地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

2/7 宮崎県の市町村職員等向け地域づくり研修会で講師として登壇

      2018/03/05

2月7日、宮崎県の中山間・地域政策課様からのご依頼で、市町村職員等向け地域づくり研修会で講師として登壇しました。その報告ブログです。

こんにちは。兵庫県北部・豊岡市で小さな宿&店の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

当日の講演の様子

当日は約40名の市町村職員や一般住民の方が参加。この日は私の他、(一社)シーニックバイウェイ支援センターの原さんが登壇され、ジオパークやシーニックバイウェイなど、地域づくりのプラットフォームを地域活性化のためにどう活かしていくかを目的に、研修会が行われました。

宮崎県ってスゴいんですよ。世界農業遺産だけでなく、ユネスコエコパーク、霧島ジオパークなどの地域資源ブランドがあります。さらに県南地域でジオパークを目指しているとのことですが、ブランド取得後の具体的イメージが持てずに、ジオパークになることがゴールとなってしまう懸念があるようで、ジオパークの活用について各地で講演をしている私に白羽の矢が立ったのでした。

私は「地域資源ブランドを活用した地域活性化~ジオパークの事例から学ぶ~」と題して、「山陰海岸ジオパーク」という地域資源ブランドを活用した実際の取り組み、地域の動きなどを紹介。特に、「ブランドを取得したらどんな良いことが起こるのか(起こすのか)」について「ジオパークで地域が元気になる5つのメリット」の中で特に民間事業者の話を中心に、当日はお話ししました。

担当して頂いた職員さんからは「住民さんがどのようにブランドを直接的、間接的に利用しているかを知ることが出来た。また、それをどう自治体がサポートしているかについても知ることができたので、ブランド取得後のイメージが付いたと思います!」とコメント頂きました。

講演を済ませて思ったこと

確かに、自治体が主となって目指す場合、認定がゴールになってしまい、そこから持続させ、発展させていく為の活動イメージが付かないもの。恒久的に行う事業にはよほどで無い限り、まとまった予算が自治体では付かないですし。

自治体職員だけが使うのでは無く、住民や事業者が地域づくりのプラットフォームを自発的に活用することで、売上につながり、税金として環流させ、新たな地域づくりに循環させるシステムができれば、地域は元気になっていきます。

既にブランドを取得している地域やこれからジオパーク等の認定に向けて動き出す地域の参考となれば幸いです。

(当日登壇されたシーニックバイウェイ支援センターの原様と共に)

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★SNSもお楽しみ下さい★

【今井ひろこ】

Facebook
https://www.facebook.com/hiroko.imai.matsumoto

Twitter
https://twitter.com/Imai_Hiroko

Instagram
https://www.instagram.com/imaihiroko/

【コムサポートオフィス】

【Facebookページ】セミナー案内等
https://www.facebook.com/コムサポートオフィス-298717267148682/

【Instagram】仕事風景、支援先でのひとコマなど
https://www.instagram.com/com_support_office/

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - その他

コメントを残す

  関連記事

3/5 山陰海岸&南紀熊野の合同ジオパークガイド交流会を開催♪

昨日はジオパークのお仕事。ジオパークガイド(ジオガイド)交流会の司会進行・企画を …

宿泊施設関係のビジネスカテゴリで民宿、ペンションを選びたいのに「無い!」と困っている方へ 〜Googleマイビジネス〜

今朝、スポットでコンサルティングをした宿泊施設さんから「登録でわからないことがあ …

海辺の漂着物調査で気を付けること☆ジオパークイベントでも言えること

今日は地元の小学校で「小学生のための漂着物調査」の指導でした。これは但馬(兵庫県 …

「理念」とは、思いを言葉で定義化してお客様を幸せにすること。 〜コムサポの理念を言語化してみた!〜

明日から3日間、怒濤のセミナー受講&開催Dayが続きます。明日は新入社員研修でプ …

スタッフの動きも書いたイベント進行表を作ると、スムーズに進んでいくと再認識!

今日はこれから兵庫県庁へ。環境審議会の総合部会があり、委員として参加してきます。 …

商工会、商工会議所、観光協会向けの研修メニュー2018年度版のご案内

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

この時期に芋掘り?!してきました♪

梅雨まっただ中。今週も自然学校(臨海学校)があって、 活動リーダーをするのですが …

小規模な宿泊事業者向けの集客支援がスタート! 費用負担ゼロ!商工会の専門家派遣制度も使えます!

5月に入り、当事務所で開催している「宿泊事業者向け・売上UP6ヶ月集中プログラム …

日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」認定記念シンポジウムを聞いて 〜ジオパークと共通する課題とは?

先日、姫路市で開催された日本遺産認定記念シンポジウムを聴講してきました。会場の雰 …

ジオガイドは読んで欲しい「2038年 南海トラフの巨大地震」(尾池和夫 著)

先日の土佐清水ジオパーク構想での講演会を前に、是非読んでおきたいと思ったのが「2 …