地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

お客様に伝えるカニの数え方は、匹、尾、杯、枚?

      2016/10/03

土曜日に落語を見に行ったのですが、その前に「但馬産業フェア」へ。久しぶりにお会いした方も!30分くらいしか居れませんでしたが、情報交換も出来て、とってもヨカッタです。こういうフェアには時間が限られてても行くべきだと思いました。

但馬産業フェア

こんにちは。兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます。

宿泊プランにカニの量を書くときの数ってどう表すの?

昨日のブログで、カニ宿のプラン内容に匹数が書いていない件についてお話ししました。でもいざ書こうとすると、宿の宿泊プランに蟹の量を書くときに悩むのが、かにの数え方。実は匹、尾、杯、枚の4通りあるんです。どれを使うかは死活問題。お客様がどの言葉で検索するかで、自宿が選ばれる率も変わってきます。

カニ

さて、皆さんならどう数えますか?

ネットで調べてみた!

楽天市場のカニランキングでは、尾、杯、匹、枚が混在・・・。

カニランキング

大阪の料理屋・大和屋本店さんは「匹」で書いてはる。

大和屋本店

本で調べてみた!

私がここ1ヶ月ずっとTwitterで「言葉の使い方の正誤」を連載している「記者ハンドブック」。新聞記者が文字の使い方に悩むときに使う共同通信社発行の本です。

これによると・・・

【助数詞適用の基準】
2 動物
匹・羽・頭

動物は「匹」で数えるのを原則とする。但し鳥類は「羽」で数え、大型の獣類は「頭」で数えることもある。同一記事中、成獣と子どもで使い分けない。魚類を数える「尾、本」はなるべく使わない。(中略) 助数詞の選択に迷う場合、また助数詞が異なる動物を一括して数える場合は「匹」を使う。

と書いていますので、新聞紙面では「匹」なんですね。

だけど・・・私の主人の宿では「杯」を使います。自社サイトを見ると、思いっきり「杯」です。

かどや かに

漁師言葉ですし、カニをよく現地で食べる常連様が使う言葉のような・・・?

デジタル大辞典を見ると、

はい【杯/×盃】

[名]酒を入れて飲む器。さかずき。「―を重ねる」「―を挙げて健康を祝す」
[接尾]助数詞。撥音のあとでは「ばい」、促音のあとでは「ぱい」となる。
1 器に入れた液体、茶碗に盛った飯などを数えるのに用いる。「一ぱいの水」「御飯を三ばい食べる」
2 たこ・いか・あわびなどを数えるのに用いる。
3 船を数えるのに用いる。隻 (せき) 。

と書いています。カニは書いていないけど、意味からどうやら、甲殻類の数え方が「杯」のようですね!

甲殻類は「杯」で数えるのは何故?

これについて書かれた本「数え方の辞典」はインターネットサイト「JapanKnowledge」で読めました♪

第1回 なぜイカやカニは「1杯(ぱい)」と数える?
http://japanknowledge.com/articles/kze/column_kaz_01.html

そこを要約すると、

「杯」は胴の部分が丸く、中に水などを注ぎ込めるような甕(かめ)型の容器を表し、それがイカ徳利やイカめしで使う形に似ているので、イカを数える際に「杯(ぱい)」と数えるようになった。カニも甲羅がポッコリ丸い容器みたいに見えるので、同じく「杯」が使われるように。実はアワビも同様の理由で「杯」を使う。

てっきり、漁師言葉=方言だと思っていましたので、これは驚きでした!早速、ジオパークガイドの時にも使いたいと思います。

以上のことから、カニを頻繁に食べに来ない初心者の方には「匹」で、カニをよく食べに来るツウなお客様に対しては「杯」を使うのがベストですね♪

 

★セミナーのご案内★

<但馬でエクスマを学びたい方向け>
10/20(木・夜)
『エクスマの基本と販促を教えます! 〜飲食店及び宿経営を例に〜』

コムサポ販促塾最終講義:講師は主人の今井学です。

コムサポ販促塾今井学

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

じゃらんネット販促パック<番外編>評価・評判・費用対効果は?

今朝は梅雨の合間の晴れ。清々しい朝を迎えました〜!月曜日だもん、元気に一週間をス …

「どのように行動して欲しいのか」の考え方が欠けているパンフレットが多い

昨日、販促物(パンフレットやチラシ)を作る際の土台ということで、最初に考えておい …

6/6(火)エクスマ実践者・酒屋の”四代目”スギちゃんが豊岡で講演します!

昨日、新温泉町湯村温泉で開催されたエクスマセミナーに参加。エクスマ(エクスペリエ …

自由研究を旅行先で!海辺の生き物の自由研究のサポートをしました

12日ぶりに休日をとった先週、主人の経営する民宿かどやの宿泊プランのひとつ「親子 …

ホームページの改訂で結果が出るまで2年、コツコツ合わせ技でも最短1年。

先日、ホームページを改訂して集客を伸ばしたい旅館さんの販促支援に行かせて頂きまし …

楽天トラベルカスタマイズページは総合的に売上が上がる!

昨日のブログの続きです。昨日、楽天トラベルカスタマイズページを作ると、なぜか、じ …

黒川温泉では地域共創で世代交代! 観光振興セミナー2015大阪・聴講記<3>

昨日の続き、じゃらんリサーチセンター主催の観光振興セミナーでの三田愛研究員の研究 …

ジオパークを活用して宿のコンサルティング!

今日はコンサルティング業をスタートしてから、初の「ジオパークを活用した」宿のプラ …

明日から2016年後半戦スタート!☆折り返し地点で何を思う?

昨日、自宅近所を車で走っていたら、 地元・香美町の花であるユウスゲが咲いていまし …

手軽に活イカを食べる贅沢ランチとは?☆山口県萩市須佐

昨日は、山口県萩市須佐地区の旅館で出して頂いた、須佐の海の幸会席を賞味致しまして …