地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

究極の努力家・短パン社長が伝授する「お客様とのつながり術」

   

1月15日に行われたエクスマ新春セミナー2016では、芸能人よりも芸能人、フジテレビ『人生のパイセン』の準レギュラー(って言っていいのかな?)「短パン社長」こと奥ノ谷社長が登壇されました。

短パン社長

年末特番でもハジけまくった短パン社長

主人が特にファンで、社長の商品を必ず買うというほどのチカラの入れようです。一緒に送られてくるニューズレターも突っ切ってしまった感じで、正直「ここまではやりすぎやん?」と少し冷めた目で見ていました。

短パン社長

とことんこだわるニューズレター

ところが、セミナーでの熱い暑い汗だくの語りでその考えが吹っ飛び、私のパイセンと言いたくなるほど沢山のことを教えて下さいました。

短パン社長

順風満帆に芸能人になったわけでなく、ここまでブレイクするまでに5年以上かかっているとのことです。アパレルメーカーの社長で婦人服を販売していたそうですが、エクスマ・藤村先生に出会うまでは、今と全く異なる、個性が無く、何が伝えたいのか全く分からないパンフレットや展示会をして、売上も下がっていたようです。

ところが、エクスマの考え方に触発されて化学反応が劇的に進み、パンフレットやホームページを一新して、ニューズレターを発行して、自分やスタッフなどのひとけや個性を存分に出すようにしたら、人気がではじめ、この頃のお客様=アパレルショップのスタッフさんたちに対してセミナーを開催したりして、一緒に盛り上げていこうと頑張ったそうです。ショップさんぞれぞれに直筆の手紙をつけ、「既存顧客を死ぬほど大切にする」というエクスマ真理を貫いたそうです。

短パン社長 エクスマ

関係性を築く五箇条
これからのスマホ時代こそ必須!

それと同時にFacebookやTwitterなどSNSを活用して、オリジナルブランドを作って服の販売を一般の方に向けて行ったところ、私の主人もそうですが、服が飛ぶように売れて、業界からも一目置かれる存在に。業界紙でも多数取り上げられたそうです。アパレルメーカーや小売店がどんどん減っていく中、お客様である既存小売り店舗の売上げを上げるために伝え方やパンフレット製作のレクチャーをするだけでなく、一般消費者向けには、インターネットサイトでなくSNSだけ、短パン社長との関係性だけで商品を売っていき、数千万の売上げを上げていることがスゴイと思いませんか?(そこそこ服の価格は高いですが、その分、肌触りがいい生地を使ってはります)

そんな短パン社長が1時間半ぶっ通しでお話された中で印象に残った、皆さんがすぐに実践できること3つを簡単にお話しします。

1)Facebookでは良いことを書こう

先日からFBでは「いいね!」マークの他に「超いいね!」や「よくないね!」などの種類が点けられるようになった。ネガティブな投稿がどんどん増える予想。FB、元は良いことに対する「いいね!」が正しい使い方。だから、良いことだけを書いて素直に「いいね!」しか押せないようなことを書こう。

FBいいね

今年に入って増えた「いいね!」マーク。
いいね!長押しで表示されます

もし、入院するなど関係者に対して伝える場合でも「入院しました」だけでは、素直に「いいね!」が押せない。そのため、「入院しました。ご迷惑掛けます。しっかりと治療して、回復したら名誉挽回、さらにがんばります!」など、ネガティブな事例でも気分が上げ上げになるように投稿しよう。

2)自分のことを好きなお客様だけを増やしていこう

なぜ、お客様は自分のお店に来るんだろう?と考えたことがありますか?店に来るのではなく、販売員やオーナーなど「人」が好きだから。店の名前なんて覚えていないし、知られていない。だからこそ、WeからIへ、個の発信をしていこう。顔の見えるチラシと顔の無いチラシと、どちらにお客様の興味が出るかというと、顔の見える方。そうして、自分のことを好きなお客様を増やしていこう。そのためには、自分からお客様にお手紙を書こう。そうして関係性を深めていこう。

短パン社長

自分のことを嫌いなお客様は「自分のお客様で無い」と割り切ることが大切。お客様と自分といい意味での相思相愛だからこそ、自分が伝えたいことが素直に伝わる。

3)FBをしているお客様はすべて「親しい友達」に

お客様は親しい友達に設定しないと、FBではタイムラインに確実に上がってこない。そうして、お客様のタイムラインでは「いいね!」やコメントをすること。「いいね!」するだけでお手紙を出しているのと同じ。もちろん、Twitterも同様。「つながり(関係性)の経済」を意識して行動しよう。

最初は何も出来ていなかったし、わかっていなかった。顔の見えない、個性の無いパンフレットやブログを書いていた。だけど、藤村先生と会ってから必死で学んで実践していって、今がある。みなさんも今からで全然遅くないので、すぐに行動しよう!

短パン社長

SNS、ブログで関係性を作る。
売り込みはダメ!

******

とにかく行動しろ、というパイセン・短パン社長が教えて下さったことを始めました。ニューズレターも今年から作ることにして、用紙など手配しました!(田舎では売ってないようです・・・お近くのAmazonに感謝)FBも「親しい友達」登録も完了しました。ぜひ皆様も始めてみてください!

短パン社長

アナタに必要なのはカクゴと行動力!
1月こそ、行動力をUPするチャンス!!

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

クチコミで凹むアナタに良く効きます
『クチコミに負けるな!宿泊予約サイト活用講座』
【コムサポ 宿 DVD】で検索!

宿DVDバナー

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - エクスマ, セミナー聴講記

コメントを残す

  関連記事

「鉄道を廃止じゃなくて、道路も鉄道もある地域を守ろう!」〜藻谷浩介氏の講演から【てしかが観光塾2017備忘録】

「赤字ローカル鉄道って廃止したほうがいいよね?」ってよく聞きますが 殆どが赤字路 …

楽天で突き抜けている経営者の特徴とは? 〜福島正伸先生のセミナーから

先週、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」第2回目に参加してきました。 …

売上を伸ばすチャンスを逃していませんか?

昨日も引き続き、香美町主催の観光商品作りワークショップに参加してきました。1日目 …

問題は前向きに意識して捉えることが、解決へのスタート 〜福島正伸先生のセミナーから

福島正伸先生のセミナーシリーズ第三弾! セミナー中に伺ったお話を振り返り、私のブ …

「私を見て!」という生き方をリーダーはしよう 〜福島正伸先生のセミナーから

福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」セミナーシリーズ第四弾! セミナー …

コミュニケーション能力1級セミナーを受講してきました<2>

昨日のブログの続きです。コミュニケーション能力一級コースを受講して学んだことをお …

藤村正宏先生と福島正伸先生のセミナーの違い〜新春エクスマセミナー2016に参加して

昨日1月15日に、主人と共に新春エクスマセミナー2016に参加してきました。エク …

どんなときも意識して前向きに思うことが、充実した人生の第一歩!

先日、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」に出た翌日、北摂からの帰りの …

宿泊施設の写真では心を動かす疑似体験とストーリーを表現しよう!

一昨日参加した楽天トラベルEXPO2016。 私の主人の宿がマイスター賞の授賞式 …

商工会の経営革新塾で経営計画書の書き方をみっちりと。

この週末、豊岡市商工会主催の経営革新塾がありました。10時から17時まで、丸々2 …