地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

チャレンジ!個人事業主の私、夫の扶養から外れました

      2016/01/26

主人から先日、「キミ、僕の扶養に入っているよね?協会けんぽさんから『扶養継続するかどうか?』って問い合わせが来ているんだけど、どうするの?」と言われました。そして・・・今週末で扶養から外し、きちんとお支払いしていくことにしました。

豊岡年金事務所豊岡年金事務所(Googleストリートビューより)

いつから扶養にはいっているかというと、昨年3月末で役場を退職した翌4月。収入がぱったりと途絶えましたので、退職のタイミングで、健康保険は主人の扶養に、公的年金も第三号保険者で入りました。その後、わたしは開業準備に本格的に入り、9月に開業届けを出し、本格的に事業をスタートしたのは11月に第一関門だった豊岡市内で事務所をオープンしたときです。その頃は1年持つかが第一関門で、11月に事業をスタートしたために年間収入が130万を超えるかどうか見通しが立たなかったため、翌年の収入予測が130万円を超えたら切り替えようと思っていました。

それで、今回協会けんぽさんからの問い合わせもあり、補助金報告書をまとめた3月以来、会計帳簿を久しぶりにちゃんとつけたら(・・・って書いたら会計士の先生に怒られちゃう!)、何と収入が130万円ラインを超えていました。通帳残高だけで見ていたらわかりませんで・・・翌年以降も収入が130万円を超えるのであれば、扶養から外さなければなりません。

「年間収入130万円を超えることを、毎年の最低目標にしなはれ!」

と主人もハッパをかけますし、それを目標にすることも社会的には大事なことですよね!だから扶養から外しました。いつから遡るかについて、年金事務所で聞いたところ、「今日、収入金額等を確認して分かったんでしたら、今日から2週間以内でOKですよ」ということでした。てっきり、130万円超したらすぐに切り替えないと追徴されるのかと思ってビクビクしていたのですが、安心しました。これから主人も私も仕事が忙しくなりそうだったので、すぐに切り替えました。

 

健康保険の扶養からの外し方(喪失手続き)

1.年金事務所で書類を受け取る。

「健康保険・厚生年金保険資格(喪失)証明書」と「健康保険被扶養者(異動)届」の2つ用紙を受け取ります。

証明書

健康保険資格取得(喪失)証明書→役場へ提出

異動届

健康保険被扶養者(移動)届→年金事務所へ提出

「健康保険・厚生年金保険資格(喪失)連絡票」は事業者(私の場合は主人)が記入し、役場に提出します。「健康保険被扶養者(異動)届」のほうは、同じく事業者(私の場合は主人)が記入し、一番最後に年金事務所に提出します。

2.役場へ行き、手続きをする。

健康保険を担当する部署へ印鑑を持って行き、「健康保険・厚生年金保険資格(喪失)連絡票」を提出します。そうすると、協会けんぽからは外され、国民健康保険へ加入することになります。国保のカードはその場で作って渡されます。(結構ちゃっちぃ・・・)

健康保険証左側・協会けんぽ(プラスチック製)
→右側・国保(ペーパー製)に。

健康保険料は市町村によって異なり、私のいる香美町では「国民健康保険税」(例は香美町の場合)という税金として納めることになります。請求書は私ではなく世帯主(私の場合は義母)へ行くそうです。

その後、町民課で書面記入したんですが、何の書類だったか忘れました。たぶん、納税に関する申告用紙だと思います。同時に国民健康保険料の支払い方法を役場の窓口払い、金融機関の窓口払い、口座振替かを聞かれ、口座振替を希望したら、「国民健康保険口座振替納付(変更)申出書」を渡されました。この書面は年金事務所、口座振替する銀行、役場でも提出OKだそうです。

3.年金事務所で「健康保険被扶養者(異動)届」を提出する。

一般的には「健康保険被扶養者(異動)届」を被保険者が事業主へ提出し、事業主が日本年金機構へ提出します。私の場合は、主人が事業主兼被保険者で、その妻である私が扶養から抜けるので、主人が用紙に記入して、年金機構へ書類を提出します。その時一緒に、協会けんぽの保険証を返納しました。

*****

これらの手続きには半日あれば充分でした。まずは、扶養から脱却という「経営者としての自立」を果たすことが出来たことはウレシイです。支払額は健康保険が約30万円(かな?)年金が約18万円と、合計して年間50万円!これから目が飛び出るほどに増えますが、その分、元の第三号保険者に戻らないよう、しっかりと収入を得て、事業を成り立たせていきます!次の目標である「豊岡での事務所開所から1年」をしっかり迎えるため、応援をよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - その他

コメントを残す

  関連記事

【開催報告】プランづくりに悩む宿泊施設オーナー様向けに「宿泊プランづくりセミナー」を4/25、26に開催!

先日、宿泊施設の方を対象に、宿泊プランづくりセミナーを豊岡市小田井のコムサポ事務 …

4/12(木) 新入社員対象のプレゼンテーション研修【開催報告】

週末にセミナー開催して、平日も何かとミーティング続きだったため、ブログを書く時間 …

「公式アカウントを従業員数人で共有できますか?」〜Instagram初心者講座で頂いた質問について

24日朝から始まった大雪。自宅前は40㎝の積雪。道路は雪で凸凹してて、除雪もすぐ …

商工会、商工会議所、観光協会向けの研修メニュー2018年度版のご案内

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

蟹クレープってどんな味?!〜かすみ松葉がにまつり・香美町商工会青年部ブースにて

ここ数日、温かい日が続いていますね。気象庁の3ヶ月予報、当地での「11月、日本海 …

小規模な宿泊事業者向けの集客支援がスタート! 費用負担ゼロ!商工会の専門家派遣制度も使えます!

5月に入り、当事務所で開催している「宿泊事業者向け・売上UP6ヶ月集中プログラム …

お客様を取りこぼしている可能性が?! 年末年始、GW、お盆は、Googleマイビジネスで臨時営業&臨時休業日を設定しよう!

お盆休み真っ只中。私は実父の初盆で里帰りし、実父から実母への名義変更などまだまだ …

日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」認定記念シンポジウムを聞いて 〜ジオパークと共通する課題とは?

先日、姫路市で開催された日本遺産認定記念シンポジウムを聴講してきました。会場の雰 …

キュレーション力の向上に!「まわし読み新聞」ワークショップとは?!

いましがた、ワークショップ会場の養父市大屋町「おおやアート村 ビッグラボ」から帰 …

城崎の良さは「リベラル」〜城崎国際アートセンター(KIAC)を訪れて

先週の雪予報が平地はハズレ、今日からしばらく11月の気温に逆戻り・・・スタッドレ …