地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

蟹クレープってどんな味?!〜かすみ松葉がにまつり・香美町商工会青年部ブースにて

   

ここ数日、温かい日が続いていますね。気象庁の3ヶ月予報、当地での「11月、日本海側は平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう」という予報は今のところ当たっています。このままいくと、12月は雪が多く寒くなる予報。身体を寒さに慣らさなくては!

あと1ヶ月も経つと、こんな景色が当たり前の冬になります。

img_6447雪

こんにちは。兵庫県北部・豊岡市で宿専門で集客のアドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

蟹クレープって。。。何だ?!

一昨日、私の住む町・香美町香住漁港で松葉ガニのイベント「かすみ松葉がにまつり」が開催されました。もう30回以上も開催されている、松葉ガニ関係のイベントでいえば、日本海側では恐らく老舗クラスでしょう。

img_1625かに場まつり

 

私の今回のお目当ては、Facebookに載っていた、コチラのブース。

商品の中で、見たことの無いこの写真に目が釘付けに。

カニクレープ

他の天ぷらやグラタン、ご飯ものはおよそ想像つきますが、これだけはどんなものなのか想像がつかなかったので、9時到着を目標に会場へ向かいました!

会場はすでに大変な人だかりで、駐車場も9時前に満杯!イートインコーナーもスゴい人でテーブルが空いていません。

img_1669カニ場まつり

そんな凄い人混みの中で頑張ってたのが香美町商工会青年部の皆様でした。早速、クレープコーナーへ。

img_1655カニクレープ

おおお!ホンマにクレープです。甘いのかな???

こちらは展示用で、注文してから作って下さいました。

img_1660蟹クレープ

レタスの上にキュウリ、ベニズワイガニ(当地では「香住ガニ」とブランド化してます)の足を2本とほぐし身を付けて、

マヨネーズをかけて・・・その後、何とベニズワイガニの蟹みそペーストを乗せて、

img_1663蟹クレープ

クレープ生地を整えたら・・・完成です!

img_1666蟹クレープ

蟹みそペーストがしっかりと見えてます!

img_1678蟹クレープ

実際に食べてみると、意外に美味しいっ!蟹みそペーストが口の中で蟹の香りを引き立てます。蟹のプリップリとクレープ生地のモチモチ、レタスのシャキシャキがホンマに美味しかったです。意外と量が多くて、これだけで少食女子ならお腹がいっぱいになるかも。テイクアウトもできるし良いですね。この商品、店頭販売するのであれば、但馬は兵庫県の野菜処なので、野菜量を多めにしたら女性にウケると思います。やっぱり、香住のベニズワイガニは美味しい! 

この商品、青年部の方によると、試行錯誤の連続だったそうです。地元特産のものをいかにいろんな食べ方、魅せ方をするか、毎年のイベントの度に真剣に考えて販売までして下さる青年部の皆さんに毎年拍手なのですが、この蟹クレープは掘り出し物でした。次のイベントでも是非お願いします♪

ベニズワイガニはジオパークの恵み!

近畿地方では唯一、香住港で水揚げされるベニズワイガニは「香住ガニ」と(名称には賛否両論ありますが)ブランド化されています。香住沖の水深約1000mのところで9月1日〜翌年5月31日まで獲られ、活きたまま港まで持って帰ってきます。主な用途は茹でガニ、蟹缶や蟹の加工品ですが、新鮮で臭みの無い上質なベニズワイガニはタグを付けられ、活きたまま旅館や民宿へ配達され、宿泊客に振る舞われます。

香住ガニ(紅ズワイガニ)

目の前の海に日帰りできる範囲で水深1000m級の漁場があることが香住の財産。この漁場となっている日本海は地球の中で最も新しい海。2000万年前、地殻変動により、アジア大陸の端がベリっとちぎれて急速に広がっていったからこそ、複雑な海底地形ができたんです。例えて言うと、指の切り傷が広がってくると、傷口が深くなる感じかな?(「イッターッ!」と地球が言ってたかも!)

1203_gaisetu日本海の成り立ち

日本海のなりたち
(山陰海岸ジオパークWebサイトより)

「日本海の深い場所に松葉ガニとは違う種類の蟹がいる!」ということは大正時代から昭和時代初期にかけて漁師は知っていたようですが、すぐにアクがまわり痛んでしまうベニズワイガニは敬遠されていました。獲ってきても畑の肥やしに?! しかし、明治2年から獲られ始め、乱獲のあまり漁獲が減った松葉ガニに変わって、富山県で始まっていたベニズワイガニ漁を香住でもスタートさせたのが昭和43年、私の産まれた年です。その挑戦、英断だと思います!長年、鮮度保持との戦いだったそうですが、今では技術が確立し、本当に美味しいベニズワイガニが港でも旅館、民宿でも食べることができるようになりました。

gottuo 香住ガニ

私の主人の宿で出している香住ガニ料理)

山陰の宿の多くは、今の時期は松葉ガニを出すところが殆ど。松葉ガニとの食べ比べプランがある宿、或いは、4月〜5月、9月〜10月ならベニズワイガニ(香住ガニ、紅ガニ)を提供しています。食べたことの無い方、ぜひお召し上がりになって下さいね!

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

 

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - その他, ジオパークの恵み

コメントを残す

  関連記事

大阪以西で新幹線に乗るなら「さくら」「みずほ」指定席窓側がオススメ!

遅い時間のブログUPになりました。今日は日中、有馬温泉に出張しておりました。今日 …

ジオパークで観光客を集客できない理由は「ウンチクにこだわり過ぎ」(2/2ページ)

ウンチクはうっとおしいんですよね、大多数のお客様にとって。写真を見て、キャッチコ …

Facebook広告は集客ではなくリサーチ(データ収集)に使おう

今日は香美町の中山間地域・小代(おじろ)で畜産農家さんや但馬牛の史跡を巡るツアー …

ジオガイドは読んで欲しい「2038年 南海トラフの巨大地震」(尾池和夫 著)

先日の土佐清水ジオパーク構想での講演会を前に、是非読んでおきたいと思ったのが「2 …

この時期に芋掘り?!してきました♪

梅雨まっただ中。今週も自然学校(臨海学校)があって、 活動リーダーをするのですが …

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(1)

先日から、宿泊施設への販促アドバイザーのお仕事で京丹後市に通っています。同じ日本 …

お客様が2回目も訪れて下さるよう、店は真剣に考えよう!〜とよおかまちバルから〜

今夜はコムサポ販促塾最終講です。『エクスマの基本と販促を教えます! 〜飲食店及び …

田舎で商売を成功させるコツは「他がやっていないことをやってみる」

一昨日、昨日と、城崎オンパク「松葉ガニと香住ガニの食べ比べツアー」の様子をお話し …

WEBサイト・ディレクションの実例~ターゲットはここまで絞る

昨日のWEBサイトディレクションなる言葉、聞きなれない言葉かもしれません。実際、 …

海鮮丼と越前瓦、海岸線ドライブを楽しんだ越前町出張〜♪

昨夜は京都で人材育成の福島正伸先生のセミナーを夫婦で受講。最終回だったのですが、 …