地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

なるべく安価にインバウンドにPRするには?☆但馬地域インバウンドセミナー<2>

      2016/03/21

昨日のブログに続いて、今日もインバウンドセミナーのお話の続きを。今日の話は、インバウンドのお客様の旅行手配を行っている会社の方、そして、インバウンドの宿泊予約サイト・エクスペディアの方のお話をまとめます。

欧州人が日本へ来る目的は「ハネムーン」?!

(株)ジェイリンクス・金馬さんの会社は、海外からの旅行手配を行う会社で、海外の旅行博覧会(観光見本市)でも出展をしているそうです。

金馬さん  スペインの旅行博は世界的に大きい博覧会で、中国や台湾などの東南アジアの旅行会社や政府機関がたくさんブースを出している中、日本ブースが東南アジアエリアでは最も人気。欧州人に聞いた「日本へ旅行した目的」はハネムーン。「何故日本?」なのかというと、周りの人からのクチコミで日本へ行こうと思った人が回答者の7〜8割に及びます。

日本でどういうハネムーンを過ごしたいか?と聞いたところ、「初めて行くから、有名どころを回りたい。でも、文化体験、自然、そして本当の日本を体験できるところへも、1-3日程度は行ってみたい。」とのこと(欧州人は一度日本へ行くと、12-15日間は滞在する。)みんなが行ったことの無い場所に行って自慢したいと考えています。

近々、スペインからも日本への直行便が就航すると、ハネムーン需要が伸びてくると思われます。欧州からの海外旅行客を取り込むには、ゴールデンルートから逸れて1泊2日、2泊3日で楽しめる過ごし方、日本人の暮らしが見れる、体験できる提案が必要。大阪京都から日帰りにさせず、現地で1泊させるには、泊まる必要があるほど面白いものが集まっているのかがポイントになります。

Wi-Fi環境整備は必須。Wi-Fiがあれば地図を見ながら目的地へ行くので迷子にならないけれども、それが無ければ言葉も通じないのでとても不安になる。また、自転車など移動手段が無ければ何もできないという悩みも抱えています。

インバウンド(特に欧米系)が旅行中に日本の情報を得るクチコミサイトは、トリップアドバイザーとYelpの2つで、Yelpはこれから伸びてくるので米国人に来て欲しいのであれば、活用して欲しいと金馬さんは仰っていました。

トリップアドバイザー

世界45カ国28言語(日本語もある)で展開し、月間3億人が利用。掲載されている観光施設は有名どころでなくてもよく、個人のマンションで日本料理教室をしているというのも掲載OKで、この教室はインバウンドにとても人気がある。

トリップアドバイザー

宿だけではなく、飲食店も多数掲載されている。例えば、道頓堀の外れた場所にある、外国人が殆ど来ていなかった店でも、2年前にトリップアドバイザーに載せたら外国人が来るようになった。最初にこれやろうといったバイトの女の子は英語ができ、バイトの話などを日々SNSで英語で発信したお陰で、外国人のお客様が増えてきた。英語が話せるスタッフがいる、英語のメニューがある等、外国人の対応が出来るとお客様がSNS等で発信すると、安心して更に外国人のお客様が増えるという良い循環になっている。

Yelp(イェルプ)

アメリカではiPhoneのアプリで標準についているくらい、有名な情報アプリでコアなファンが多い。宿やお店だけでなく、イベント情報も載っているのが特徴。日本語のサイトもある。

yelp

日本でいうと、食べログやぐるなびに近い。日本では知名度が低いけれど、活用を考えた方が良い。但馬の情報は現在皆無なので、今がチャンス!

なるべく安価にインバウンドにPRするには

★留学生が多い大学、専門学校、日本語学校にポスターやチラシを置く

Life in Kansai」という留学生に人気の英語フリーマガジンは月3000-5000円で広告が打てる。関西には3万人以上留学生がいるが、週末に旅行する留学生が多い。アジアからの留学生が多く、留学生の元に親や家族、親族が年に何回か泊まりに来る。そういう人たちは日本へのヘビーリピーターで、良い情報をほしがっている。

日本政府観光局(JNTO)パンフレット配布サービス

JNTOの会員(年会費30万円)に限るが、5kgまで無料で、国際見本市の日本ブースや海外事務所などでパンフレットを配布するサービスがある。

★地域の人が自ら英語で発信

スマホで情報発信すること。「誰々と飲んでます」「誰々さんが大将です!」という情報でOK!地域全体の魅力がアップすれば、そこが新たな観光名所となる。場所よりも人に会いたいというインバウンドが多い。

******

私の主人も海外情報に詳しい知人から宿の情報をyelpに載せた方が良いよーって言われたそうで、その場でビジネス登録を行ったそうです。その知人が泊まりに来て下さったときに宿のレビューを載せて下さいました。

Yelpかどや

トリップアドバイザーもyelpも基本的に泊まらなくてもレビューを上げることができます。だからこそ、利用する旅行者側はクチコミの信頼度のチェックが必要です。yelpはレビューを書く人に記載回数に応じてランク付けをしているので、悪意のある書き込みかどうかがある程度わかるようになっています。

yelpのお店登録等はこちらのサイトが詳しいので、リンク先をご覧下さい。

Yelp – 世界最大級口コミサイトが日本に上陸したので早速ビジネスオーナー登録してみた

今はFacebookやTwitter、食べログにぐるなびがまだまだ全盛ですが、移り変わりが早いのもSNS情報網の特徴です。情報の入り口は、たくさんあるに越したことがありません。無料でできるものであれば、すぐに情報を載せておきたいですね!

インバウンドセミナー

知られていない=存在していないのと同じ

 

但馬地域インバウンドセミナー聴講記

 |  |  |  |

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

良いクチコミは利益を生み、
お客様も引き寄せます!

宿泊施設向けクチコミ活用術
iPhone&DVD販売中!

クチコミDVD

 

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 外国人観光客(インバウンド)

コメントを残す

  関連記事

外国人を魅了し続ける「地獄谷野猿公苑」に学ぶこと

昨日の続きになりますが、信州・湯田中温泉が外国人のあこがれの場所になっているのは …

地方で外国人観光客(インバウンド)受け入れが進まない理由(1)

先日、香美町商工会でインバウンド受入の環境整備に関するセミナーが開催されました。 …

会話は指さし帳や翻訳アプリで出来る程度でOK!☆但馬地域インバウンドセミナー<3/終>

一昨日、昨日と但馬地域インバウンドセミナーの聴講録を書いていますが、今日は最終回 …

「インバウンド」の伸び率に注目!楽天トラベルサマーフォーラムin大阪

おとつい、楽天トラベル主催のサマーフォーラム(勉強会)に参加してきました。目的は …

インバウンド集客で成功している旅館「清風荘」へ行ってきました!<2>

昨日の湯田中温泉・清風荘さんのお話の続き。インバウンド集客を行っている宿では英語 …

タイのパワーブロガー・タノンさんに来て頂いた理由☆インバウンド集客

先月、私の主人の宿に、タイのパワーブロガー・タノンさんが、関西にある外国人専用旅 …

訪日外国人は天ぷらが大好き?!☆インバウンド集客

タイのパワーブロガー・タノンさんと、外国人専用旅行会社スタッフのマルコさん(イタ …

香美町小代のガイドツアーは嵐の中でも大盛り上がり!

一昨日の山陰海岸ジオパークのガイド交流会の午前中は、香美町小代でガイドツアーを開 …

インバウンド(外国人観光客)に関するブログまとめ

人口減少社会に突入し、避けては通れないインバウンド(外国人観光客)の集客。ジオパ …

インバウンドの状況と受け入れについて<補助金情報付き>☆但馬地域インバウンドセミナー<1>

ちょっと前になりますが、3/10−11にかけて、豊岡市と新温泉町で行われた『但馬 …