地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

「予約が入らない」のと「ターゲットを間違っている」とは違う

      2016/07/17

こんばんは!今日はコムサポスタッフ・ミナミちゃんの飲食店『Cafe&Bar MINAMI』の本オープンの日。それを前に、お店が入るペンション・ドリームインとリップさんの庭を職人さんと共にキレイにしました。寒い位の雨空でよかった・・・!

兵庫県北部・豊岡市で宿の集客アドバイザー時々観光ガイドの今井ひろこです。当ブログへお越し頂きありがとうございます。

ターゲットが間違ってるーー?

先日、とある宿の方から

「この夏、予約がほとんど入らなくて困ってるんですが、
ターゲットを間違えていたんでしょうか?」

落ち込む女性 gatag-00013271

という質問を頂きました。

こういう人に来て欲しい、というターゲット。

*一流企業のある程度役職についた方で、もうすぐ退職する60代のアクティブシニアに来て欲しい。

*未婚でバリバリ仕事をしているキャリアウーマン

*億ションに住んで悠々自適に暮らす40代ディンクス

*一人息子を有名私立幼稚園に行かせる教育熱心な30代夫婦

などなど、自分の宿にはこういうお客様に来て欲しいという顧客層がありますよね。

ターゲットが間違いだと早急に結論づけるのは危険!

実は、ターゲットが間違っていたという判断を早急に結論づけるのは危険です。

特に今年の夏は7/11の参議院議員選挙や、九州ふっこう割も販売され、私の主人の宿でさえ、出足は鈍いです。

スクリーンショット 2016-07-15 19.56.18

特に、梅雨明けが発表されていませんので、今はお客様の旅行へ行こうマインドがダダ下がりなのです。晴れて青空が出て暑くなってから「旅行へいこう!」となります。

では、なぜ、ターゲットが間違っていると早急に判断するのが危険なのでしょうか?

お客様が来ない、という場合、来て欲しいターゲットに思いが届いていないだけなんです。

「ターゲットに届いていない」という言葉を分かりやすく言うと

あなたのお宿が知られていないということ。

ターゲットを間違えている、では無いのです。

まずは自宿が来て欲しいお客様はどこにいるのか、どうやって自宿の情報にたどり着くのかを調べましょう。

その場合、ターゲット層となるお客様が興味を見る広告を打つことも必要です。宿泊予約サイトでも「ファミリー旅行特集」「カップル特集」「女子旅特集」があるので広告を打つことも考えたいですね。

カップルプラン

じゃらんnetの特集はバラエティ豊か!

ターゲットに届いていないのは2つのパターン!

狙っているターゲットに届いていないというのは、

1)そもそも、存在を知られていない

2)Webサイトがターゲット層に響かない

この2パターンです。

1)は先ほど説明しました。

2)は、ターゲットに情報は届いているのですが、心に響かないのでWebサイトを見ても離脱するケースです。

今や写真とキャッチコピーもさることながら、Webの構成も大事なポイントです。宿の主人が撮った素人スマホ写真を使い、ホームページは友達に安く作ってもらった・・・というケースを数多く見てきました。

これからは写真が大事になってきます。写真を1秒見てお客様は自分好みの宿かどうかを判断します。文字ファーストではありません。気に入ったら次はキャッチコピーや中の文章をじっくりと見て、自分の好みに合っているかどうかを判断します。

高級志向のお客様に来て頂きたいのなら、Webサイトはケチらないこと。料理重視のお客様に来て頂きたいのなら、シズル感の出る写真をプロに撮って頂くこと。本気で集客したいのなら、結果の出ているプロのWebデザイン会社にお願いすることです。

gallery_img11楽天トラベルEXPO2016

湯気も写り、焼いている感じも出る。
これがシズル感。

ちなみに、
宿施設自体がターゲットの好みに合っていないのかどうかは、お客様が泊まってからクレームや悪いクチコミを書くか、二度と泊まりに来ないというアクションがあって初めてわかることです。

予約が入らない≠宿がターゲットに合っていない

とは限りません。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

WEBサイトに顔写真を出すことは必須、更に○○もアピールしよう!!

昨日まで続いたじゃらんネット集客シリーズ、いかがでしたか?じゃらんネットやヤフー …

SNSの登場で宿の看板は「思い出して頂く」最強アイテムに。〜宿泊施設の持続化補助金申請〜

昨日、4000文字近いジオパークのブログを書いたので、今日は柔らかめの宿販促ブロ …

宿泊施設に特化した「お客様の声」活用セミナー開催しました!(前編)

一昨日に続き、昨日は神鍋観光協会女性部の研修会の講師をさせて頂きました。題して『 …

「安くするとかさぁ、誠意ないの?!」★宿のクレーマーには毅然とした対応を!

今日も晴れて暑くなりそう。海水浴客も増えて、佐津海岸賑わってました。私は今日明日 …

「売れる売り方」とは、価値を伝え、必要とする人に響くこと

昨夜は町内の方に頂いた鹿肉を調理して、頂きもののシャンパンと共にローストで頂きま …

【快挙】豊岡市竹野の湯やど「海の音」様が楽天トラベルマイスター・トップマイスター賞を受賞!

久しぶりにブログを書く時間と心の余裕ができました。 本日は午前中、豊岡市内の旅館 …

今夏、個人旅行が激減?! 宿の平日対策は業界常識を見直すことから始めよう!

この週末2日間とも、コワーキングスペース「FLAP TOYOOKA」でお仕事して …

楽天トラベル集客で気づいたじゃらんネットの売上アップ3つの秘策(1)

昨日まで、楽天トラベルのカスタマイズページは「自社の強み」を引き出して制作すると …

「安くしないとお客様は喜ばない」は店側の思い込み!

今朝は箱根駅伝が行われていますが、ジオパーク好きな私は、NHKのブラタモリ再放送 …

カメムシ、何とかしたい!☆宿のクチコミUP大作戦

今日は久しぶりに宿のクチコミについて、田舎の宿に特有の「カメムシ」についてお話し …