地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

城崎温泉旅館視察ツアー「ときわ別館」編と、旅館編のまとめ~城崎オンパクでジオってみよう(6)

   

城崎オンパク最後のお宿訪問は、お宿ナビゲーター・原さんの旅館「ときわ別館」温泉寺城崎国際アートセンターとの間にあり、昭和40年代に建てられたそうです。元々は中心部に近いところで営業していたそうですが、マチの喧騒から離れ、ゆったりと旅を楽しめるようにと引っ越したそうです。当時はほとんど周囲に建物が無く、野原が広がっているだけだったとか。今とはエライ違いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お宿ナビゲーター原さんの”ホーム”ときわ別館のご案内

中心街から離れているので、建物も木造3階建てでなく、奥に広い2階建て。年3回、庭師が入るほかに、先代が庭いじりをして維持しているという庭は入口からは想像できないくらい広く、山までちょっと距離もあるので、開放感が良いですね。

O

ここは夕食も朝食も部屋食。庭に面していない部屋を中心に、城崎では珍しく露天風呂付(沸かし湯ですが・・・)の部屋をリフォームして設置。そのおかげで、若いお客様の利用も増え、最近では台湾人など外国人観光客の利用も多いとか。個室利用が基本なので、ファミリー(特に未就学~赤ちゃん連れ)に良いですね。もちろん部屋が1階にもあるので、シニア層にも向いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで初めて露天風呂付きお部屋に遭遇。城崎では珍しいお部屋です。


以上、4軒の旅館を回ってきたわけですが、その中で感じたのは、「城崎温泉」を通じて見えてきた、古い時代から培われた温泉の歴史、宗教、医学、そして現代の観光ツールとしての温泉。日本では、湯治として温泉場へ行き、温泉に感謝し湯を浴びるのが主の目的だったのが、歴史が新しくなるにつれ、温泉が従の目的、付加価値程度になった変遷に気付きました。温泉は奥深かったのです。まさにジオ。

 

10388272_634593826618363_6703845_n

旅行会社の調査では、若い人たちも雰囲気がいいだけの温泉地でなく、突出した泉質や効能などの「強み」がある温泉地に行く傾向があるのだとか。浴衣サービスやカニや但馬牛を食べることができ、外湯巡りができる城崎温泉ですが、それら以上に、ほかの温泉地にない城崎温泉の強みは、多くの文人墨客たちが訪れた宿へ行って感じる古き佳きタイムスリップ感。そして、温泉寺に代表される祈りの文化、この地が歩んだ歴史の素晴らしさ。今の城崎温泉の礎となった震災からの復興。それら城崎温泉の魅力を、地元の人が今回のように語って下さること(旅館のHPに今回語って頂いたオーナーの皆様が載っていないのが残念・・・)。新しいことはいくらでも作ることができますが、古き佳き文化や伝統はお金をどれだけ使っても作り出せません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大谿川(おおたにがわ)の護岸。北但地震の後、昔通りに玄武岩を使って再建。

江戸や明治期に湯治で長期滞在しに来たであろう旅人を迎えた昔の湯治場のように、古き佳きものを大切に残し、旅人がゆるりとした休息のひと時を数日にわたって過ごせる、そんな非日常のロングステイが愉しめるレトロモダンな湯治場になってほしいなぁと思います。

それにしても、

城崎温泉ってめっちゃ・・・ジオじゃん!

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパークの旅, 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

地方で外国人観光客(インバウンド)受け入れが進まない理由(2)

外国人観光客の受入整備を進めるための講演会を聞いて、地元で外国人観光客の受入整備 …

香美町小代のガイドツアーは嵐の中でも大盛り上がり!

一昨日の山陰海岸ジオパークのガイド交流会の午前中は、香美町小代でガイドツアーを開 …

白神山地の本質は種の多様性<上>

あきた白神の食を巡る旅の後半は、腹ごなしのように、白神山地を歩きました。白神山地 …

imaihiroko.comでの検索ワードランキング

4/1からブログを始めて毎日がんばって1000文字以上書いて、100記事を超えま …

かつて北前船が運んだ「石州瓦」を秋田でも発見!

昨日のブログの最後のほうで、 他のジオパークを見学することは、自分のジオパークと …

香住ガニと松葉ガニの食べ比べ&まち歩きツアー開催!

昨日、城崎温泉博覧会(城崎オンパク)のツアーで、カニの食べ比べツアーを開催しまし …

世界遺産とオーバーユース~東北環境教育フォーラムより~

東北環境教育フォーラムのパネルディスカッションでは、地元秋田県や青森県のネイチャ …

ノジュールの意味~日本海新聞連載コラム・三笠ジオパーク編

昨日の日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」三笠ジオパークの続き …

2地域が世界ジオパークに推薦へ!

先日の日本ジオパーク委員会で、来年度に世界ジオパーク加盟を目指す伊豆半島GP(静 …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・南紀熊野ジオパーク<上>

遅くなりましたが、2014年12月27日(土)日本海新聞連載コラム「日本のジオパ …