地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

朝日新聞に掲載されました!ガイドのリスクマネジメント講座、その内容とは?

      2015/03/17

昨日、リスクマネジメント講座の必要性をブログに書いたところですが、12日午後から隠岐ジオパーク・西ノ島にある「西ノ島ガイドクラブ」の皆様に対して行った、ガイドリスクマネジメント講習会の様子を、朝日新聞の伊藤記者が島根県版の記事にして下さいました。ありがとうございました!

隠岐ジオパークガイド講習会

1時間半の講習時間を頂いたので、前半の30分は山陰海岸ジオパークのガイドシステムについてのお話と、ガイドの基本は「お客様を楽しませることと安全第一」というお話。そして、後半の1時間弱で、ガイドのリスクマネジメント講習会をワークショップ形式で行いました。

事故が起こってからの講座はCPRや捻挫などの処置、保険や裁判の話などがありますが、その前段階、危険を予見するほうのトレーニングです。特に重篤な事故の場合、危険が予見できていたか、できていた場合はどのように回避したのかについても聞かれます。それに、事前に「おこるかもしれない」と思っていたら、そこに意識もいきますし、事故が起こったときにとっさに行動が取れます。

重篤な事故はいくつもの小さなミスの積み重ねと言われています。ミスをみすみす見逃したがために、ミスの小さな穴が幾重にも重なったとき、重篤な事故につながるのです。これをスイスチーズモデルと言います。

Swiss_cheese_model_of_accident_causationスイスチーズモデル(Wikipediaより)

その危険の芽を摘む訓練の一つが、製造現場や医療現場で行われる「危険予知トレーニング」で、その日本語の頭文字を取ってKYTと言われています。(空気読めないトレーニングではないです) それはガイドの現場でも使うことができて、複数のガイドさんで望むガイド依頼の時やガイド養成講座のときに私は行っています。

4人〜6人で1組になり、記録用紙を書く人とリーダーさん、ガイドチーム名を決めます。そして配られる1枚の写真。

KYT

山陰海岸ジオパークの代表的な見どころで、柵の向こうで撮影されている方が居られます。柵の前には「柵の乗り越え厳禁」と書かれた看板があるのですが、乗り越えて海の写真を撮っているんですね。そういうお客様って居られませんか?

この写真の誰が危ないのか、どういうことが起こるか。「〜なので、○○になる」と具体的なシーンをイメージして、起こる可能性があることを出して頂きます。

・急に強風が吹いて、バランス崩して崖下へ転落する

だけでなく、

・熱中症で倒れて怪我をする
・ハチに刺されて怪我をする
・折れて落ちてきた枝が頭に刺さる

などなど、可能性が低くても考えられることを次々と出していきます。(これをブレーンストーミングといいます)

その中で最もあり得る危険なことを選び、それを回避するためにどうするのかを話し合います。例えば、「急に強風が吹いて、バランス崩して崖下へ転落する」が一番起こる可能性が高いと判断したなら、

・現場に到着したら、最初に乗り越えないようにお客様に伝える
・乗り越えようとするお客様がいたら注意する
・ここのような危ないところにはお客様を連れて行かない

などもブレーンストーミングでグループの皆さんでアイデアを出してもらいます。

その中から、自分たちが率先してすることを1つ選んで、チーム行動目標とします。

「現場に到着したら、最初に、柵を乗り越えないようにお客様に伝えましょう!」

以上がトレーニングの内容です。行動目標には、現場の状況やグループの構成員の経験の差が出てきます。正解というものはありませんが、危険予知トレーニングに慣れていないと、突拍子のないものや実現可能性の低いもの、例えば、「看板をもっと大きく作る」など自分たちではすぐにできないもの等が行動目標として出て来る可能性もあります。そのときのために、初回などは、参加者に対して考える方向性を修正するコーディネーターが必要です。

私がいた研究所など製造現場ではこのトレーニングを5分でたたたっと行います。慣れてくるとできるようになるので、毎日のガイドミーティングのときにできるトレーニングですよ!

まだ行ったことが無いガイド団体は是非一度、ガイドをするばしょの「危険箇所」を見つけてトレーニングしてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ガイド

コメントを残す

  関連記事

もうモノだけを売っていてもお客様は来てくれない

一昨日は松葉ガニの解禁。私の住む香美町も香住区を中心にこれから5ヶ月間忙しくなり …

ジオパークガイド交流会でインバウンド対応を勉強しました!

昨日、山陰海岸ジオパークガイド交流会に行ってきました!今年第一回目で、鳥取市〜京 …

百聞は一見に如かずってこのこと!平成新山を知っていましたか?

島原半島の旅の続きです。土曜日には、島原半島ジオパークガイドの長谷川さんにガイド …

久しぶりにジオガイド養成講座を企画させて頂くことになりました!

ワタクシ、3年ぶりにジオパークガイド養成講座を企画させて頂くことになりました。今 …

鳥海山・飛島ジオパーク(申請準備中)の見どころに行ってきた!(後編)

先週末、秋田県と山形県の県境に計画されている鳥海山・飛島ジオパーク(申請準備中) …

ジオパークが急激に広がった5つの理由(2/2)

昨日のブログの続きです。東北環境教育フォーラムで登壇した時に頂いた質問で、ジオパ …

山陰海岸、世界ジオパーク再認定!

今日はとってもめでたい日です。カナダの世界ジオパーク大会で、山陰海岸ジオパークが …

住民にジオパークを広げたいなら

今年に入って、天草ジオパーク、白山手取川ジオパークへ行き、ジオパーク講演会で登壇 …

ジオパーク全国大会にジオガイドが参加する意義とは?

昨日からニュースレター第4号の作成に入りました。今年2月から、3ヶ月に1回発行し …

2017年の日本ジオパーク再審査結果を見て、私なりに想うこと。 

まずは今朝の日本海新聞。(但馬欄です) 年末企画でジオパークのイエローカードにつ …