地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

5/17 大地の歴史と特産品との美味しい関係が語れるガイドになろう♪ 〜山陰海岸ジオパークガイド養成講座2日目

   

明日から江戸へお上りさん。幕張メッセで開催される、地球惑星科学連合大会のジオパークセッションに参加するため、自費で江戸へ参ります。週末は暑そうですし、全国からジオパーク関係者が集うので、とってもワクワクです!

地球惑星連合昨年も自費で行ってました〜!

こんばんは。兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

昨日はジオパークガイド養成講座の2回目開催!

昨日、ジオパークガイド養成講座2回目を開催しました。30人という大所帯! 昨夜、外は寒かったのですが、講義室はクーラーをいれるほどの熱気でした。

ジオガイド養成講座

昨日は山陰海岸ジオパークの地形地質の話。といっても、一般人が聞いて取っつきにくい○○層群とか○○岩質△△岩、○○○○ピテクスみたいな詳しい化石はほとんどありません。

ジオパークに馴染みのない地域からも参加している、ガイドになりたい人向けの講座なので、兵庫県立大学大学院の先山徹先生が分かりやすく話して下さいました。

ジオガイド養成講座

香住で2種類のカニが獲れる理由は香住近海の地形にヒントが!

今回も新作のスライドが多かったのですが、1番分かりやすかったのは、山陰海岸ジオパークの「大地の歴史」の時代毎に語る話(ジオストーリー)と特産品を明確にして下さったことです。

ジオパークガイド養成講座

先山先生からはジオストーリーをいくつも教えて頂きましたが、今回はそれをより深掘りするために、日本近海で獲れるカニの種類と生息域なども丁寧に調べてスライドで見せて下さいました。

地質専門の先生が水産資源なんて普通調べないですよ。本来は、お客様の前で話すガイドがバックボーンも含めてその辺の知識は調べなきゃいけないことなのですが、自ら見本として示して下さり、ありがとうございます!

ジオガイド養成講座(カラーの資料は分かりやすいです♪)

山陰海岸ジオパークって、地球上で最も新しい海=日本海が出来ていく過程が大地のあちこちに刻まれています。2500万年前くらいから大陸の端で造山活動や地殻変動が起き、大陸の端が観音開きのように開いてその後、今の日本列島ができたんですが、それだけを伝えても、お客様の多くは「ふーん。で?」になりますよね。

そこで、この地形になったからこその恩恵を物語風に伝える。つまり、大地と暮らしの関わりを伝える「ジオストーリー」を話して、

「ふーん。で?」

から

「へぇぇぇぇーーーー!!だからここで育ってるんだ!旨いんだ!」

と思って頂けたら、それだけで全ての見る目が変わるでしょ?!

堅苦しい地質の話も「ほほーーーーんっ!」と思えますよね。

香住でカニが2種類獲れる理由や、京丹後に日本酒の酒蔵がなぜか多い理由、但馬牛という、日本の黒毛和牛の血統を築いてきた素晴らしい牛がずっと育った理由などは、すべて地形や地質に由来しています。

どんなの???という話は、ぜひ当地でジオパークガイドの方にお尋ね下さい♪ (と、受講生のハードルを上げる私)

ジオガイド養成講座

講演が終わってから、軽く打ち上げ♪ 先山先生、2週に渡ってありがとうございました!

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, ジオパーク, ガイド, 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

地物のアサリが羨ましい!蒲郡の老舗うどん店にて海の不思議を想う

先週、蒲郡市でジオパークの講演会を行うために前日入りして町を訪れました。講演する …

フォーカスマーケティングで見つける自店の価値とは?☆楽天トラベル新春カンファレンス2016

今朝の自宅前は一面の銀世界! 昨日、楽天トラベルの新春カンファレンス(勉強会)が …

宿泊施設に特化した「お客様の声」活用セミナー開催しました!(後編)

昨日からの続き、「お客様の声」活用セミナーのお話です。仕事を楽しくするにはお客様 …

今年のふりかえり★宿や小売店のホームページ製作

本格的に事業を始めた今年、お仕事で大きなウエイトを占めたのが、ホームページ製作で …

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(1)

先日から、宿泊施設への販促アドバイザーのお仕事で京丹後市に通っています。同じ日本 …

松葉ガニと香住ガニと黄金ガニの食べ比べ講座を開催しました!(後編)

昨日の前編に続き、食事のお話です。今回のツアーで使われたカニのグレードが凄かった …

住民にジオパークが広がらない理由は、話し手側の説明の仕方に問題がある

昨日一昨日と自治体パンチラの話しをしてきましたが、ジオパークのことで気になること …

ジオパークマスターマップ初版の製作秘話<下>

昨日のブログの続き、商店主さんにジオパークのサポーターになって頂く制度「ジオパー …

世界ジオパークの審査、「香美がたり」パート終了しました!

まもなく日付も変わるギリギリでの更新です。本日、山陰海岸ジオパークの世界審査、N …

小規模宿泊施設で集客できるブログを書く方法1~誰が誰に何を書くか

何軒かの小規模宿泊施設のアドバイザーをさせていただいている中で「ブログの書き方を …