地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

宿のWeb販促の基本は宿泊プランです

      2015/03/13

今年に入ってからも宿泊業の方からの販促支援のお仕事を頂いています。ありがたいことです。自社サイトをリニューアルしたり、楽天トラベルのカスタマイズページを新たに製作される方など、増えてきています。最近の傾向では3年から5年ごとにホームページをリニューアルして、お客様に今までとは違う切り口で宿のウリを訴求していくようですが、新たにスマートフォン専用サイトを作る動きも出てきています。この3月申込締切の持続化補助金を申請して、PC用のホームページと一緒にスマホ専用サイトを作る予定のクライアント様も居られます。

スマホを扱う女性

旅行を決める時に、自宅でPCを開けて宿を探す割合と、通勤通学、時間のあるときにササッとスマホで探すのと、どちらが多いかというと、宿屋を営む私の旦那がいうには、後者の割合がついにPC派を超したとのことです。そのため、私の主人も急ぎ民宿のスマートフォン専用サイトを作っています。

田舎の小さな民宿の存在を旅行者に知ってもらうためには、旅行会社に登録する、旅行雑誌に載せてもらう、旅行サイトに登録するなど間口を広げる必要があります。先日にはyahooトラベルもスタートし、そのうち、Amazonでも宿泊プランの販売がスタートすると言われています。その分、予約のインターネット窓口もずいぶん増えてきました。

楽天トラベル、じゃらんネット、Yahooトラベル、ゆこゆこ、その他いろんな宿泊サイトがありますが、共通して必要なのは「魅力ある宿泊プラン」です。自由に作れる(カスタマイズできる)楽天トラベルサイトでも、この魅力ある宿泊プランができていなくては、どれだけ自社サイトが魅力あるデザインのものでもお客様の伸びは期待できません。

すべての基本は、選びやすくて、内容がわかりやすく、ワクワクする旅を演出する宿泊プランです。私が先日、楽天トラベルの勉強会に参加して得てきたことは

1) 選びやすいプラン数に

プランはいくつでも作って良いのですが、それぞれの違いが明確でなければならない。外国人向けは3種類がベスト。日本人もあまりに種類が多いと、「面倒だ」として選ばない傾向があります。

2) 内容が分かりやすく

楽天トラベルの勉強会で良い参考にとして見せて頂いたサイトはいずれもプラン内容もわかりやすく書かれています。特に1000文字の制限いっぱいにプランの楽しみ方まで書いてある方が、興味あるお客様にはご満足頂ける情報量となります。宿泊プランを読んだだけで「ここにしよう!」と予約ボタンを押して頂くことが目標ですね。

3) ワクワクする旅を演出するプランに

プランに書いていることは自分の宿でしかできないことでしょうか?屋号を変えても通じるような内容であれば、それはどこでもすぐにまねできるプランだということです。今や体験プランを取り入れるプランこそが、宿の独自性を発信するプランとして人気が出てきています。ただし、「釣り体験できます」だけではなく、その体験をすることでお客様の旅にどんなワクワクが楽しめるのかも想像できるように、プラン内容に書いていくことが大切です。

この春、宿泊業の方で、ネットからの予約が少なくなったという方は、ぜひプラン内容の書き方から見直してみてはいかがでしょうか?それだけでも、お客様からの予約数は増えるはずです。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

大阪も神戸もタラバガニがズワイガニより認知度が高い?!

今日は福井県越前町で宿泊施設向けにクチコミ活用講座を開催し、今しがた、豊岡の事務 …

小さな宿がポンパレやグルーポンで販売してはいけない理由

香住は今朝も爽やかな朝を迎えましたね。朝晩涼しい日々もあとわずか?! おはようご …

ヤフートラベルは宿側もお客様側も注意が必要!

おとつい、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座 第2回目」に参加してきま …

小規模宿泊施設で集客できるブログを書く方法2~書き続けることの価値

ブログについてのお話を昨日より続けます。まず最初にお断りしておきますが、ブログを …

集客に活用するFacebookとブログの使い方とは?

小規模宿泊施設や事業者の方、Facebookとブログを意識して集客に活用していま …

「僕たちは1/100のほう」〜実際に行動に移す人、続ける人は少ない

昨日のブログで、自施設の従業員に対して観光ガイド養成を行った湯村温泉の老舗旅館「 …

「電話が鳴り止まなくて困るほど」ニュースレターの超絶効果!〜主人の宿の話〜

今日は近畿中部と南部が晴れで、北部が曇りという、典型的な冬の天気になっています。 …

宿泊プランは選択肢があるほど「決断疲れ」で予約率が下がる

昨日のブログの続きです。 昨日のブログはこちら↓↓↓ 選択肢の多さは、選べないか …

9/19(水)Googleマイビジネス講座を開催【京丹後市商工会】

9月10日に引き続き、9月19日(水)にGoogleマイビジネス活用セミナーを京 …

私が提唱する、集客の出来るブログとFacebookの使い方

昨日の続きです。私が提唱する、集客に結びつくブログとFacebookの使い方を、 …