地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

キレがち、イライラしがちな方へ! 3/23 アンガーマネジメントセミナーを受講して【備忘録】

   

昨日、豊岡市商工会議所主催の「アンガーマネジメントセミナー」を聴講してきましたので、備忘録としてブログにまとめます。

マインドマップでメモっていたら、こんな感じに。

細かく書いているように見えて、ポイントは至ってシンプルでした。

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

アンガー・マネジメントって何?

怒りの感情と上手に付き合うことで、決して「怒らない」ということでない。これがマスターできると、怒り狂ったことを後悔しなくなるだけでなく、他人も自分も傷つけることも無いし、モノに当たって破壊することもなくなります。

気を付けるべき悪い怒りの4つの種類と対処法は

  1. 頻度が多い怒り
    しょっちゅうイライラする。
    →→ 気分転換のメニューを増やす。ネガティブな感情を溜めない。
  2. 強度が強い怒り
    一度怒ると止まらなくなり、怒りきらないと気が済まない。
    →→ 怒りの強さを言葉や数字で表現する。どんなことに自分が怒るのかを客観的に観察するクセを付ける。
  3. 持続する怒り
    根に持つ。それが過ぎると憎悪になる。怒りが成長していく前に手を打つ。
    →→ 後から沸々とするので、余計なことを考えない。今、見えている景色、事象などを意識して歩き、怒ることから意識を削ぐ。
  4. 攻撃する怒り
    モノに当たったり、誰かを責めちゃう。
    →→ 上記の全てにも言えますが、怒りに対する耐性をつけること。自分の価値観を押しつけない。

アンガーマネジメントをするには?

トレーニングで簡単! 3つの方法を使いこなせばいい!

1)6秒をやり過ごす

カーッとなったときに絶対やっちゃいけないことは「売り言葉に買い言葉」。脳味噌の中で怒ると、身体の筋肉を活発にさせるアドレナリンが分泌され、怒りが瞬時にエスカレートする。この分泌が6秒なのだとか。

なので、カーッとなったら、6秒間をやり過ごすこと。

(よく、深呼吸するとかいいますが、わたしだったらしゃっくりを止めるのに、よく6秒間、息を止めるのでそれにしようかな?)

2)他人の価値観を許容しよう

怒りの正体はまさに、価値観の違い。

「べき」  が怒りの元。

○○すべき、と自己の価値観を相手・事象に強要し、現実とのギャップが怒りを生んでしまう原因に。人は人、自分は自分です。

また、心の中のネガティブな感情が蓄積して感情があふれ、怒りの感情に変化するので、、心を広く懐深くしていく努力をしましょう。

3)怒りの原因を振り分ける

もし、怒ることがあったとしたら、それが自分で変えられる事なのか、変えられない事なのかを区別すること。

もし、自分で変えられないものだとしたら、重大事案であれば、現実を受け入れて今できることを探します。もし、重要でないのであれば、それに怒ったってどうしようも無いので、放置する努力をするうちに、怒りも収まります。

もし、自分で変えられることであれば、状況がいつまでに、どの程度変わったら、自分の気が済むのかを決めて、それを実現するためにどう行動するのかを決めましょう。重大事案であればすぐに努力すればいいし、急がなければ余力のあるときにやればいい。

怒っても仕方ないことには怒らない。その区別を付けることが、後々、自分の怒りの度合いを下げ、許容幅を広げることにつながります。

怒りの連鎖を断ち切ろう

怒りの感情は伝線し、一人カリカリしている人がいると、全体がカリカリしてしまいます。

怒りというのは川の流れと同じで、感情の高いところから低いところ、立場の強いところから弱いところへ連鎖します。

また、相手をコントロールできるという思い込みから、身近な対象に強く当たってしまう傾向があり、大事な家族にぶつけ、DVなどへ発展します。子供がいる家庭なら、父親が仕事の何かで怒って子供に当たると、その子供は学校で弱い子に当たっていじめを引き起こします。

アンガーマネジメントはそれぞれの怒りに対しての対処法だけでなく、自分の怒りの感情への体質改善(怒りにくい体質にしていく)ことが大事です。

受講した感想

こちらへ嫁いでから、すぐにキレることが増えていたのは、環境の変化と年のせいかな、とおもっていました。3年前に夫婦ともども受講した福島正伸先生の人材育成塾(究極のコンサルタント養成講座)で、上記の怒りの原因を振り分けるのトレーニングとして、他人に依存しないで、自分の出番として動く「自立型人材育成法」について学び、日々実践してきました。

激しく怒ることの多くは他人に依存することが多かったため、数は減っていましたが、ちょっとキレる「チッ!」はまだまだ多いと思っていたので、私は今回の「6秒をやりすごす」がいいヒントになりました。

また、怒りは連鎖していくことも改めて学び、どこかで断ち切るのなら、ワタシ自身が断ち切らないといけないと感じました。

これはとてもいい講座だったので、文字化して備忘録とするだけでなく、主人や私のお友達に共有したいと思い、ブログで紹介した次第です。

講習をして頂いたオフィスフロレゾンの小泉さゆり先生、ワークも入れながら楽しい2時間半の講習をありがとうございました!

 

【セミナー開催のご案内】

自分の特性、強みがハッキリ分かる。
新年度から飛躍したい方必見!
ストレングスファインダー・ワークショップ
くわしくはコチラ!

 

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★SNSもお楽しみ下さい★

【今井ひろこ】

Facebook
https://www.facebook.com/hiroko.imai.matsumoto

Twitter
https://twitter.com/Imai_Hiroko

Instagram 
https://www.instagram.com/imaihiroko/

【コムサポートオフィス】

【Facebookページ】セミナー案内等
https://www.facebook.com/コムサポートオフィス-298717267148682/

【Instagram】仕事風景、支援先でのひとコマなど
https://www.instagram.com/com_support_office/

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - その他

コメントを残す

  関連記事

但馬地方に残る奇祭のひとつ、わら人形を燃やす「ばば焼き」とは?!

昨日、但馬地方に残る奇祭のひとつ「ばば焼き」を見てきましたので、その報告です。 …

大阪以西で新幹線に乗るなら「さくら」「みずほ」指定席窓側がオススメ!

遅い時間のブログUPになりました。今日は日中、有馬温泉に出張しておりました。今日 …

Google マイビジネスセミナー 大盛況でした! ー5/9、10コムサポセミナー開催報告ー

先日5/9、10に開催したGoogleマイビジネスセミナーですが、お陰様で大入満 …

豊岡市地域プロデューサー活動報告会聴講記〜あくまで私が感じたこと〜

今日は豊岡市の地域プロデューサーの活動報告会を途中から聴講してきました。 今日の …

名物オムライスに蔦屋書店、御金神社で福さいふと京都満喫!

先日、京都市内を半日観光し、懐かしかったり楽しかったりしたので、 ちょっとだけ報 …

被災していない私が取りたい行動☆熊本産を食べて被災地応援!

兵庫県北部の小さな宿と小売店の集客アドバイザー・今井ひろこ@コムサポートオフィス …

3/11(日)「いいね♪を100コ増やしたい事業者限定・Instagram活用講座」を開催!

3/11(日)、Instagram講座を初めて週末に開催しました。その中での気づ …

ADSLからNTT光通信へ。Macだから悩んだ!猫でも分かる乗り換え法

あれは2ヶ月前のこと。NTT西日本から携帯に電話がかかってくるのですが、知らない …

観光ガイドを有償化すべき3つの理由(1/3) ガイドはボランティアでするもの?

表題の講演を昨年から今年にかけて、偶然にも3回ご依頼頂きました。講演スライドの修 …

白山手取川ジオパークで水の旅(3/3)荒忠さんのフグのへしこ

今回、フグのへしこを作って100年以上の荒忠さんの工場を見学させて頂きました。小 …