰海岸、世界ジオパーク再認定!

今日はとってもめでたい日です。カナダの世界ジオパーク大会で、山陰海岸ジオパークが …

自由研究で海辺の生き物を調べよう!

昨日のブログでは夏休みの自由研究のネタだけを書きました。その中から、山陰海岸ジオ …

「月刊兵庫教育」7月号にジオパークについて寄稿<2/4>

昨日のブログから4回に渡ってお伝えを予定している、月刊兵庫教育7月号に寄稿したジ …

詳細な審査結果から注目した3つのこと〜山陰海岸ジオパーク『条件付き再認定』第2報から〜

「人間は忘れる生きものです」 3日前の昼ごはん、何を食べたか覚えてないでしょ? …