地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

9/1 ビジネスTwitter活用講座@ヘルメター氏 開催報告 

   

昨夜、コムサポ販促塾でTwitterの活用講座を開催しましたので、今日はその報告です。

こんばんは。兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。

当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

ゲスト講師はサラリーマン(中間管理職)のヘルメターさん!

今回のセミナーはゲスト講師にお願いしました。わずか1年半でTwitterのフォロワーが3000人以上になったという、広島県の印刷会社の営業マン@ヘルメターさんです。

エクスマつながりで主人が注目していた方で、夫婦ともどもTwitterでフォローしています。

今年のGWにひょっこり主人の宿に遊びに来られてから、「そうだ、秋のSNS講座は、Twitterにしてヘルメターさんに来て頂こう!」ということに。

だって、サラリーマンがフォロワー3000人って、よほど効率よくつぶやかないと達成出来ない数字ですから。

(来られたときの主人のFBタイムラインから)

Twitter、私は苦手だったんです。

えーーーーっ、でしょ?

以前、役場で勤めていた頃につぶやいたことで何度も小部屋や外へ呼び出され。

「政治的なこと、信条的なことは書かないように!」

Twitterも一時離れましたが、同時に役場からも心が離れ、辞める後押しにも。

でも再開したのは昨年松山で聞いた@短パン社長の単独セミナーがきっかけ。

そこから少しずつ始めていき、私のクライアントに役立つ内容を考えて投稿するようになりました。

じわりじわり・・・とフォロワーが増え、やっと7月頃に1000人超えました!

その頃には一つつぶやいても、誰か1人でも「いいね!」やコメントで反応して下さいます。

ただ、もっと楽しく「いいね!」や自分の波長に合う人を見つける方法があるはずだ・・・!

そのタイミングで今回のTwitter講座でした。

フォロワーや「いいね!」を増やすには、コミュニティーを形成すべし!

ヘルメターさんの講演は、まさに「ビジネス」=「数字で結果を出す!」

定量的に表すことは田舎の事業者には苦手なことかもしれません。

Twitterをビジネス=自分の事業に反映させたい、と考えるなら、

最終的には、Twitterでお知らせを流しただけで、注文が入ること。来店されること。

そこに目標と期間を設定すると、自ずと、書く内容や「いいね!」をする回数、フォローしたい人が見えてくる。

そして大事なことは、自分がつぶやくよりも、

フォローしている人に「いいね!」やコメントをすること。

そうして、自分のことを応援してくださる人で、自分のTwitterワールドの中にコミュニティーを作ること。

それが「リスト」だったりします。

自分がつぶやくのでは無く、フォローして下さる人、お客様につぶやいてもらう。

これがクチコミだから。これほど最強の”SNSお知らせツール”はありません。

全くリアルで会ったことの無い人と「いいね!」やフォローという手段を使って、コミュニケーションをとらなければいけないので、SNS力を鍛えられますね。

そうして、仲良くなった人とリアルに会いに行くことで、余計に波長が合ってくる。

リアルとデジタルの融合。SNSコミュニケーションの醍醐味です。

そのために・・・

講座では実際に、ヘルメターさんがTwitter画面を動かしながら、ご自身があみ出したテクニックを余すこと無く教えて下さいました。

1年半で、ヘルメターさんのファンといえる3000人ものフォロワーを獲得した方法です。(決してお金で買ってるとかありません。)

私もSNS講座を自身で開催していますが、「ここまでお伝えして大丈夫?!」という内容まで踏み込んで居られたのが印象的でした。

 

終了後のアンケートは大好評!

ヘルメターさんがここまで伝えて下さったのだから、その期待に応えなきゃ。

そう思った受講者は多かったと思います。

感想も刺激的な言葉が多かったです。

Twitterを始めたきっかけ、実践、軌道修正、実績作りに至る過程がとても分かりやすく、これからの活用法にとても有益でした。私も以前、営業マンであったため、とても共感できた。早速、フォロー、いいね、距離感を見ながらのコメント、ヘルメター氏流のプロセスを実践してみたい。 

割り切った内容が非常によかった。”死ぬ気”が・・・印象的。

そう、設定した目標に向かってやり抜くこと。

だって、ビジネス=数字で結果を出す=生活がかかっている、だから。

世の中の人を幸せにするために、参加者はそれぞれの立場に合った今の仕事をなさってるんだもん。

自分が生活できなければ、仕事もできないし、しいては、世の中の人、自分の周りの人を幸せにできません♪

さ、このブログを読んだ皆さんは是非、Twitterの使い方を見直してくださいね。

どう見直したら良いか分からない方は、ヘルメターさんが全国各地でTwitterセミナーをされていますので、Twitterでチェックしてください。

(来月は大阪で開催するそうです)

 

補足:昨夜の懇親会

昨夜のセミナーは、初めてFLAP TOYOOKAを貸切で行い、懇親会も同じ会場でさせて頂きました。

オードブルはコムサポ販促塾にお越し頂いた、会場から車で5分の洋食屋さんプディ・パさんにお願いして作って頂きました。

これがまた美味しいのなんの! フルーツモリモリ!手作り感満載です。

お箸占いも盛り上がりました〜! ありがとうございました!

(コムサポ販促塾でのオードブル)

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★SNSもお楽しみ下さい★

【今井ひろこ】

Facebook
https://www.facebook.com/hiroko.imai.matsumoto

Twitter
https://twitter.com/Imai_Hiroko

Instagram
https://www.instagram.com/imaihiroko/

【コムサポートオフィス】

【Facebookページ】セミナー案内等
https://www.facebook.com/コムサポートオフィス-298717267148682/

【Instagram】仕事風景、支援先でのひとコマなど
https://www.instagram.com/com_support_office/

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, コムサポセミナー, 講演・セミナー活動

コメントを残す

  関連記事

お客様の心に留まる販促物を目指して私が心がけていること

今年から事業として始めた「販促物のディレクション」のお仕事。クライアント様の商品 …

誇張した自社サイトが原因でクチコミ点数が低い宿の対応策3つ

昨日のブログで、自社サイトを盛りすぎて高級旅館と見せてしまっているために、実際と …

「平日限定」と「平日特典」、言葉の使い方には要注意!

先日、あるクライアント様から「繁忙期にもかかわらず土曜日に空室があるんです。どう …

今すぐ宿泊予約を増やすためにオフシーズンにしたい3つのこと

桜も終わり、新緑がまぶしい季節になりましたね。山陰では冬が観光のオンシーズンのた …

ジオパークは「温故地新」~神戸新聞掲載「見る聞く」から<3/終>

県内各地では10年前に平成の大合併が行われ、自治体が再編されましたが、合併後の市 …

「週末も予約が埋まらへんだがな!」夏休みの予約をどう獲得していく? 〜今夏の宿の集客対策〜

先日、海底清掃の話を載せましたが、昨夜、その模様が10秒ほどサンテレビで放送され …

明日のセミナーの主役は「サブちゃんの法則」←三河屋さんだよ!

昨日久しぶりに晴れたと思ったら、また雨が降って、時雨模様の但馬地方です。洗濯物が …

楽天トラベル朝ごはんフェスティバル(R)地区大会で、審査員特別賞に!

私の主人の宿「美味し宿かどや」が楽天トラベル朝ごはんフェスティバル(R)近畿ブロ …

若い人たちの就業支援で、シカやイノシシから地域を守ろう

「ふるさと環境交流会in但馬」でのパネルディスカッションでは、会場からも深い意見 …

Facebookページとブログの違い

おとつい書いたFacebookについての反響がとてもあり、昨日は何とブログを始め …