地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

Facebookページが非公式ページと統合できない?!Web制作会社が仕込んだ「管理者」の罠

   

先日、集客支援をしている宿の女将さんから

「私、Facebookやってみようと思うんですが、どうやって使ったら良いかが分からなくて。」

と相談を受けました。宿のFacebookページはあるし、個人ページもあるのに??

ホームページ管理会社が自社サイトにFacebookページを埋め込む為に作ったのだとか。

これが結構あとで厄介になるって知ってましたか?

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

非公式ページってご存じですか?

自分の店のFacebookページはあるけど、もう一つ同じ屋号のFacebookページが存在すること、ありませんか?

これ、いわゆる「非公式ページ」。

非公式ページというのは、

というように、お客様が「ここの宿はFacebookページが無い」と勘違いして、作って下さるパターンで起こります。

大抵は「とってもヨカッタから友達にも勧めてあげたい!」と善意で作って下さってます。

業者が作ったFacebookページには、宿側が発信したことばかりがあって、お客様からの投稿が殆ど無い。かなり残念な使い方になってしまってる(業者もちゃんとケアしてあげてほしかったなー)。

だけど、非公式ページは、お客様がたくさん良いコメントや写真を載せてくれている。

だから2つを統合して編集して、オーナーとしての使い方を教えれば、お客様にも宿にも優しいFacebookページになります。

ところが・・・管理者の罠が!

ところがですねーーー

業者が作ったFacebookページと非公式ページと、このケースではすぐに統合が出来なかったのです。

「まぢでーーー?!」と画面を見て凍り付いた私。

業者が作ったFacebookページは、宿のオーナー様が「管理者」ではなく、業者が「管理者」として登録されていたからです。

統合など、Facebookページそのものの管理権限は「管理者」しかないため、編集者に登録されている宿の女将さんが「ここを統合したい」という権利が無いのです。

今回は、制作会社との契約は切れていますが、管理者として登録されている人は実在するため、宿の女将さんを管理者に引き上げて頂くだけで、統合可能です。

前回のケースはひどくてね、往生しました。

その管理者がもう退職してしまって、制作会社も足取りがつかめないという事態に。

Facebookにメールを送って事情を説明して、40日後にようやく統合できました。

Facebookページの管理権限は要チェック!

業者にFacebookページを作って頂いた方は大至急、店オーナー様の管理権限を確認して下さい。

それで、自分が「管理者」になっていなかったら、業者に伝えて「管理者」にしてもらってください。管理者2人でもOKです。

業者との契約が切れてからでは遅いですし、もし管理者が行方不明になったら、もっと厄介です。

Facebookページを統合する方法は、公式サイト

また、こちらのサイト

に掲載されています。

未だの方は是非統合して、お客様が使いやすいFacebookページにしてあげてください!

ホームページ制作会社もちゃんとお客様を「管理者」にしてくださいねっ!プンプンっ!

〜〜〜〜〜

当事務所ではFacebook活用方法ももちろんアドバイスしています。

Facebookの使い方が分からないオーナー様が居られましたら、ご相談ください。

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 相談事例, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

地方の販促=アナログ×デジタル その極意とは? 〜コムサポ販促塾健忘録その1

ブログがずいぶん開いてしまいました。先週から何かとイベントや主催セミナー仕事が重 …

「月刊兵庫教育」7月号にジオパークについて寄稿<3/4>

おとつい、昨日と、月刊兵庫教育7月号に寄稿したジオパーク活動についてお話をしてい …

これからの講演会・セミナー予定

昨夜はどんな初夢をご覧になりましたか?起きた時は覚えているものの、すぐに忘れてし …

新聞折込チラシの効果は紙質で決まる?! 9/2集客&販促セミナーより

先日、「集客効果が出る販売促進ツールの選び方」というセミナーを豊岡市商工会のまち …

新年早々ニューズレターがハンパないアトム電器さん

今日からコムサポートオフィスも仕事始め。近所の小田井神社にお参りし、今年の熊手も …

選択肢の多さは、選べないから買えないという「決断疲れ」を生む

「決断疲れ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?昨年秋のニューズウィークWe …

コムサポートオフィスのお仕事総括【宿泊施設サポート編】〜楽天トラベルトップマイスター受賞サポート〜

一般的には昨日が仕事納めですが、当事務所は本日が仕事納め。 年賀状はこれから準備 …

7/6 京丹後市商工会観光業部会にて「お宿の宿泊プランを魅力的に伝える方法」夫婦でセミナー開催! 

先週は表題の京丹後市商工会観光業部会様での講演の他に、宿泊施設のWebページ支援 …

北近畿経済新聞に掲載して頂きました

京都府北部、兵庫県北部を網羅する「北近畿経済新聞」の2015年1月11日号に、コ …

「店の強み」は元看護婦が施術という「安心感」。リンパセラピーでシュッと小顔に。

「今井さん、スタイル良いから〜!」とよく言われるのですが、実は見えないところにド …