地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ミラサポの使い方・コンサルティングが無料で受けられるの?!

      2014/06/19

経済産業省がすすめる中小企業支援のひとつ「ミラサポ」の使い方をご存じない方のために、使い方のお話をします。ミラサポは、「中小企業が経営する上でぶちあたる課題」に対して、国(中小企業庁)が、中小企業の経営支援や技術支援、専門家派遣など支援する制度で、平成25年の秋からスタートしています。

ミラサポ

私はプレゼンテーションやPOP、お客様向けセミナー開催などの専門家として登録されています。もちろん、ジオパークを活用した地域活性化や商品開発、宿泊プラン構築などのアドバイスもできますので、ミラサポ唯一の「ジオパーク専門家」でもあります。(ミラサポ専門家派遣のページで「今井ひろこ」を検索してください)

専門家登録画面今井ひろこ

簡単に言うと、売上を上げるためのコンサルティングを無料で受けることができる制度です。

ミラサポのメリットは費用ゼロで専門家の派遣が要請できること。

財務状況の見方を教えて下さったり、助成金申請書や特許関係の書類の書き方を教えてくださっりする先生はもちろんこと、POPの先生やプレゼンの先生、文章を書く先生、会議の進め方を教える先生などなど、いろんな先生が登録されているのですが、その先生に来て頂いて指導して頂くのが「無料」つまり「ゼロ円」なんです。通常1回指導して頂くと交通費と謝金で10万円ほどかかる先生方の指導や、会社で行って頂く講演料5万ー8万円が無料で呼べるのです。利用は一日最高6時間まで、年間3回まで可能です

講師側はボランティアでなく、経産省から規定された指導料や交通費、宿泊費も出ます。ただし、この金額は講師側にとっては安いので、すでに名が通って人気のある講師は積極的に引き受けません(断るケースも出てくる)。どちらかというと私のように起業したての若い士業が講師で行くと思ってください。

この制度を利用できるのは、中小企業と個人事業主のみで、大企業、自治体、NPO法人、老人会や子供会、個人は利用できません。(中小企業の規定はこちら「中小企業の定義とは」をご覧ください。) 専門家と依頼主のサポート役として、「地域プラットフォーム」となっている地元商工会や商工会議所のスタッフが間に入りますが、商工会や商工会議所に入っていない中小企業と個人事業主も、国の制度のため利用可能です。

迷ったら専門家に相談を!

中小企業、個人事業主の方が事業に行き詰まった時、一人で悶々と悩んでいてもうまく行きません。「専門家にコンサルタントしてもらうなんてそんなことできない!」って思っていませんでしたか。自分の会社、お店の良さって自分ではわかりにくいものです。客観的にみてもらうことで、何をどのようにアピールすればよいか。どんな会社、お店にもちょっと視点を変えるだけ、見せ方、表現方法を変えるだけで今まで以上に売れるモノ、コトがあるものです。

もし、ミラサポ制度を使って専門家に相談したいということであれば、

1)ミラサポHPにまず個人と会社のメンバー登録をします。

登録の仕方はこちらのHPがとてもわかりやすいです→ミラサポの登録方法

2)専門家をミラサポHPで検索し、専門家を探します。

ミラサポHPの専門家HPをクリックして、条件を入れて検索してください。

3)地域プラットフォームの検索

専門家と面識があり連絡が取れる人は、専門家から自社を担当する地域プラットフォームを紹介してもらいます。もし、そういう専門家ではない場合、自社を担当してくれる地域プラットフォームをミラサポHPの「地域プラットフォーム検索」で探します。(兵庫県の場合は、多くは商工会議所か商工会です。)

4)地域プラットフォームに、依頼したい専門家の名前と「ミラサポで専門家派遣をお願いします」という旨の連絡をします。地域プラットフォームのミラサポ担当者が専門家に連絡を取り、日程調整を行います。なお、ミラサポへの事務手続きは担当者が行います。( 実は、専門家派遣が初めての企業や、指名した専門家に頼むのが初めての場合、ミラサポHP・専門家検索ページでの「専門家依頼依頼申請」ポチッはできません。そのため、地域プラットフォームに取次ぎをお願いすることになります。)

5)支援当日、地域プラットフォームのミラサポ担当さん立ち合いで専門家の講習やアドバイスを受けます。

という順になります。

私はこの制度で2回専門家として支援をさせて頂きました。国の制度はいつ廃止になるやもしれません。いまのアベノミクスの勢いのあるうちに、ミラサポで自社のテコ入れをぜひ図ってください。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ご挨拶・お知らせ, ミラサポ

コメントを残す

  関連記事

新聞の「時の人」に掲載されました!~ジオパークを通じた地域支援の起業をした今井裕子(いまい・ひろこ)さん

今週22日から全国各地の地方紙に私の起業の記事を掲載して頂いています。ありがとう …

【お知らせ】豊岡商工会議所の専門相談員として登録! 無料経営相談を受付中♪

ソメイヨシノは散りかけていますが、八重桜が満開しているのが嬉しいドライブ日和。だ …

北近畿経済新聞に掲載して頂きました

京都府北部、兵庫県北部を網羅する「北近畿経済新聞」の2015年1月11日号に、コ …

ジオパークを活用して宿のコンサルティング!

今日はコンサルティング業をスタートしてから、初の「ジオパークを活用した」宿のプラ …

アクセスの多かった記事ベスト3~やっぱりジオパークと地域活性関連

昨日までの2か月ちょっとの記事で、アクセスの多かった記事ベスト3を発表します! …

2017年の日本ジオパーク再審査結果を見て、私なりに想うこと。 

まずは今朝の日本海新聞。(但馬欄です) 年末企画でジオパークのイエローカードにつ …

3/5(日)神社ガールズ研究会(通称”社ガール”)のジオガイド研修会に講師として参加!〜国引きジオパーク構想〜

3/5(日)に、島根県松江市で活動する神社ガールズ研究会(通称「社ガール」)から …

兵庫県立但馬技術大学校の非常勤講師に4月から就任! 〜科目は観光概論とプレゼン〜

この4月から新設される、兵庫県立但馬技術大学校・総合ビジネス学科の非常勤講師を4 …

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」隠岐世界ジオパーク

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」今月は隠岐世界ジオパークで …

9/27鳥取県商工会女性部連合会でニューズレターとSNSのセミナーを開催!

昨日は急激な暑さで、夏が戻ってきた!残暑厳しいなぁ〜と思ったのに、今日はまた雨。 …