地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

自宿のおもてなしをお客様目線で確認したこと、ありますか?

      2017/01/16

今日は『お客様へのおもてなし』を真剣に考えたい宿泊施設の方向けに、実際に自宿にお客様と同じように泊まってみようという話です。

兵庫県北部・豊岡市で宿専門で集客のアドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

お客様のウォンツを叶える「長靴レンタル」:湯村温泉・朝野家

私も大好きな宿・湯村温泉の朝野家さんが、今日のFacebookで長靴についての投稿をなさっていました。

ここで大切なことは、朝野社長が

湯村への交通の90%は車と観光バスで、玄関まで到着されるわけですから、ほとんどの方が皮靴でお越しになられます。冬の湯村の長靴(但馬ブーツ)は必需品で、荒湯や散策に利用していただいています。

「やゃ~なつかしぃ!」「初めて履くわぁ~」などの声をよく聞きます。都会では使用する機会のなくなり、目に触れる機会も少なくなりましたね。

と仰っていること。バスや列車で都会から来るお客様はその殆どが革靴で、雪の多い但馬山間部、雪道は革靴で歩けません。

都会では子供ならば長靴は持っているでしょうけど、大人はまず持っていません。お客様の「荒湯まで雪道を歩いてみたい」というウォンツを叶える、このシステムはとても素晴らしいです。

民宿でこのようなサービスをしている宿は、私は聞いたことがありません。

私の苦情から、全て「低反発枕」に変えた主人

私もダイビングスタッフとして、主人の宿に何度か宿泊したことがあります。大抵、寝付けないんです。

その原因は「枕」。

makura

民宿や旅館の枕は硬くて高いそば殻枕が多く、主人の宿もそば殻でした。寝返りをうつ度にガサガサうるさいし、めっちゃ高いので、肩や首が凝ってすぐに目が覚めます。

nebusoku

そういう場合は、座布団を半分に折って、タオルを敷いて枕代わりにします。完全には寝付けませんが、高さが際立つそば殻枕よりはマシでした。

その苦情を主人に伝えたら

「そういえば、お客様のクチコミにも何度も書かれてたなぁ・・・いっそのこと代えてみようか?」

と、全ての枕を低反発枕に代えました。その結果、寝具に関するクチコミも一気に減りました。

実際、枕以外にも次々と代えていきました。冬は外気温も寒いので、暖房はエアコンにホットカーペットですし、布団はホットカーペットの上に敷き布団、掛け布団は羽毛布団の2枚重ねだから、布団に入ってもホカホカです。

羽毛布団

そのお陰で、寝具に対するコメントが上々です♪ 例えば・・・

1213d

民宿かどや「お客様の声」ブログより転載

というように、クチコミに布団のことを述べて下さる方も多くなりました。

自分が自宿に旅行客として泊まってみよう!

クチコミの点数が良くない宿や人気の無い宿が、心を入れ替え、お客様で真の意味でおもてなしをしたいと思ったら。。。

自宿で何が足りないのかは、経営者やスタッフが自分の宿に「旅行者」として泊まってみるとすぐに分かります。

私の主人は自宿の料理をちゃんと食べたことが無かったのですが、宴会等で宿泊プランの料理を食べる機会があり、その時に

「これは多すぎて食べられへん!(涙)」って。

manpuku_kurushii

それまでも、妻である私が何度か食べる機会があり、その度に「量が多すぎる」と言っても聞く耳を持ちませんでした。しかし、主人自らが食べて量が多いと分かると、その日以降、料理の品数や分量を少し減らしました。

自分の宿に一泊してみる、メニューを食べてみる、そういう経験が無い経営者が意外に多いと思います。もしそうであれば、いくらクチコミで苦情を書かれても、お客様が真に伝えたいことは分からないのでは無いでしょうか?

「おもてなし」と難しく考えなくていいんです。お客様が嬉しいと思うことをするだけでいいんです。まずは部屋のおもてなし度を上げるように、お客様と同じ装い&準備をして泊まり、不都合があればそこを修正していくようにしましょう!

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

「まさかここまで!」2人用でも『舟盛り』は旅の幸せ度を盛り上げる!

サクラの写真がSNS上でたくさん飛び交って、春本番といったところ。主人も宿のSN …

宿泊施設の集客アドバイス~デジテル的改善方法(ネット予約プランの見直し)

昨日に続いて今度はデジタルな集客の支援についてお話します。デジタルな集客とはズバ …

小規模宿泊施設で集客できるブログを書く方法2~書き続けることの価値

ブログについてのお話を昨日より続けます。まず最初にお断りしておきますが、ブログを …

なぜ私が宿泊業の集客アドバイスができるのか?~宿泊プランを作ってみた!

昨日の続きです。私は結婚と同時に宿の接客係を2年間経験し、その後、昼は町ジオパー …

宿泊施設に特化した「お客様の声」活用セミナー開催しました!(前編)

一昨日に続き、昨日は神鍋観光協会女性部の研修会の講師をさせて頂きました。題して『 …

宿泊施設はクレジットカード払いを積極的に受けましょう

昨日まで、3泊4日で信州から北陸へ夫婦で旅行に出ていました。今回は知人友人の宿へ …

宿屋の皆様、冬、春休み、GWプランはもうすでに販売していますか〜?

私の主人は宿屋をやっているので、私も興味本位で周辺のお宿のプラン内容やプランのキ …

10/26 越前町で宿泊施設向けクチコミ活用講座を開催!

昨日のブログで開催場所を越前市と書き間違えていたようで、早速「間違えてますよー! …

宿プランの作り方〜プランを絞って来て欲しいお客様を明確に

昨日から鳥取県の旅館で販促支援を行っています。鳥取県は鹿野温泉やはわい温泉、三朝 …

専門家派遣支援、コムサポコンサルと定期顧問契約の違い

今日は10時から名探偵コナンとスイカで有名な鳥取県北栄町の商工会でニュースレター …