地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

じゃらん香美町観光ワークショップ最終回に参加してきました!

   

6月、8月と過去2回行われた『じゃらん香美町観光ワークショップ』、最終回<香住エリア>が昨日行われました。香美町の旧3町それぞれに観光協会があるため、まずは各観光協会ベースでできるよう、旧町単位で今年度は観光資源の掘り起こしを行いました。その際に用いたのが、じゃらんGAP調査です。ここ数年、多くの自治体や商工会、観光協会が活用している調査で、両隣の豊岡市も新温泉町も行っています。

前回の8月は調査速報をスライドで教えて頂いて、昨日はまとめた調査結果を頂くことができましたー!これ、事務所でカラーで打ち出したら、当然、2回くらいはインク交換せねばならぬくらいの100ページに渡るもの。これがあるのと無いのとでは、今後作る宿泊プランの作り方も変わってきますし、ターゲットの設定も変わってきます。

じゃらん

昨日はこの結果から「新たに売れる宿泊プラン」を作る作業を行いました。

もちろん、今回の講師もバリュークリエーションサービスの佐藤真一先生。今回の香住エリアは松葉ガニ、紅ズワイガニがウリのところです。蟹をさらに深めるプランにするのか、蟹以外のプランも作っていくのか、ということが懸案でした。そこで、今回は蟹活用プラン、蟹以外のプランと分けて検討しました。

じゃらん講師の佐藤真一先生とじゃらんの田中優子さん

今後、これを役場観光商工課でプレスリリースし、積極的にマスコミさんやじゃらんに載せていき、需要の掘り起こしを狙うそうです。(10/16に私の師匠のお一人・大谷先生のプレスリリースの書き方セミナーあります:香美町観光商工課まで)実際、香美町神戸営業所がプレスリリースを次々と出していってるので、黄金ガニや香住ガニで何度も番組等で取り上げた経済効果は7000万円と試算されているようです。(それが広告費ゼロ円でできるから、皆さんも勉強して下さいねと仰ってましたが。)

実際にプラン作りを考えていくなかで、宿泊者的には良いけど、マスコミさんは全然取り上げないという事例もあることを知りました。旬ど真ん中にいつもやっているものを当てても、大して取り上げないし、旬の終わりかけに旬の物を持ってきても取材に来てくれない。逆に「ええっ、今の時期に?!」という意外性にテレビや雑誌は飛びつくということも、佐藤真一先生やじゃらんの田中優子さんから他地域の実例を聞くと、なるほどと思いました。

今日どんなプランができたのかをお話しするとネタバレになるので、今後出来るプランをお楽しみに!主人の宿でも今回のプランを来年に売り出す予定で動くようです。

******

ところで、今日のセミナーですが、加賀温泉観光協会や鳥取県などの観光プロモーションを手掛けて居られ、遠く福岡県からお越し頂いてる佐藤真一先生が講師なのにも関わらず・・・参加者が8人。宿泊施設が5軒しか来ていないのですよ。1ヶ月以上前から日程が決まっていたのに。。。ホンマにもったいない!「役場がやってるだけだろうし、勝手にやらしといたらええがな。」「煮えたら食わぁ(準備万端整ったら行うわ、という山陰の諺)」になってるのかも。せっかく、役場も民間の重い腰を何とか上げようと手をさしのべてる時だからこそ、自分事と思って一緒に動かないと、もったいないですよね。

今回、3回とも夫婦で参加させて頂きました。いわゆる「じゃらん思考」とは異なる私たちですが、とっても勉強になって、すぐに宿プランの改善につながったところも多かったです。実際にコンサルティングに入って頂いたら一回数十万円の佐藤先生にご指導頂いて、俄然、やる気が出てきました。私の場合は香美町だけで無く、皆生温泉や京丹後市、豊岡市などにもクライアント様が居られますので、そこでもプランの作り方、観光資源の発掘方法等、考え方の応用が利くと思います。

佐藤真一先生、田中優子さん、町観光商工課の皆様、本当にありがとうございました!

じゃらん左から主人、私、佐藤真一先生♪

 

illust3786

★☆「伝える力」を付けて売上UP!☆★
販促&プレゼン指導は
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
〒668−0022
兵庫県豊岡市小田井町5−3−201
Tel&Fax 0796−24−3139

☆★まずはHPをご覧下さい★☆
http://www.com-support-co.jp

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 宿泊施設の支援, 観光

コメントを残す

  関連記事

『ジオパークのビジネスへの活用法〜宿泊業を例に』6/28 ジオパーク講演会に登壇!

兵庫県北部、竹野駅から7時04分発の特急はまかぜ、姫路から山陽&東海道新幹線、東 …

宿で一人だけ食中毒?!☆宿のリスクマネジメント、どう対応する?

先週、私が感染性胃腸炎にかかった話をブログで掲載しましたが、大変な反響で、その後 …

その集客手段は「認知」「興味」「購買」のどこに対してのものですか?

ホームページやメルマガ等のデジタルな販促物だけでなく、チラシやダイレクトメールな …

「仕事は楽しい!」って思える仕組みを創る~小阪裕司先生の講演会より2

先日聴講したワクワク系マーケティング小阪裕司先生の講演会でもう一つ大きな気づきが …

間違ったFacebookページの使い方の認識が多くて困っています

先日から私の周辺で「ホームページを作るには時間がかかるのでまずはFacebook …

ホテルが人気の一方で、旅館・民宿は低調?!☆宿泊旅行統計調査(平成27年)

観光産業ニュースサイト・トラベルボイスのTwitterにこんなニュースが。 今日 …

【宿経営者向け】楽天トラベルの手数料をちょっとでも下げるための2つの方法

今日は集落のお寺で子供の講が行われ、当番だった私はお子様カレーを作りに行ってきま …

お客様の予約が来ない宿サイトの特徴は「リンク切れ」

この春は5月中旬からずっと海が穏やか。波の音もどことなくサラサラって感じで聞こえ …

「月刊兵庫教育」7月号にジオパークについて寄稿<3/4>

おとつい、昨日と、月刊兵庫教育7月号に寄稿したジオパーク活動についてお話をしてい …

大阪も神戸もタラバガニがズワイガニより認知度が高い?!

今日は福井県越前町で宿泊施設向けにクチコミ活用講座を開催し、今しがた、豊岡の事務 …