地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

イベントに必要なのは開催スタッフの楽しんでいる感♪

   

先日、香美町の小代地区で開催された「メイドインおじろマルシェ」という地域イベントに行ってきました。これは、小代にある宿の若旦那3人(いずれも30代)が「何か面白いことをやろうで!」と企画したイベントです。

おじろマルシェ

小代はたくさんのイベントをいつもされていますが、観光客がどーっと来るものか、集落の祭りかのどちらかで、企画に乗りたい小代区の方々が集まって実現しました。GW後半はありとあらゆるところでイベントだらけですから、逆にGW前半のイベントは少なく、日程的にもいい感じでした。(実はここ数年、GW前半が天気がよく、後半が天気悪いんです)参加者もチラシとFacebook、地元紙にチラリと載った程度のわりには、300人も集まり、小代だけでなく、新温泉町や豊岡市など近隣からもお客様がお越しでした。家族連れが多くて、子供達同志が楽しく遊んでいるほのぼのとした風景が印象的でした。

小代マルシェ

この時に地元のお客さんや店を出していた方が口々に言っていたのは
「このアットホームな雰囲気がええなぁ〜」
「若い子らが、がんばってくれよぉから、ごっつぅええなぁ〜」
「来年はいつやるんだ?ってもう言われてるんすよ!」

小代マルシェ主催者の若旦那・邊見クンと奥様♪

出店者だけでなく、主催者もみんな笑顔。ええなぁ、こういう笑顔♪

小代マルシェ小代ガイドクラブのイケメンガイドと元ギャルガイドの皆さん

私、思うんです。これからのローカルイベントってこういったアットホームな感じなものが主流になっていくんじゃなかって。例えば私の住んでいる香住区・佐津のオープンガーデンフェスタ。

オープンガーデン

こちらは花が大好きな方と民宿の有志で始めた小さなイベントで、10軒ほどのご家庭の庭で育てた美しい庭木や花々を庭先に入らせて頂いて見学するものです。年々訪れる方が増えて、昨年くらいからはバスで来られる団体さんなども居られます。天気が良いと午前中だけで駐車場が満車、用意していた食事などが売り切れなど、嬉しい悲鳴が続々と。参加スタッフの方々は自分でできる範囲で行っていて、チラシ配布と地元紙に掲載して頂く程度。それでも週末の2日間で1000人弱が訪れるのですから、経済効果もPR効果も高いです。

更には、今月GW明けから1ヶ月間開催する城崎オンパクなども同様。コチラの企画スタッフはほとんどが女性です。城崎に嫁に来られた方々が多いので、城崎を訪れる観光客の目線に近いです。そのため、オンパクで準備されるイベントは観光客なら誰でもが参加してみたいプログラムばかり。昔はヨソモン(外部の方)は排除するのが田舎の常だから、他地域の人と組むなんて考えらなかったようですが、今は違います。但馬では一番鎖国的だと思っていた城崎の若い世代の方が率先して、他地域と連携したオンパクプログラムを開催しているのです。先日、参加店舗&スタッフが集まって決起集会があり、皆さんとっても楽しそうで、GW明けから開催される第3回目に向けて気合い充分でした。

オンパク決起集会

多額の税金が補助金として投入され、無理矢理ボランティアスタッフを「供出させられ」、スタッフが嫌々参加「させられる」イベントよりも、自分たちの身の丈に合った、自分たちが率先して企画運営して、一緒に参加して下さる皆さんと楽しく盛り上がる様な地域イベントのほうが、参加するお客様も、みーんな楽しいですよね。私は地域イベントってこうあるべきだと思います。

私が企画したイベントが城崎オンパクで開催されます。2つあるプログラムの内、1つはまだ募集しております。

城崎オンパク小代

神戸ビーフのふるさと・小代の里山と牛舎を訪ねます。月1回しか行えないガイドツアーをオンパクに宛てています。ぜひ!

 

illust3786

(公式)コムサポートオフィスHP
http://www.com-support-co.jp
「伝える力」を付けて売上UP!!

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 地域活性化, 田舎での商売心得

Comment

  1. しみず より:

    確かに楽しんで仕掛けを考えているイベントは迎えてくれる空気感がいいですよね。
    オンパクは数百万の補助金がありきなので、同じ土俵とは言えないのでは??

    • 今井 ひろこ 今井 ひろこ より:

      清水さま
      文章が足りずでご迷惑ご心配をおかけして済みません。オンパクは確かに数百万の補助金がありきで行われていますが、参加しているスタッフや店舗さんで仕方なく&嫌々やっている方は居られるように見えません。私が言いたかったのはその点であり、補助金があかんということを伝えたかったのではありませんでした。ご迷惑ご心配をおかけしましたことをここにお詫び致します。
      ぜひとも清水様におかれましては、スタッフが嫌々やっていないことを肌で感じて頂きたいと思いますので、但馬牛のコースに是非ともご参加頂き、体感して頂けましたら幸いです。

      • 今井学 より:

        人口減少社会では、お客様が楽しむことよりも、主催側が楽しむことが大切かもしれないですね。もてなす側が楽しそうなら、お客様も楽しいだろうし。

コメントを残す

  関連記事

田舎で商売を成功させるコツは「他がやっていないことをやってみる」

一昨日、昨日と、城崎オンパク「松葉ガニと香住ガニの食べ比べツアー」の様子をお話し …

ジオパークを活用した地域活性<2>美味しさと地形との関係

昨日は一日、書類を整理していました。その数、120サイズの段ボール箱に5箱分(そ …

お客様向けセミナー運営指導を行いました!

昨日は、とくまるゼミナールというまちゼミ(町の商店主が講師で行う小規模のお客様向 …

スキー場で儲ける秘訣は『お祭り』〜但馬コネクション聴講記・3〜

昨日の話の続きです。先日、豊岡市日高で行われた但馬コネクションという会合に初参加 …

ジオパークって民間にどう浸透させればよいの?☆ジオ談会に参加

今朝もよく晴れて、事務所のある豊岡市内は真ん中に川が流れて盆地特有の朝霧がすごい …

「鉄道を廃止じゃなくて、道路も鉄道もある地域を守ろう!」〜藻谷浩介氏の講演から【てしかが観光塾2017備忘録】

「赤字ローカル鉄道って廃止したほうがいいよね?」ってよく聞きますが 殆どが赤字路 …

まちゼミPOP講座無事終了しました

8月25日のお昼と夜、本日のお昼と夜の計4回開催したまちゼミPOP講座、無事終了 …

もうモノだけを売っていてもお客様は来てくれない

一昨日は松葉ガニの解禁。私の住む香美町も香住区を中心にこれから5ヶ月間忙しくなり …

地域イベントには直近の為のものと未来に向けたものがある

昨日までのシカの関する環境問題、いかがだったでしょうか。多くの地方において無関心 …

宿泊施設が観光パンフレットを100%役立たせる方法

今日のブログは、宿泊施設やお土産屋さんなどの観光施設がお客様とのコミュニケーショ …