地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

地球惑星科学連合大会2014に参加して(1)

      2014/05/26

昨日の「教材作り」コラムはお休みして、先に大会のお話をしたいと思います。

4月29日から昨日まで、パシフィコ横浜で開催された地球惑星科学連合大会に行ってきました。ありとあらゆる地球科学の研究が一堂に介する何千人規模の大会です。参加するには2万ン千円払わないといけないのですが、公開セッションといって、誰でもが参加できるものがあります。その中にジオパークセッションがあります。うれしいですね。

地球惑星科学連合大会看板
地球惑星連合科学大会看板を横に

どんなことをするかというと、プログラムを貼っておきますが、講演のあと、公開プレゼンテーションがあります。
2014年地球惑星科学連合大会4月30日プログラム-ジオパーク

ジオパークセッションの会場写真
定員1100人入るメインホールで開催

この公開プレゼンは、今年ジオパークに申請する地域が10分程度の発表をして、事前に送る申請書を読まれた日本ジオパーク委員会の先生方からの質問に答えるものです。ジオパークに申請というのも2種類あり、世界ジオパークに日本から推薦するジオパークを決めるもの、そして、日本ジオパークに加盟申請するためのものです。

世界ジオパークに申請する前に国内推薦候補地が、今年は、北海道のアポイ岳ジオパークと、静岡県の伊豆半島ジオパークでした。

発表前からマスコミ取材殺到する伊豆半島ジオパークさん
プレゼン発表前からマスコミ取材殺到する伊豆半島ジオパークの関係者

伊豆半島ジオパークは、過去3回、講演会などで訪れた馴染みのジオパークです。伊豆半島にある15市町が参加しており、ガイド組織がしっかりしているし、外国人対応もできていますし、ジオに特化した看板も見やすいし、ジオをかじってる観光客という私からみたら、素晴らしいジオパークと思います。プレゼンもほぼ完璧でした。スライドはここにupできませんが、とてもわかりやすく、説明がすっと通っていました。そしてなにより、ずっとジオパークに携わってきた発表者の石井さんや、その後ろで応援してはったジオガイド皆さんの熱意が伝わるものでした。

伊豆半島ジオパークプレゼン

アポイ岳ジオパークは昨年、国内候補に立候補したのですが推薦されず、今回はリベンジのプレゼンでした。世界ジオパークになるというのは、一つの小さな町の大きな大きな取り組みです。プレゼンでは昨年の指摘事項に対しての回答となりました。10項目以上の宿題を何とか克服しようとなさっている苦労と取組がひしひしと伝わるプレゼンでした。

アポイ岳ジオパークプレゼン

審査員からの質問は、そのまま、わたしのフィールドである山陰海岸ジオパークにも当てはまります。今年は特に世界ジオパークの再審査の年。自分のところはどうなんだろうと、考えさせられる質問も多かったです。特に伊豆半島ジオパークは、ここ山陰海岸ジオパークと同じ広域連合なので、身につまされる質問ばかりでした。

■このジオパークのウリは?
■構成市町が多いが、どう連携しているのか?
■ジオサイトがたくさんあるが、ジオサイト間のつながりは?
■周辺のジオパークとの連携は?
■自分のジオパークから地球の何を伝えたいのか?ダイナミックに何を伝えるのか?世界ジオパークでは、その場所から世界・地球を語れることが大事。
■海外の世界ジオパークと関わったり学会や勉強会、ジオパーク会議に行くなどしてアピールをしているか?
■植物の話も入れて欲しい。特殊な植生のものも多い。気候だけでなく、南からやってきた事も説明を。

実際に一般住民やジオガイドができる部分は限られますが、それでもできることはあります。今からでも山陰海岸ジオパークのジオガイド、特に、山陰海岸ジオパークのガイドを代表する、とされている2種ガイドは考え方の修正が必要です。

『世界ジオパークでは、その場所から世界・地球を語れること』

いつまでも「日本海形成における地形地質風土と人々の暮らし」とテーマをタラタラ言っているだけではあかんのです。自分がガイドするジオサイトだけを語っていてはあかんのです。砂丘がすごいでしょ、千畳敷すごいでしょ、玄武洞が、神鍋が、じゃぁないんです。そんな小さなジオサイトや市町単位でなく、真に山陰海岸ジオパークをOne-Geoparkとして、地球の中の世界ジオパークとして俯瞰できるか、地球科学の発展にどう貢献したかということなんでしょうね。日本海そのものが地球上にある海ではとっても若い海であり、豊岡のコウノトリ野生復帰が世界的にすごいことであり、そのコウノトリが日本のみならず韓国まで飛来しているということであり、地磁気の逆転現象が玄武洞でわかったことで、地球のメカニズムの一端がみんなの目にわかるようになって、地球科学が発展してきたということであり・・・ここでこそ語るべきダイナミックさ、他の世界ジオパークとの違いを明確にジオガイドがお客様に伝えることができるか、これこそが大事だと咀嚼できたプレゼンテーションでした。

 

illust3786
中小企業、個人事業主の方、プレゼンの個人指導は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク大会など

コメントを残す

  関連記事

福島正伸先生の人材育成術をガイドの仕事に応用したら大成功!

18日にジオパーク国際大会(APGN)のツアーガイドを行いましたが、今夏から通っ …

地球惑星科学連合大会2014に参加して(2)

先日参加した、パシフィコ横浜で行われた地球惑星科学連合大会2014のジオパークセ …

ジオパーク全国大会にジオガイドが参加する意義とは?

昨日からニュースレター第4号の作成に入りました。今年2月から、3ヶ月に1回発行し …

ジオパーク全国大会1日目スタート!<前夜祭もネットワーク>

昨日、朝8時に出て、ジオパーク全国大会が行われる沼津に到着したのが16時!サービ …

ジオパーク全国大会のガイド分科会の様子(2)全体会

昨日のブログの続きです。翌28日のガイド分科会の全体会は何と180名ほどの方が参 …

えんたくんでワークショップ開催

10月29日、山陰海岸ジオパークガイド交流会を行いました。その全体プロデュースは …

「私を見て!」という生き方をリーダーはしよう 〜福島正伸先生のセミナーから

福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」セミナーシリーズ第四弾! セミナー …

地球惑星科学連合大会2014に参加して(3)

昨日お話した日本ジオパーク加盟申請に向けての公開プレゼンの続きです。 日本ジオパ …

私が自腹でジオパーク全国大会に参加する3つの理由

明日からジオパーク全国大会のため、秋田へ行く予定でしたが、乗る飛行機が台風21号 …

ジオパーク国際大会ツアーでのバス添乗ガイド、無事終了しました!<上>

18日(金)に、ジオパーク国際大会でのツアーガイドを行ってきました。今日はその報 …