地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

アイデアは出す時間と選ぶ時間を分けて考える 〜福島正伸先生のセミナーより

   

福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」セミナーシリーズ! セミナー中に伺ったお話を振り返り、私のブログを読んで頂く皆様と共有したいと思います。今日は私もめっちゃ腑に落ちた「アイデアは出す時間と選ぶ時間を分けて考えよう」というお話です。

まずは、福島先生のセミナーでのお話から。

******

創造性の二段階とは

新しいアイデアや発想を常に生み出すときには、『創造性の二段階』があって、新しいものを発想するとき、一時的創造と二次的創造と二つに分けて考えます。

思いつきは批判厳禁!

一時的創造とは『思い付き』である。どれだけ思い付きを言うかです。この時に注意してほしいのが、それを絶対に批判してはいけない。何故かというと、思い付きは批判に勝てないんです。思い付きは根拠がなく、批判は論理的なのです。根拠のないものは論理的なものに負けるんです。ということは、思い付きからしか新しいものは生まれないので、思い付きを出すときは批判厳禁にしなきゃいけないんです。

もしかして、アイデアキラーになってませんか?

「アイデアはないか?」「こんなのどうでしょう?」「お前そんなこと、うちの会社でできるわけがないだろう! 予算がどこにあるんだ!」という、否定・批判する人たちをアイデアキラーといいます。アイデアキラーというのは、何と1人いるだけで、その集団は 創造性を失うんです。1人いるだけで、ですよ。「こんなのどうでしょう?」と言うと「面白いね!」「こんなこともできるね」「あんなこともできるね」ってアイデアにアイデアを重ねていくんです。その時には、批判めいた表情をしてもいけないんです。そういう人が1人いるだけで、その集団は創造性を失うんです。全員が批判されないように『正解探し』を始めるんです。しかし正解は見つからないので、静かな会議になるのです。よく社長さんがやっちゃうんです。「そんなの無理だよ!」と言ってしまうことがある。それをやると、その会社から新しいものが生まれなくなるのです。

Startup Stock Photos

(Startup Stock Photos)

アイデアは出す時間と選ぶ時間を分けよう

新しいものを生むときに重要なのは、時間を分けるということです。思い付きを出す時間、選ぶ・批判・評価する時間を。「今はアイデアを出す時間だよ〜!」「今は選ぶ時間だよ〜!」これを必ず分けてやってほしい。「今はアイデアを出す時間ね」みんな好き勝手言う。そして「じゃぁ、選ぼう!」と時間を分けて下さい。同時にやってはならない。

新しいことをやるときに、同時に何が正しいかを議論するというのは、結果的に新しいことが出なくなるので無意味なんです。分かっていない人ほど「何か新しいアイデアはないか?」「うーん・・・」となってしまう。批判する人がいるから。同時にやってはならない。

新しいことを議論するときには、アイデアを出す時間、選ぶ時間を分けてください。これを創造活動といいます。これが分かっているかどうかだけなんです。

*******

「アイデアキラーって私の周りにいます、います!」って、今日のブログを読んで手を挙げている人は多いかな?私が会議の進行をするときには、今は意見を出す時間で、出した意見を否定するのはダメですよーあとでねーって言ってます。特に自治体がらみや参加者平均年齢65才Over会議で起こりがちですが、前例でやってないことはすべてダメー!という「オラが価値観」を押しつけて批判から入る方が、田舎のほうが存在確率が高いような気がしています。

意見を出す時間、議論する時間を同時にするから、会議が堂々巡りになるんですよね。それを阻止して、会議をスムーズに、かつ有益な時間とするために、時間は分けましょう! 特に、自治体や三セクの天下り族の方は、会議の運営や進行についてしっかりと学んで下さい。(何度「私が進行しましょうか?」と言いたくなったことでしょう!) ついでに言うと、資料を全部読み上げる「読経会議」はダメよ、だめだめ!

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - セミナー聴講記, 究極のコンサルタント

コメントを残す

  関連記事

カニさんマークの瓦とは?!☆石州瓦のお話を聞いてきました

昨日は竹野の北前館で、石州瓦(せきしゅうがわら)の講演を伺ってきました。 とって …

ソトコト編集長が豊岡にやってきた!☆私が感じた『サシデカズマサトークライブ』(2/3)

昨日のブログの続きです。ソーシャル&エコ・マガジン「ソトコト」の指出(さしで)編 …

近畿の食と農インバウンド推進協議会の会合に参加してきました!

今月8日(水)、京都市内で開催された、「近畿の食と農インバウンド推進協議会」に参 …

経営者が人を育てるということ 〜福島正伸先生のセミナーから

先日から受講を始めた、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」でのお話の中 …

生きがいのある人生とは? 〜福島正伸先生のセミナーから

先日から福島正伸先生のセミナー(究極のコンサルタント養成講座)で伺ったお話につい …

これからは観光商品もマーケットインの時代。プロダクトアウトにさようなら〜!

昨日までDMOの話を引っ張ってきたんですが、Facebookのコメント数が一気に …

成功者には共通点があった!セミナー受講で成果を出す人が行っていたこととは?

先日から受講を始めた、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」でのお話の中 …

送電線に火山灰が2ミリ積もるだけで停電?!〜東大地震研究所中田教授の講演から

先週、日本ジオパーク委員会副会長で東京大学地震研究所教授の中田節也先生がサイエン …

楽天でナッツを10億円売り上げる小島社長の「こだわり」とは? 〜福島正伸先生のセミナーから

福島正伸先生のセミナーシリーズ第三弾! セミナー中に伺ったお話を振り返り、私のブ …

「鉄道を廃止じゃなくて、道路も鉄道もある地域を守ろう!」〜藻谷浩介氏の講演から【てしかが観光塾2017備忘録】

「赤字ローカル鉄道って廃止したほうがいいよね?」ってよく聞きますが 殆どが赤字路 …