地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

3連休でもお客様が少ない事態に関わらずワクワクな主人

   

私の主人が、近くの稼働してなかったペンションの一角を借りて、カフェとバーを今夏限定で行ってみようと、女性スタッフとペンションオーナーと一緒に開店したCafe&Bar MINAMI

夏の3連休にOPENしたのですが、前週のプレオープンとは異なり、満員になることも無く、空席が目立ちます。(宿のほうはお陰様で週末は満室、それ以外も毎日お客様の予約が入っています。)

15cお庭の剪定はギリギリに完了!
(主人のTwitterから拝借)

存在を知られていなければ存在しないのと同じ

店の告知はSNS、主人のブログと集落内の宿40軒に主人が手渡しで掲示してとお願いして回ったチラシのみ。広告は今月末に出るミニコミ誌に載る予定です。

お酒も自分の好みのものを厳選して、焼酎や日本酒を置いています。いま流行の炭酸水は、イタリア産の超硬度水・サンペレグリノ(便秘の人は助かるかも)。珈琲も知り合いの珈琲店で焙煎度合いを吟味してお願いしている特別バージョン。

自慢の日本酒珍しいお酒も置いていますが・・・

しかし。

こだわりのもの、良質なものを置いていても、お客様は来ない・・・。

そうなんです。どれだけ良いものを揃えていても、世の中の方に店の存在が知られていなければ、存在しないのと同じです。

開店するときは、開店の半年前くらいから、店の存在をあらゆるチャネルで伝える事が経営者やスタッフの務めです。私の暮らす但馬では、飲食店が新規開店したら2ヶ月ほどは「新もん好きのお客様」でごった返します。しかし3ヶ月ほど経つと客足は一気に収束するのです。それが今回は全く無いので、新もんの存在自体も知られていないのでしょう。

PRしているのに、ということであれば、まだまだ経営者やスタッフの熱意=本気度が周囲に伝わっていないのかもしれません。人は本気になってこそ、思いが相手に伝わります。あらゆる問題は前向きに考え行動する以外に解決方法がありません。

一つでも手を打つ。できるまで打つ! 人は2,3個手段を試しただけで「もうあかん」と諦めてしまいがちです。諦めたらそこが終わりです。諦めさせる自分の弱いマインドにつまずかずに続けること。コツコツとね、これが1mmでも前に進む手段なのだから。

関係者が来てくれるって事がスゴいこと

今のところ、本当の一見さんは誰も来ていません。地元の方、私や主人、女性スタッフ・ミナミちゃんの関係者やSNSを見たという方以外、来ていないのです。

「友達や知り合いの店が開店したって言っても、すぐには来ないでしょ?なのにこんなに来ているのがスゴいですよね!」

と、共通の知人、バルーンパフォーマーのつよっさんがしみじみ言っていました。Twitterを見ていますよーと遠方から来て下さった方も居られますし、すでに何度も来てくださった方も居られます。とってもとってもありがたいです。

自分の店の存在が一般に周知できてないうちは、友達や知り合いにSNSやいろんなチャネルを使って来てもらって、知り合いからの紹介で他のお客様に来て頂くことがお客様を増やすきっかけに繋がります。

店主が「来て来て〜!」とPRするのではなく、お客様にSNSなどで紹介して頂く。これが本当のクチコミです。しかし、この循環を起こすには、まずは店主自らがどんなコンセプトで店を開店したのか、今日は開店しているのか、日替わりランチは何なのか?ということまで、経営者やスタッフが頻繁にSNSで流すことです。

スマホを扱う女性

頻繁に流す理由は「どれだけ品質が良くても、どれだけ顧客満足度が高くても、お客様は店そのものを忘れてしまってリピートしないから」です。思い出させる工夫が必要なのです。それに気づいていない経営者が但馬になんと多いこと!といつも思うのです。

ピンチをチャンスに、「出番」に変える

開店日はバーからのスタートで大雨が降っててお客様0人、そして日に日にちょっとずつお客様が増えてきました。それでも当初予想よりは遙かに低い出足です。

それでも主人は「出足が0人っとしたら、あとは増えるしか無いから、希望に満ちあふれているよ!」と笑顔で言ってます。そう意識づけることで、何でも前向きに取り組むことができるのでしょう。

主人曰く

「少ない分、お客様がどんな動線で来たのかを全て把握でき、どんなお客様にPRしていけばよいのかが日々わかってきたので、それに応じて日々打ち手を考えている。」

とのこと。

POPやチラシを工夫したりして、新たな挑戦をワクワクしながら楽しんでいるようです。

カフェバーチラシ集落内全てのお宿さんに
手渡しで配ったチラシ

誰々さんが何も発信しない、誰々さんがこうしてくれない、と嘆くより、自分がどうするか、自分に足りないものを見つけてどう行動していくのか。全ての原因を自分に置き換え、他の人の行動を嘆く前に自分にできることを行う。このことを「チャンス」=「出番」と言っています。

他人や環境などの要因へベクトルを指しがちですが、それを自分に向け、試されていると思って「出番」に変える。これしか、困難な状況に立ち向かい、壁を乗り越える方策はありません。

ここからどう挽回して、夏の最終日に「秋以降も続けたい」と思えるか? 彼らとは少し離れた立ち位置で見ている私は、これから起こるであろう化学変化がとても楽しみです。

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

宿の閑散期対策ってどうする?

いま、明日のコムサポ販促塾の準備中。参加者の方ひとり一人に手書きのお手紙を書いた …

大阪も神戸もタラバガニがズワイガニより認知度が高い?!

今日は福井県越前町で宿泊施設向けにクチコミ活用講座を開催し、今しがた、豊岡の事務 …

宿泊プランは選択肢があるほど「決断疲れ」で予約率が下がる

昨日のブログの続きです。 昨日のブログはこちら↓↓↓ 選択肢の多さは、選べないか …

先に答えを決めておく 〜福島正伸先生のセミナーから

先日から受講を始めた、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」でのお話の中 …

じゃらんネットの販促サポートパック、効果は果たして・・・?!

今月頭まで半袖ポロシャツ1枚で平気だったのに、昨日からオイルヒーターと膝掛けを出 …

商工会のアンケート調査結果を見て驚いた、カードが使える店は半分以下?!

少し前に香美町商工会から主人宛に「外国人観光客受け入れ状況に関するアンケート 調 …

閑散期こそ大事なのは「掃除」〜 (株)川六の宝田圭一社長の話を聴いて〜

今日はこれから岡山の旅館へ夫婦で参ります。 ・・・と聞くと、旅行だと思うでしょ? …

今年のふりかえり★宿や小売店のホームページ製作

本格的に事業を始めた今年、お仕事で大きなウエイトを占めたのが、ホームページ製作で …

カニ宿の宿泊プランはどのプランを基本プランとするか?〜宿泊プランの作り方〜

今日が私の誕生日ということをFacebookのタイムラインで今朝になって思い出し …

今すぐ宿泊予約を増やすためにオフシーズンにしたい3つのこと

桜も終わり、新緑がまぶしい季節になりましたね。山陰では冬が観光のオンシーズンのた …