地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・三笠ジオパークの巻

      2014/06/04

城崎オンパクシリーズを今日は中断して、今月の日本海新聞コラム連載「日本のジオパークへ行ってみよう」。北海道の三笠ジオパークです。今月は新聞紙面構成の都合で、第4週目から5週目の土曜に掲載となりました。

10436697_685530338181376_8354840552779643466_n

北海道三笠市といえば道内有数の大型炭鉱・幌内炭鉱や奔別炭鉱などの近代遺構が数多く残っていて、三笠ジオパークの重要なテーマの一つとなっていますが、今月のコラムではあえてアンモナイトにフォーカスしました。

0005

アンモナイトの展示室に入った瞬間、その数と大きさに圧倒。

私は以前にアンモナイト化石を見たことがありましたが、せいぜい直径15センチ程度でした。三笠市立博物館に行ってアンモナイト展示室に入った瞬間、あまりの大きさに圧倒され、「これ、作りものですか?」とついつい聞いてしまったほどでした。アンモナイトといえば、大理石の中で小さいアンモナイトを見つけたりするのが、一時期流行りましたね。そのイメージも覆すほどの立体感と大きさです。オーソドックスな、いわゆるカタツムリみたいな形だけでなく、「これ、○ンコとちゃいますの?」という形のものや、ゴカイのような形まで、ありとあらゆるアンモナイトが三笠の博物館に集結しているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひな壇にもアンモナイトたちが並ぶ

「実は、立体でほぼ当時の形のまま残っているアンモナイトって珍しいんです。日本では、北海道で最もたくさん産出してるんですよ。」と、博物館の学芸員の栗原憲一さん。日本の他の地域では地層の重みに耐えられず潰れてペシャンコなアンモナイトになっているそうです。大理石に入っているものもペシャンコですよね。それだけに、三笠のアンモナイトは世界的にも有名だそうで、ミカサの名が学名に入るものも7種類発見されているくらいです。

0006

石炭のある地層とアンモナイトのある地層を示す栗原さん

どうして北海道のアンモナイトだけ立体で見つかるのか?それには理由があります。北海道のアンモナイトは、生物の死骸の周りが「ノジュール」と呼ばれる炭酸カルシウムのとても硬い成分に覆われて化石になるのではと考えられています。そのため、積み重なる地層の重みや地熱に負けずに、その形のまま残ることができるのだとか。炭酸カルシウムの元になる成分は、海の時代の地層に含まれているようです。海の生き物で石灰質を持つものに、暖かい海で育つサンゴや石灰藻などがありますので、そのような生き物の死骸が、泥や砂と一緒に海中にたまったなごりなのでしょうね・・・。

今回の取材に全面協力して頂いた、博物館学芸員で三笠ジオパーク地質専門員の栗原さんが書かれたWebコラムが文章、図ともにとてもわかりやすいので、アドレスを添付しておきます。ノジュールの生成過程が良くわかります。

「なぜ、アンモナイトは世界中から産出するのか?」【コラムリレー第41回】
http://www.hk-curators.jp/archives/1475

私が今回知った「ノジュール」という言葉ですが、実はこの訳語は日常生活で使っていた言葉だったのです!!それは明日に。

 

illust2712
香美町まち歩きガイド「香美がたり」
香住、今子浦、佐津エリア受付中!
山陰海岸ジオパーク公認ガイドが
深堀りしたまちの魅力をわかりやすくお伝えします!
お問い合わせ・申込はこちらをクリック!
10291825_455700764565169_5111936446927707570_n
illust2712

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパークの旅, 新聞コラム

コメントを残す

  関連記事

ジオパークで観光客を集客できない理由は「ウンチクにこだわり過ぎ」(2/2ページ)

ウンチクはうっとおしいんですよね、大多数のお客様にとって。写真を見て、キャッチコ …

白神山地の本質は種の多様性<下>

昨日のブログの続きです。ブナの木の幹に黒い線が入っているのはなぜ? 1本の木にた …

短命県?!青森県のむつ市でディープな昭和を堪能☆2/13ジオパークセッション下北ジオパーク<5>

連日、青森県むつ市で行われたジオパークフォーラムを含め、むつ市の魅力をお伝えして …

松葉ガニと香住ガニと黄金ガニの食べ比べ講座を開催しました!(後編)

昨日の前編に続き、食事のお話です。今回のツアーで使われたカニのグレードが凄かった …

百聞は一見に如かずってこのこと!平成新山を知っていましたか?

島原半島の旅の続きです。土曜日には、島原半島ジオパークガイドの長谷川さんにガイド …

5/11香美町小代・小長辿(こながたわ)植物観察会

この日は前日の海浜植物の観察に続いて、山間部の植物観察会。昨年は香美町小代の久須 …

海と大地が育むキャベツ-日本のジオパークへ行ってみよう!(日本海新聞連載)

一昨日、月一回掲載している日本海新聞但馬版「日本のジオパークへ行ってみよう!」。 …

ノジュールの意味~日本海新聞連載コラム・三笠ジオパーク編

昨日の日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」三笠ジオパークの続き …

島原半島の「過去」をジオガイドさんと共に巡ってきました

知ってましたか?島原半島は南方向に毎年約1センチのペースで動いているんだそうです …

城崎オンパク・但馬牛見学ツアーの下見に行ってきました!(1)

どうですか?!めっちゃ可愛いでしょ?! 今年の5-6月に生まれた仔牛です。 この …