地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ジオパークをひと言でいうなら?自身の講演スライドから(1)

      2014/05/26

ジオパークをひと言でいうなら?

ジオパークに携わる方が必ず壁にぶち当たる、この命題。私もジオパーク推進補助員になってから最初の壁でした。簡単に何といえば通じるのだろう・・・例えば、国立公園は、

日本を代表するすぐれた自然の風景地を保護するために開発等の人為を制限するとともに、風景の観賞などの自然と親しむ利用がしやすいように、必要な情報の提供や利用施設を整備しているところです。

世界遺産は、

世界中の人が協力して守ろう。守る必要がある。と定められた場所や建物のことです。

子供向けのHPで記載されていました。(わかりやすい!!)

ところが、当時頂いた資料のひとつ「山陰海岸ジオパーク構想」のパンフレット(当時のものが残っていたのがありがたい!)では、

ジオパークとは、科学的に見て特別に重要で貴重な、あるいは美しい地質遺産を複数含む一種の自然公園です。地質遺産保全と地球科学普及に利用し、地質遺産を観光の対象とするジオツーリズムを通じて地域社会の活性化を目指しており、ユネスコの支援のもと、主に欧州や中国で積極的に取り組まれています。

「断崖や滝など、岩でできた見どころを保存し、それをPRして観光客に見てもらおう、それを地域活性化に使うことなのか?ツーリズムって言っているから観光中心か?」と思いましたが、それをどうやって一般の住民の方に説明したらよいのか、悩みに悩みました。インターネットで検索しても難しい説明しか出てきません。さらに「ジオパーク」と入力したら「スタジオパーク」が上位に出る時代でした。

NHKスタジオパーク(Wikiより)
NHKスタジオパーク

ひと言とは何文字か?とググってみたら、『会話や状況にもよるが意味が伝わる最低限の言葉量』と書いてありました。確かに当時は「地質公園」や「大地の公園」とほぼ直訳した言葉が主流でしたが、その言葉の説明をさらに付け加えないといけないので、それはひと言では言い表せないことになります。どう表現すればいいのか・・・

そんな私に2つの救いの手が現れました。まずは、時間を割いて来て下さった老人会の方です。出前講座の時に「私は観光業じゃないので、ジオパークは関係ないんだけど、とりあえず話を聞きに来た。」という方が居られたことが、私に気づきを与えてくれました。観光客というものは、地域住民にとってみれば観光業の方やそれに付随する方以外には関係ない、むしろゴミを落としていくだけの厄介な存在・・・。わかりやすい観光振興だけにジオパークのターゲットを持ってくると、一般住民はそっぽ向きます。ほんま、目から鱗でした!

そして、2つ目は、大阪の実家へ里帰りをしていた時の大阪府の広報紙。そこで目にしたのが「大阪ミュージアム構想」の一面広告でした。大阪のまち全体をミュージアムに見立てて、大阪の魅力を内外に発信する事業で、非常にわかりやすいタイトルですよね。

大阪ミュージアム構想
大阪ミュージアム構想HP

そっか、この言葉を使ってみよう!一般の方も関係があると思わせるフレーズにしよう!そうしたら、わかりやすく説明できるかもしれないと思って平成22年10月に作ったのが、このスライドでした。

平成22年講演スライド・大地と暮らしの博物館
フィールドミュージアムスライド
平成22年当時の私のスライドから。
「大地と暮らしのフィールドミュージアム」とキャッチコピーを作りました。

そして翌年、香美町で制作したジオパークDVDの題名がこれ。
香美町まるごとフィールドミュージアムDVD
現在も活用されている香美町ジオパークDVD

実はこの後、日本にはエコミュージアムユネスコエコパークというものがあるということを知り、ジオパークを含め、国立公園や世界遺産の他にもいろんな取り組みがあることを知りましたが、とどのつまりは「保護保全して活用する」ことの形を変えているだけ、と思っていました。

実はジオパークにはそんな表面だけでない、もっと深い想いがあることを一年後、知ることとなります。続きは明日お話します。

ジオパークをひと言で言うなら?(2)

 
illust2712
香美町まち歩きガイド「香美がたり」
香住、今子浦、佐津エリア受付中!
山陰海岸ジオパーク公認ガイドが
深堀りしたまちの魅力をわかりやすくお伝えします!
お問い合わせ・申込はこちらをクリック!
10291825_455700764565169_5111936446927707570_n
illust2712

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパークとは?

コメントを残す

  関連記事

ジオパークにおける「ソシオ資源」とは?

昨日、兵庫県立コウノトリの郷公園の運営懇話会に行ってきました。年2回、環境系NP …

日本ジオパーク全国大会<霧島>で行われるジオガイド分科会は?

10月27日から霧島で開催されるジオパーク全国大会。ガイド分科会では「ジオガイド …

ジオパーク全国大会のガイド分科会の様子(4)ガイドと専門家がつながっていない

日本ジオパーク霧島大会・ガイド分科会の続きです。180名余が参加する全体会の会場 …

宿を営むのに必須なコト2つ

9月から本格的に始めた、小規模宿泊施設(とくに10室以下の民宿)の集客・販売促進 …

萩市須佐地区でジオパーク講演会を行いました!

昨日、山口県の萩市須佐地区でジオパーク講演会があり、登壇させて頂きました。このよ …

小学生による海辺の漂着物調査を行いました(後半)

「小学生による海辺の漂着物調査を行いました(前半)」の話の続きです。休憩時間が終 …

世界ジオパーク再審査で確認される4つのこと

私のフィールド山陰海岸ジオパークは世界ジオパークに加盟認定されて4年を迎え、この …

必須です、ジオガイドのリスクマネジメント講座

ジオガイドのリスクマネジメント講座は内容にばらつきがあり危惧しています。山陰海岸 …

山陰海岸ジオパーク国際学術会議での海外の先生の講演を聞いて

昨日、山陰海岸ジオパーク国際学術会議2014(湯村会議)が新温泉町で開催されまし …

日本ジオパークの再認定審査結果に思うこと〜来年の再認定審査に向けて〜

今朝は玄米を精米してきました。都会ではなかなか玄米で購入してこまめに精米はしませ …