地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

楽天トラベル限定★クチコミ記入をお客様に促す画期的な方法【宿経営者限定】

   

今日は楽天トラベルのクチコミ記入を促す画期的な方法についてブログでお話ししていきます。

おはようございます。兵庫県北部・豊岡市で宿専門で集客のアドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

関係性重視と言われる今でも「クチコミ」で決める傾向は続く

宿を決める時、楽天トラベルやじゃらんネットなど、宿泊予約サイトで宿を探す判断基準の一つは掲載順位やクチコミ(お客様の声)です。

楽天トラベル

実際、クチコミの点数や★が付いている宿と★が付いていない宿では、クチコミ点数が付いている宿の方が選ばれやすいです。

理由は「点数が付くということは、お客様が来ている宿」と評価するからです。逆にクチコミが書かれていないと「何かあったのか?」「大したことの無い宿」という評価になっているかもしれません。

お客様に書いてもらえるクチコミの点数や内容は今でも重要です!

お客様がクチコミを書き込まなくなった理由

宿泊予約サイトのクチコミは書き込まれなくなっています。理由は次の3つを考えています。

①FacebookなどSNSで感想を書いてしまう。
②長い文章を打ち込むことも面倒。
③帰宅したら感動も記憶も忘れてしまう。

そのため、通常、お客様にお願いする方法としては

*食事の時など接客中に「クチコミ書いて」とお願いする
*帰られてからサンクスメールを送って、そこにクチコミ記入ページのリンクを入れておく
*帰られてからお礼の葉書を送り、クチコミ記入を促す

等を行っています。

私も仲居をしていたとき、お客様に「何を見てここを決めましたか?」と聞いて「クチコミがよかったから」と仰ったら、「そうでしょー!ですからお客様もどこが良かったか、次のお客様のために書いて下さいね♪」とお願いしたものです。(笑)

宿泊予約サイト側もクチコミ記入促進キャンペーンを展開

宿泊予約サイト側もあの手この手で書いてもらおうと頑張っています。

例えば、楽天トラベルは「お客様の声投稿でポイント山分けキャンペーン」をしています。

楽天トラベル

じゃらんネットも「宿泊施設のクチコミを書こう!キャンペーン」を毎月展開しています。

じゃらんネット

これらも宿泊されたお客様に伝えると書いてもらえるかもしれません。

【重要】楽天トラベルのクチコミは宿泊翌日0時から書ける!

じゃらんネット、楽天トラベルも、クチコミが書けるのは60日後までになっていますが、書いてもOKな日がポイントです。

じゃらんネットは宿泊後1日が経過しないと書けませんが、楽天トラベル宿泊日翌日0時から書けます。(→ここ重要!)

そのため、楽天トラベルへのクチコミは0時からチェックアウトまでに書いていただくことが可能です。

朝食時にお茶などをお持ちするときに「書いて下さいね!」と促すことも出来ますし、部屋に「この場でクチコミが書けます!」と書いたPOPを置くこともできます。

朝食後チェックアウトまでの、あの「まったり時間」に書いて頂くのが一番のポイントですよね!

a0001_015437 宿 カップル

私の主人の宿では「お客様の声シート」を置いていますが、楽天トラベルでご予約のお客様のみ、クチコミ記入サイトのQRコードをつけたPOPを置いて記入を促し、書いて頂いた方には何かプレゼントしているようです。

楽天トラベルのクチコミを増やしたい経営者は、是非、参考にして下さいね!

 

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 宿泊施設の支援, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

”予約が増える”宿泊施設のホームページの特徴は?【ホームページ製作実例】

昨夜から近畿地方北部は、みぞれや雪が舞って、本当に冬がやってきました。雪が降るの …

小規模宿泊施設で集客できるブログを書く方法2~書き続けることの価値

ブログについてのお話を昨日より続けます。まず最初にお断りしておきますが、ブログを …

自店でも応用可能!ガチャめし企画の5つポイントとは? 〜集客アドバイザーからみた気づき〜

昨日は「ガチャめし」の体験談をお伝えしました。舞鶴道西紀サービスエリア(SA)下 …

乗り遅れてませんか?但馬はSNSの活用に積極的!★但馬信金「情報収集&発信アンケート」より

お盆ウィークが終わったと思ったら、不安定な天候が続きますね。しばらく雨も少なかっ …

じゃらんネットの販促サポートパック、効果は果たして・・・?!

今月頭まで半袖ポロシャツ1枚で平気だったのに、昨日からオイルヒーターと膝掛けを出 …

信州のペンションで今井ひろこが行った集客アドバイスの内容とは? 

昨日まで、長野県の霧ヶ峰・白樺湖周辺のペンションで集客コンサルティングを行ってい …

クレームの多い脱衣場の髪の毛☆宿のお風呂のクチコミ対策

今週は宿のお風呂に関するクチコミについてお伝えしていますが、今日は「脱衣場の髪の …

今夏、民宿やペンションに逆風が?! 〜オートキャンプ白書から見えてきたこと〜

私のいる但馬地方は、夏休みと同時に花火大会のオンパレード。 民宿を営む私の主人も …

異業種の成功例を自分の事業で試してみよう、独自化できるから!

今朝はさわやかな青空が広がっていました。昨朝の雨で空のチリがすっかり消えて青色が …

宿泊客が少ないと嘆く暇があるのなら、既存客にお手紙を出そう!

この週末も宿泊のお客様が少ないですよね〜、もう香住は香住がに(=ベニズワイガニ) …