地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ジオパーク×ALTコラボ、ワクワクな予感!

   

昨日、但馬(兵庫県北部)のALT(Assistant Language Teache:英語を母国語とする外国人指導助手)と観光関係者の交流会があり、会場の城崎温泉・西村屋招月亭に行ってきました。主人と一緒に行きましたが、英語に触れることが殆ど無いので、話せません。。。主人はスマホに翻訳アプリを入れてきてて、もしもの時はそれを駆使しよう、ということで会場へ参りました。

ALT交流会2014

会場に入ってみると外国人の方が約30名ほど、ALTのほか、市町の観光課や観光協会所属の外国人の方も居られました。それだけ但馬には外国人の方がおられたんですね!

ALT交流会2014
会場は立食形式でとても賑やかになりました。

まずは市町ごとにテーブルが分れていて、私は新温泉町&香美町のテーブルへ。香美町だけでもALTの先生は4名居られ、中学校と小学校に配置されているそう。私の時代とは違うなぁ・・・雰囲気にのめりこまれて、会話にならない・・・と思いきや、「日本語大丈夫です」とお声を掛けて下さったのは、香美町小代中学校&小学校で英語を教えるアナスタシア先生。聞けば3年目だそうで、日本語がペラペラ。海水浴で佐津の海へも来られたことがあるらしく、「Very Beautiful!」と仰ってくださいました。任期まであと1年ほどらしいのですが、任期が切れても但馬で仕事を続けたいそうです。但馬にはそれだけの魅力が充分にあるということです!!

アナスタシア先生には、小代が神戸ビーフのルーツだからこその畜産農家や美しい里山があることをPRして、外国人観光客をお呼びしたいので、協力して下さいとお話したら、ぜひ協力したいですっておっしゃってくださいました。ありがとうございます!(全部日本語でお話しています。ホンマ、先生を尊敬してしまいます・・・)

ALT交流会2014
アナスタシア先生は3年目のALTの先生。

一緒に来られていたのは、香住の小中学校担当のメアリー先生はまだ来て1か月。メアリー先生は私の集落にある小学校にも来られていて、そのために、佐津の海岸へもアナスタシア先生と一緒にお越しになったようです。村岡の小中学校担当・ジョニー先生も日本語が上手で、こちらが英語話せないのがオハズカシイくらいです。先生方はスノーケリングもダイビングもしたことが無いとのことで、来年は是非スノーケリングから、とお伝えしておきました!

ALT交流会2014
香美町ALTの先生、左からアナスタシア先生、ジョニー先生、メアリー先生。
そして、但馬のバス交通を担う村岡在住&豊岡在住の全但バスのスタッフ。

今回、私と主人と参加した理由は、主人の宿で今月から本格的に外国人観光客向け宿泊サイトに登録して、5年後には全宿泊客の3割程度を外国人観光客にしたいという思いがあり、いろんな協力を今後、地元をよく知るALTの先生方に観光のアドバイスをお願いしたいと思ったからです。しかし、もっと近々にしなければいけないミッションがあったことに後半気付き、山陰海岸ジオパーク外国語担当職員の小山さんと一緒に3人で各テーブルに回ってPRをしていました。そう、APGN(アジア太平洋ジオパーク会議in山陰海岸ジオパーク)です。

ALT交流会2014
APGNのボランティアをお願いして回る小山さんと私

今回お会いしたアナスタシア先生、メアリー先生、ジョニー先生の3人には、エクスカーションツアーで訪れる香美町での通訳サポートをお願いしました。他の市町の方々にも、チラシを配って、会期中の受付や道案内などのボランティアをお願いして回りました。ALTの先生方はとても協力的で、ぜひとも私たちを使ってくださいとおっしゃってくださいました。とてもうれしかったです。

ALT交流会2014
山陰海岸ジオパークのPRも行いました!
(朝来市秘書広報課のポリーヌさん<左>と豊岡市大交流課のサマンサさん<右>)

仕事に支障が無い範囲でALTの先生方にジオパーク活動へご理解とご協力をして頂くことが、ジオパークの国際化(って世界ジオパークが言ってたらアカンのですが)に前進する第一歩だということが、今回の交流会に参加して思ったことです。一昨年に、香美町内の高校のALTの先生方にご協力して頂いたジオマップ制作も前例としてあります。ぜひ、ジオパーク×ALTの活動も広げていきたいと思いました。

 

 

illust3786
ジオパークの推進協議会の皆様
中小企業、個人事業主を含む
ジオパークの民間事業者支援は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 外国人観光客(インバウンド), 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

住民に対しジオパークに興味を持たせる3つの仕掛け(2/2)

住民へジオパークへの興味の持たせ方や住民の巻き込み方とは?という講演後の質問に対 …

福島正伸先生の人材育成術をガイドの仕事に応用したら大成功!

18日にジオパーク国際大会(APGN)のツアーガイドを行いましたが、今夏から通っ …

えんたくんでワークショップ開催

10月29日、山陰海岸ジオパークガイド交流会を行いました。その全体プロデュースは …

世界ジオパーク再認定審査を受けたガイドとして思ったこと

今回初めて世界ジオパーク再審査を体験して思ったことを素直に挙げていきます。これは …

但馬牛と田尻号の話を、日本ジオパーク委員長の尾池先生に書いて頂きました

スーパー但馬牛・田尻号とその血統を調べた故・藤村美香さんの話を先月ブログに書きま …

世界ジオパークが地域に根付いているのは日本だけ?

5日夜に行われた但馬(兵庫県北部)に勤務するALTの先生と観光関係者との交流会。 …

このジオサイトから審査員に何を伝えたいのか?

改めまして山陰海岸ジオパークの世界審査のお話をしていきたいと思います。広域ジオパ …

会話は指さし帳や翻訳アプリで出来る程度でOK!☆但馬地域インバウンドセミナー<3/終>

一昨日、昨日と但馬地域インバウンドセミナーの聴講録を書いていますが、今日は最終回 …

2地域が世界ジオパークに推薦へ!

先日の日本ジオパーク委員会で、来年度に世界ジオパーク加盟を目指す伊豆半島GP(静 …

訪日外国人は天ぷらが大好き?!☆インバウンド集客

タイのパワーブロガー・タノンさんと、外国人専用旅行会社スタッフのマルコさん(イタ …